どれも同じじゃないの?|エンディングノートを選ぶときに知っておきたいこと。

エンディングノートレビュー

そこそこというか、かなり売れているのに書いている人がほとんどいないエンディングノート。

書けない理由はいろいろあると思いますが、もしかするとエンディングノートの選び方を間違えている人も多いのかもしれません。

エンディングノートを書いてみようと思ったときに、押さえておきたい2つのポイントを相続専門司法書士がご紹介します。

  • ①エンディングノートのタイプを見極めよう
  • ②エンディングノートを書く目的をはっきりさせよう

エンディングノートのタイプを見極めよう

どれも同じように見えるエンディングノートですが、実は様々なタイプがあります。

もしもに備えるという役割をほとんどのエンディングノートが備えていますが、自分史作りに特化したものや人生の意味を考えるものなど特徴的なものもあります。

まずは、エンディングノートのタイプとタイプ別のエンディングノートの使い方を把握することから始めましょう。

  • どんなエンディングノートがあるのか?
  • 書くことでどんな効果が期待できるのか?

エンディングノートの3つのタイプ

一般的なのは終活という言葉で代表されるような「もしもに備える」タイプ。

他には、もしものときに想いを馳せるところから一歩進んで「生」にフォーカスする、これからの生き方を考えることに重心を置いたタイプ。

一方で、これまでの人生を振り返ることに重心を置いたタイプもあります。

  • もしもに備える
  • これからの生き方を考える
  • これまでの人生を振り返る

同じように見えても作り手の特徴がでる

残された家族のために大切な情報をまとめておきたい。

こういったニーズに応えるべく、もしもに備えるタイプは作られています。

このタイプは誰が作っても同じようなものになりがちですが、詳しく見ていくとオリジナリティや作り手の個性があるのが見てとれます。

  • 葬儀やお墓のことに手厚く
  • ライフプランとお金にフォーカス
  • 相続で家族が揉めないように etc

葬儀社、保険会社、士業など作り手の強みがエンディングノートに現れます。微差のようですが実際に書いてみるとその違いは大きく感じました。

重心はどこに?・もしもに備える
・これからの生き方を考える
・これまでの人生を振り返る
作成主体は?・葬儀社
・保険会社
・医療機関
・士業 etc

どれも同じように見えるエンディングノートですが、どこに重心をおいて作られたのか?

作り手によって特色や強みがあるということをわかった上で選ぶことで、しっくりくるものに出会える可能性が高まります。

もしもに備えるタイプ

もしもに備えるタイプは内容がある程度決まってしまうため、どれも似たり寄ったりというイメージがありますが、細かく見ていくと特徴が見えてきます。

特徴があるからこそエンディングノート選びを間違えると書けません。

これからの生き方を考えるタイプ

これまでの人生を振り返るタイプ

エンディングノートを書く目的をはっきりさせよう

もしもの時に家族に面倒をかけたくない

面倒をかけたくないから書いておこうと思って買ったエンディングノートが、自分史作りに特化したものだったら書いても意味がないし、そもそも書く気になりませんよね。

これは極端な例ですが、これに近いことは大いにあります(苦笑)

エンディングノートを書くときは、まずエンディングノートを書く・書きたい目的をはっきりさせましょう。

三段階でエンディングノートを活用しませんか?

目的にあわせてエンディングノートを有効に活用するには順番が重要です。

僕はこの順番の3ステップでエンディングノートをフル活用することを提案しています。

  • ①準備編|もしもに向き合う
  • ②活用編|もしもに備える
  • ③超活用編|生き方を変える

人気記事 【初心者向け】遺言書を書こうかどうか迷ったときに読むページ。

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術