衝撃の入棺体験|もしものときをリアルに疑似体験してみませんか?

エンディングノート超活用法

はじめて入棺体験をしたときは「もしものとき」を怖いくらいリアルに想像してしまい、相当焦りました。

日常生活の中で死を自分事に感じることはほとんどないと思いますが、元気なときに死を意識することのメリットは計り知れないので、もし機会があれば一度入棺体験をされることをおすすめします。

そうは言っても入棺体験はハードルが高い、もう少しソフトなもならやってみたいという方に向けて、もしものときをリアルに疑似体験できるものをご紹介します。

目次【本記事の内容】

入門編なら「映画 エンディングノート」

ひとりでエンディングノートに向き合うことよりも、エンディングノートをきっかけに、自分のエンディングについて家族とどのぐらい向き合えるかが大切だと痛感しました。エンディングノートや人生のエンディングを自分事にするきっかけになる映画です。

映画エンディングノート

「いったい、どこまでカメラを回すの?」と思ってしまうほど、娘である監督がお父さんのエンディングを追い続けます。

主人公である監督のお父さんが、亡くなる数日前に病院で長男と(自分の)葬儀の打合せをしている時に、こんなことを言って家族を笑わせていました。

分かんないことあったら携帯ください!

このお父さんは「段取り命」で生きてこられたようで、たとえ自分の死であってもぬかりなく準備をしないと気がすまないという性格のようです。

いかなるときもユーモアを忘れないお父さんのキャラクターがあってこそ、完成することができた作品だと感じました。もちろん、お父さんから家族へ、家族からお父さんへの深い「愛」がなければ、ここまでとことんは撮れないはずです。

家族に囲まれ、あったかい雰囲気で見送ってもらえたお父さんはすごく幸せだと思いました。1回観るだけでは知り得ない、こんな素敵なエンディングを迎えることができる秘訣を学ぶために何度も観たい映画です。

ゲームをするように、もしもの時に向き合える「もしバナゲーム」

ゲームを通してもしものときを考える「もしバナゲーム」を知っていますか?

もしバナゲームのマイスターの方から直接レクチャーを受けれる特別な機会に誘っていただいたので参加してきました。

もしバナゲーム

もしバナゲームとは?

ざっくりと説明すると、もしバナゲームは重病のときや死の間際に「大事なこと」として人がよく口にする言葉が書いてある35枚のカードを使って、余命宣告を受けた場合を想定して自分が何を大切だと思うかをゲームをするように考えるものです。

やり方はいくつかあるみたいですが、今回はレクリエーションルール(ヨシダルール)を教えてもらいました。

このルールに沿ってカードを用いることで、自分自身が大切にしていることを考え、それらを言葉にすることで、さらに他のプレイヤーの価値観を聴くことで、各人が新たな気づきを得ることができます。

「もしバナゲーム」iACPのサイト

もしバナゲームをするときの心構え

もしバナゲームをはじめる前に、基本的な心構えや注意事項について説明がありました。

  • ゲームの進行をせかさない
  • 他人の考えを否定しない
  • 知りえた情報について口外しない

ゲームはトランプのように場に並べたカードと手持ちのカードを交換しながら死期が差し迫った状況をイメージして5枚のカードを残します。

選びとった5枚のカードから中でも大事だと思う3枚と、少し優先順位の低い2枚に仕分けます。

もしバナゲーム2
僕が選んだ5枚のカード@もしバナゲーム

そしてゲームの最後に、なぜこのカードを選んだのか?そしてゲームを体験してみた感想を順番にシェアしていきます。

もしバナゲームの感想

大事だと思い選び取った5枚からさらに3枚を選び取るのがやっぱり難しいです。これはそのときの心理状態が現れるのかなと思いました。ちなみに僕はこの3枚を選びました。

  • ユーモアを持ち続ける
  • 不安がない
  • 信頼できる主治医がいる

1回しかできなかったので表面的な感想になってしまうかもしれませんが、僕が考えるエンディングノートの本質「もしものときに向かってこれからの生き方について自分と向き合うもの」と共通するところがあると感じました。

また「他人に自己開示をするきっかけになる」という印象を持ちました。ここはエンディングノートとは大きく異なる点です。

馴染みのない言葉だと思いますが、もしバナゲームはアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の1つのようです。厚生労働省ではこのアドバンス・ケア・プランニングをよりわかりやすく、馴染みのあるものにするために愛称を募集しているようです。

人生の最終段階において、本人の意思が尊重され、本人が希望する「生を全う」できるよう、年齢を問わず健康な時から、人生の最終段階における医療・ケアについて考える機会を持ち、本人が家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合うことが重要であると考えられます。

このような取組をアドバンス・ケア・プランニング(ACP)と呼び、欧米を中心に取組が普及してきています。    

参考:「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称を募集します」厚生労働省のサイト

もしバナゲームは比較的ゲーム感覚で気軽にやってみたいと思えたので、その点は画期的だなと思いました。

「模擬余命宣告」は少々荒療治

参加者の方に「もしものとき」をリアルに感じていただこうとセミナーを企画したことがありました。

長年外科医としてがん治療に携わり、1,000人以上の死に携わってこられた谷口医師とのコラボセミナーで余命宣告ワークと題して、参加者の方に「模擬余命宣告」を受けていただきました。

模擬余命宣告
模擬余命宣告①

関連|最幸の人生の見つけ方×エンディングノート超活用術

模擬余命宣告②

偶然にも演技派の参加者の方にご協力いただいたおかげでこういった感想をいただきました。

  • 会場の空気が変わった
  • 気温が2度下がった
  • リアル過ぎて怖い etc

参加者のみなさんにはもしものときの衝撃体験をしていただくことができたようです。

衝撃的だった「入棺体験」

テレビの特集で見たことがあったのでその存在は知っていました。でもなかなか機会がないし正直なところ抵抗もありました。

誰もがいつかは経験することなので練習しておいてもいいかなと、誘っていただいた終活セミナーで思い切って体験してきました。

入棺体験の感想は・・・

とにかく狭い。。

肩がきゅっとなります。長さも余裕がありません。置いてあった棺桶がスタンダードなサイズなのか?本番ではワンサイズ上のものにした方がいいのか?わかりませんが、これに長時間入るのはかなり厳しいです。葬儀の生前契約として相談すれば、ぴったりなサイズを見立ててくれるのかもしれません。

狭かった話はこの辺にして、蓋が閉められたときの感想などを。

本当に体験で良かった

これに尽きます。もしもこれが現実なら「ちょっと待った~」と叫んでいたと思います。なんとか脱出しようとこんな感じです。

ちょっと待ったー!!@入棺体験

まわりに人が大勢いてザワザワした雰囲気のセミナー会場だったので、比較的ノリで入ることができました。これがシーンと静まり返った場所だったら入るのも抵抗があったと思います。

ちなみにエンディングセミナーの会場にはバリアフリータイプの棺桶も置いてました。バリアフリータイプはサイドの板を半分倒すことで車椅子の方でも無理なく最期のお別れができるようにと開発されたものです。

バリアフリータイプの棺桶

入棺体験は本気でおすすめします。

エンディングノートを書くことは、もしものときを考えることで「普段考えないこと」、「できれば考えたくないこと」に向き合うことです。

つまりエンディングノートを書く醍醐味は、もしものときの疑似体験ができることです。

もしものときがどうしてもイメージできなければ棺桶に入ってみる。これ以上の疑似体験はないと思います。もし機会があれば一度、なければ機会を作ってでも入ってみることをおすすめします!

旅をコンセプトに入棺体験ができるセミナーを開催しました。
関連|セミナーの醍醐味は疑似体験|棺桶の中で手に入れたものは?

人気記事 お義母さんが遺してくれたエンディングノートと大切なもの