遺産分けに関する記事一覧


遺産分け

遺言書がなければ相続人全員で誰が何を受け取るのかについて協議をし、合意をする必要があります。この話し合いを遺産分割協議といいます。話し合いがまとまりにくい理由やスムーズな遺産分割をする上で重要になる3つのポイントを解説します。

遺産分け

ひとくちに遺産といってもさまざまなものがあります。現金や預貯金、不動産はもちろん、株式などの有価証券・・・忘れてはいけないのが借金等のマイナスの遺産です。亡くなって時間がたってから多額の借金が発覚することもあるため、見落としがないようにしっかり調査をする必要があります。

遺産分け

遺産分割というと、不動産は誰がもらうとか、預貯金は誰がもらうとか、どうしてもプラスの財産をどう分けるのかということに目がいきますが、忘れちゃいけないのがマイナスの財産。最近は不動産といってもマイナスの財産になりえるし、誰も相続したくない、いわば“負の遺産”と言わざるを得ないケースがあります。

遺産分け

登記の専門家である司法書士が関与することで、必要な戸籍は見落としなく整い、名義変更に欠かせない遺産分割協議書などの専門的な書類は誤りなく確実に作成することができます。遺産分け手続きの流れと当事務所でお手伝いできる内容をご紹介します。相続登記の費用・お申込みはこちらから。

遺産分け

遺産分け手続きをイメージしやすいように事例を元に解説します。亡くなった方が遺言を残していなかった2つの事例を用意しました。よくある一般的なケースと手続きが困難になりそうな少し込み入ったケースの2つです。よくある質問を通して理解が深まるようにQ&A形式でまとめました。