親と一緒に過ごせる時間を計算したことがありますか?

エンディングノート超活用法

エンディングノートを書いていて、自分のことよりも親のことを考えてしまうという方は多いのではないでしょうか。

既に亡くなられていて思い出す人も多いと思います。

ご健在でも離れて暮らしていて、年に数日しか会えなければなおさらかもしれません。

僕の両親も山形で暮らしていてお盆と年末年始くらいしか会えません。

あと何回くらい会えるかな?

両親のもしものときに思いを巡らせると、親が元気なうちにいったいあと何回くらい会えるのかな?なんてことをしみじみと考えてしまいます。

「親が死ぬまでにしたい55のこと(親孝行実行委員会/アース・スターエンターテイメント)」には、こんな計算が載っています。

親が死ぬまでにしたい55のこと
親が死ぬまでにしたい55のこと

たとえば、親と離れて暮らしている場合。
(中略)
あなたと親が一緒に過ごせる時間は1,320時間。日数にすると、わずか55日間!

親が死ぬまでにしたい55のこと

これは20年(親の残された寿命)×6日間(1年間に会う日数)×11時間(1日で一緒にいる時間) =1,320時間という仮定の元の試算です。

親が60代で盆正月にしか会わなければ概ねこんなもんなんでしょうね。6日間というのも過去10年間の自分自身を振り返ってみればよくわかります(^o^;)

当たり前ですが時間は有限です。

「そのうち、そのうち」なんて言っていると、親と一緒に旅行するチャンスも失くしてしまうかもしれません。

たとえ1泊2日の旅行だとしても6日間が8日間になるので20年の間には大きな違いになります。

家族旅行@石垣島

そういう僕もしばらく家族旅行に行けていないなぁと、この写真をみて自覚しました。

  • 時間は有限ということ
  • チャンスはいつまでもないこと etc

こういうことを意識できる・再確認できることもエンディングノートを書いたことによる効果だと思います。

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度