書くだけで安心あなたと家族のためのエンディングノートのレビュー

エンディングノートの選び方

「書くだけで安心 あなたと家族のためのエンディングノート」は、ボリューム(166ページ)があることもそうですが、その構成に他のエンディングノートと一線を画する特徴があります。

全体は3つの章で構成されています。

  • プロローグ
  • エンディングノート(記入欄)
  • 本編

本編は次の5つの章で構成されています。

  • 第1章 さあ、エンディングノートをつくろう!
  • 第2章 実際にエンディングノートを書いてみよう
  • 第3章 エンディングノートをもとに遺言書をつくるには
  • 第4章 遺言書をつくる際のポイント
  • 第5章 財産管理などその他の書類の作り方

一般的なエンディングノートは詳しい説明がなくても感覚的に書けるように作られていたり、書くときのポイント、注意すべき点がコラムなどの形で全体にちりばめられているものが多いのですが、本書は記入欄には一切説明がなく、記入例などは本編の第2章にまとめられている点に特徴があります。

第2章の記入欄@書くだけで安心 あなたと家族のためのエンディングノート
記入例@書くだけで安心 あなたと家族のためのエンディングノート

第3章以降はエンディングノート以外のことに話題が変わります。

エンディングノートを書けば安心なんじゃないの?という疑問が湧いてくるかもしれませんが、その点はプロローグでしっかり説明されています。

エンディングノートには法的な効力はないので、はじめにエンディングノートを書くことで頭の中を整理し、その上で死後の不安を解決するために他の手を打っておきましょうということがわかりやすく書かれています。

ひとつは遺言書を準備しておくこと、また認知症で判断能力が低下するといった老後の不安を解決するためには、任意後見契約などの契約書を準備しておく必要があるということです。

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度