延命治療はして欲しくないの前に立ちはだかる3つの壁

エンディングノート超活用法

延命治療はして欲しくない

セミナーなどで聞いてみると、こう考えている人が多いです。ほとんどの方がそう思っているのかもしれません。

その一方で「延命治療はして欲しくない」とエンディングノートに書いておいただけでは叶わないのが現実のようです。その理由は平穏死(へいおんし)を叶えるためには①本人の課題②家族の課題③主治医の課題という3つの壁が立ちはだかっているからです。

終末期の医療の希望からエンディングノートを書くことの意義について考えてみました。

目次【本記事の内容】

そのエンディングノートは役に立ちますか?

エンディングノートを書いておくだけで叶わないのはなぜ?と調べていてたどり着いたのが「延命治療で苦しまず 平穏死できる人、できない人」(長尾和宏/PHP)という本です。

「平穏死するのに、エンディングノートが本当に役に立ちますか?」と長尾医師が疑問を投げかけるのは、平穏死を実現するのにエンディングノートだけでは不十分だと思われる人を何人も見てきたという経験からです。

いざ、肝心なときにエンディングノートが出てこないことが多いから・・・

仮に出てきても、家族がそれを理解・納得していなければ、尊重されるとは限りません

そもそもエンディングノート自体が日本では法的な根拠を持ちません

延命治療で苦しまず 平穏死できる人、できない人

読んでいると、エンディングノートは本当に役に立つのかな?と思ってしまいます。

また、この3つの要件がそろわないと現実にはなかなか平穏死はできないということが本の中で繰り返し述べられています。

  • ①本人の意志
  • ②家族の理解
  • ③主治医の支援

平穏死とは?

この本では「非開始」による尊厳死のことを「平穏死」と紹介されています。正確さに欠けるかもしれませんが、便宜上、過剰な治療・過剰な延命治療をしないで死ぬことを平穏死と理解することにしました。

延命治療はしたくないの前に立ちはだかる3つの壁

平穏死をするためには3つの課題があると書かれています。

  • ①本人の課題
  • ②家族の課題
  • ③主治医の課題

①本人の課題

延命治療はして欲しくない。普段はこう思っていてもいざ病気になってしまうと、自分の病気を治してくれる名医がどこかにいると信じて探しつづけたり、最期まで治療を続けた結果、やりたいことができなくなってしまうという現実。

②家族の課題

本人は延命治療を望んでいないとわかっているのに、いざもしものときに直面すると一分一秒でも長生きして欲しいと考えて、本人の希望よりも家族が延命治療を希望してしまう。

また、亡くなる本人と残される家族を前にすると医師や病院も家族の意向に耳を傾けがちなんだそう。こうした状況は容易に想像できますよね。

③主治医の課題

病気を治すこと、少しでも長く生きてもらうこと、これを医師の使命と考えているので、治療をしないという選択を受け入れ難い医師が多い。


普段はそう思っていなくても、もしものときにはこういったことが起きる。仮に自分自身の課題は乗り越えることができたとしても家族や主治医の課題を乗り越えるには、事前のコミュニケーションがとても重要だということ。

さらには、三者(本人・家族・主治医)の思いを確認するために、ときにはそれぞれの意見を腹を割って話し合う場が必要だとも書かれています。

また平穏死を叶えるためのもうひとつの大きなファクターは、尊厳死法案「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」の行方ということです。

救急車を呼ばないという覚悟も必要です

過剰な延命治療をしないで平穏死をするためには3つの課題をクリアするだけではまだ足りないようです。さらに衝撃的なことが書かれていました。

救急車を呼ぶという行為は、救急救命処置のあとに待っている延命治療をも希望する意思表示です

延命治療で苦しまず 平穏死できる人、できない人

救急車を呼ぶということ。

自宅で倒れて救急車を呼んだ場合に駆けつけた救急隊員が救命処置として人工呼吸器をつけたとしましょう。それはこういうことが起こる可能性があるということです。

  • 不幸にして意識が戻らなくても一度取り付けた人工呼吸器を外すことは難しく、これが延命処置になりうる
  • 救急車を呼ぶということは救命処置だけを求めているようで、実は最終的にそうなるかもしれない延命治療をも希望していることになる

ここまで読んで、医療の現場に詳しくない僕でもエンディングノートに「延命治療をして欲しくない」と書いておくだけでは不十分だということが理解できました。

本人が延命治療を望んでいないと家族が十分に理解していても事故や病気で急変した状況を前にして、救急車を呼ばないということがはたしてできるのか、これはとても難しい問題です。

余命を宣告されているような状況ならどんなことが起きても救急車は呼ばないという覚悟をもって対応することができるかもしれませんが、それでも現実に起きると気が動転してしまうこともあるでしょう。救急車を呼ぶべきか?そうじゃないのか?一瞬でも迷いが生じるとどうしていいのかわからなくなりそうで怖いです。

奥様が覚悟を決めた結果。

奥様に覚悟を決めてもらえたことで、延命治療をしないエンディングを実現されたのが流通ジャーナリストの故金子 哲雄さんです。

金子からは「僕が死んでも、救急車を呼んではいけないよ」と、口酸っぱく言われていました。病院での死はそのまま扱われますが、在宅で死を迎えた場合、救急車を呼んでしまうと不審死扱いになってしまい、その後が面倒になるというのです。

場合によっては、望んでもいない延命治療を施される可能性もあります。金子は、延命治療をまったく望んでいませんでした。

僕の死に方エンディングダイアリー500日

奥様は金子さんの呼吸が止まったのを確認した後で、救急車を呼ばずに在宅医療でお世話になっていた医師に連絡して死亡診断書を書いてもらったそうです。

もし救急車を呼んでいれば、金子さんの最期は本人の希望とはまったく違ってしまったかもしれません。

延命治療をして欲しくないという希望を家族に伝え、家族にも十分理解してもらう。そして主治医にも理解してもらう。それでもまだ足りないというのが延命治療を取り巻く現実のようです。

エンディングノートの存在意義は?

突然、何か問題が起きたときには気が動転してしまい、前もって話ができていたとしても記憶があいまいになってしまうことは想像できます。

いざという時に「お父さん、なんて言ってたっけ?」じゃ意味がありませんよね。それに子供が何人かいたら「お父さんはそんなことは言ってなかった」と話が食い違うことだって考えられます。

たとえ腹を割って話しができたとしても時間が経てば忘れてしまうかもしれないので、後日確認できるように大切なことを書きとめておくこともエンディングノートの使い方の1つです。

僕自身も両親にエンディングノートを渡したことがきっかけで、時間はかかりましたが両親から延命治療や介護についてどう思っているのかを聞くことができました。

何かしらきっかけがなければ、将来の医療に対する希望を家族で話し合うことはハードルが高いだろうと思うので、そのきっかけを作るのがエンディングノートの存在意義だと思います。

家族や大切な方と話をする前提として自分の頭の中を整理するために書くというのがエンディングノートの終末期の医療のページのより良い使い方なのかもしれませんね。

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度