谷ばっかりの人生でも最期に敗者復活があるらしい。

エンディングノート超活用法

後悔のないように生きたい。

よく聞くし、僕もそうありたいと思います。そもそも、人は死ぬときにどんなことを後悔するんだろう?

そんな疑問に答えてくれるのは、約千人の最期を見届けてきた医師の著書。「死ぬときに後悔すること25(大津秀一/新潮文庫)」

死ぬときに後悔すること25

紹介されている25種類の後悔することを2つにわけると、圧倒的に多かったのはやらなかった方の後悔でした。

  • やってしまって後悔すること
  • やらなかったことで後悔すること

やってしまった後悔は、いつか笑い飛ばせる日がくると思うし、必ずや人生の肥やしになると僕は思いたい派です(笑)

まさに敗者復活

「記憶に残る恋愛をしなかったこと」に、なるほどなぁということが書いてありました。

毎日楽しかった恋愛が記憶に残らず、現在進行形の頃には楽しいと思えなかった苦しい恋愛が最後の支えになるとは、実に興味深いところである。そのように考えると、最期の時間というのは、全ての人に敗者復活のようにさえ見える大逆転を可能にしてくれるものなのかもしれないと思ったりする。

死ぬときに後悔すること25

恋愛を例に書いてますが、もちろんそれだけじゃないですよね。順風満帆の人生よりも、山あり谷ありの人生の方や、むしろ谷ばかりと思えるような人生の方が死を前にしたときは大逆転を可能にしてくれるというのが面白いし、救われる思いがします。

やっぱりドラマはドラマ

「愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと」にとても興味深いことが書いてありました。

言うまでもなく、死が迫っているにもかかわらず、きちんと話ができる人はごく僅かである。ドラマのように最期の瞬間まで話ができるのは、幻想なのである。

死ぬときに後悔すること25

感動的なラストというのは現実にはほとんど期待できそうにないですね。また25項目の中に入ってはいませんが、これは確実に後悔するだろうと思いました。

親より先に死ぬこと。

自分が親になってはじめてわかりました。 週末は久しぶりに親とzoomでもしようと思います。 普段から感謝の気持ちを伝えることはもちろん、エンディングノートなどにメッセージを残しておくことも意味があると思います。

できるだけ後悔を少なくする秘訣

いつ死ぬのか?は誰にもわからないので、突然のことだから後悔してしまうという面もあるでしょう。普段からそれなりに心構えができていて毎日を後悔のないような気持ちで過ごすことが出来ていれば、もしものときがきても後悔は少ないんじゃないかと。

先のことばかり考えすぎて今を楽しめないのも後悔すると思います。

そして、後悔することはほとんどがやらなかったことのようですし、やらなかったら成功も失敗もない上に、最期の時間の大逆転もない。。。こう聞くと死ぬときに後悔したくなかったら、失敗しようがどんどんやらなくちゃだめだってことですね。

人気記事 お義母さんが遺してくれたエンディングノートと大切なもの