私の人生アルバムのレビュー

エンディングノートの選び方

公益社のエンディングセミナーを受講した時にもらったエンディングノートです。サイズはA4の半分で文字も大きく、印象をひと言でいうなら非常にシンプルなエンディングノートです。

48ページ中書き込むページは約30ページありますが、どのページも書くボリュームは少なめですね。解説もシンプルでこのくらいの方がわかりやすくて親切かもしれません。

  • 第1章  私のこと
  • 第2章  介護と看病に望むこと
  • 第3章  葬儀とお墓のこと
  • 第4章  資産について
  • 第5章  葬儀のお役立ち情報 

という構成で第3章と第5章に葬儀社の専門性を感じるエンディングノートです。

最期に立ち会ってほしい人

第2章にある「私の最期に立ち会ってほしい人」という項目は、はじめて見たような気がします。

  • 配偶者
  • 子ども
  • 親族
  • 友人
  • 宗教関係者
  • その他

選択肢を見ていくと最後に「その他」という項目があります。ここには最近耳にするようになった「看取り士」などが該当するのでしょうか?

最期に立ち会う=死に目に会えるということですよね。子供の頃、祖父母から「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」と口酸っぱく言われても「別に会いたくないからいい」と反抗して好きな時に切っていました。

両親とも健在なので迷信なのか、そうじゃないのかまだ結論は出ていませんが、親代わりに僕を育ててくれた祖父母の死に目には会えませんでした。

まあ山形と大阪で離れて暮らしていたわけだし、仕方ないのかもしれません。

信じたわけじゃないけど、今では夜に爪を切ることはなくなりました。

考えてみると、ここに誰の名前が書いてあるのかは残された者にとっては大問題ですね。本音だけで書くのは考えものかもしれませんね。

葬儀とお墓のこと

「第3章 葬儀とお墓のこと」を見ていてこれは公益社ならではだなと感じました。ページ数の少ないエンディングノートだからかもしれませんが、一般的なエンディングノートにありがちな「お花は?」「音楽は?」「祭壇は?」といった事細かに葬儀の希望を書くようには作られていません。

  • 費用はある程度かかっても良い葬儀を希望する
  • 失礼がない程度に費用を抑えることを希望する

といったざっくりとした希望を伝える項目があるだけ。

意外でした

もしかすると、エンディングノートに事細かに希望を書いたところで実際にはあまり役に立たないということかもしれませんね。

本人が簡素な葬儀を希望しても喪主の社会的地位に見合うような葬儀になってしまったり、親戚が口を出してきて本人の希望とは裏腹にどんどん立派な葬儀になってしまうこともあるらしいので。

一方で、喪主をお願いしたい人の希望を第二候補まで書いておくことができるエンディングノートというのは、はじめて見たかもしれません。第二候補まで決めておかないと、すんなりと決まらいことも多いのでしょうか?

おそらく現場を知り尽くした葬祭のプロならではのエンディングノートだろうと思います。

葬儀費用の全国平均

身内の葬儀でもないかぎり実際に掛かった葬儀費用を目にすることはないので、「第5章 葬儀のお役立ち情報」にある葬儀費用等のデータは興味津々で見てしまいました。

葬儀費用の全国平均は約189万円という金額でしたが、正直なところこれが高いのか安いのか分かりません。比較するものとして適切かどうかわかりませんが、感覚的には結婚式の費用の半分というところでしょうか?(結婚式は二人分だからほぼほぼ結婚式と同じぐらい)

そう考えると参加人数毎の平均があればもっとイメージしやすそうです。家族葬ならいくらで、50人ぐらいならいくらとか。

ちなみに、俗にいう「直葬」であれば全国平均の10分の1ぐらいで済む感じでしょうか。

成年後見人として実際に経験してみると「直葬」は非常に簡略化されていることがわかったので、自分の思いだけで「直葬」を希望しても家族に納得してもらうのは難しいかもしれません。

直葬に限らず、エンディングノートに希望を書いておけばいいというものではなくて、エンディングノートを家族と話をするきっかけにするのがエンディングノートの正しい使い方のような気がします。

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度