サービス案内

終活はどれも同じじゃないの?遺言、成年後見、家族信託・・・いろいろあってややこしい

終活はどれも同じじゃないの?

遺言、成年後見、家族信託・・・いろいろあってわかりにくいですよね。

終活をシンプルにわかりやすく言うと、判断能力の低下後の財産管理・身上監護、亡くなった後の財産承継に備えることです

あまり馴染みのない身上監護という言葉が出てきましたが、どんな意味かわかりますか?

身上監護に関する後見人の仕事は,ご本人の住居の確保及び生活環境の整備,介護契約,施設等の入退所の契約,治療や入院等の手続などがありますが,食事の世話や実際の介護などは含まれていません。

出典:成年後見Q&A 旭川家庭裁判所

ここで、遺言、成年後見、家族信託について、目的やカバーできる範囲をざっくり整理してみます。

☑遺言は亡くなった後の財産承継に備える終活です

☑成年後見は財産管理と身上監護に備える終活ですが、亡くなった時に終了します

☑家族信託は亡くなるまでの財産管理、死亡後の財産承継に備える終活ですが、身上監護はカバーできません

終活はどれも同じように思ってしまいがちですがカバーできる範囲が異なります。

自分に必要な終活を知ること。終活のスタートはここからです!

ご相談・お問合せ

司法書士・行政書士 伊藤 薫

まずはお気軽にご連絡ください。