エンディングノートの書き方のポイント│スマホ・パソコンの処分は誰に頼む?

エンディングノートの書き方のポイント

私、相続専門司法書士の伊藤 薫が実際にコクヨのエンディングノートを書いたレポートです。

資産のことを書いた後は気になることシリーズ。
今回は携帯・パソコンについてです。さあ行ってみましょう!

これまで書いてきたのは現在の契約内容といった情報を書き留めることが中心でした。

もしもの時に携帯やパソコンをどうしてほしいか?といった将来の希望をはじめて書くことになります。

携帯もそうですがパソコンも個人情報やプライバシーの塊といって過言ではないので、適切に処分してほしいですよね。

ほしいと思っても実際のところ誰が責任をもって処分してくれるのか?考えると不安。。

家族がいるからと思っても、もしもの時にどんな生活をおくっているのかなんて想像もつきませんよね。

亡くなって一連の手続き等が落ち着く頃、3ヶ月ぐらいですかね?

その時がきたらミッションインポッシブルの指令テープみたいに、白い煙が出てパソコンが消えてくれればいいのにと思ったり。

パソコンの画面に最期のメッセージの動画が流れて、そのあとで「なお、このパソコンは自動的に消滅する。君たちの幸せを祈る。」なんて(笑)

冗談はさておき、家族が適切にパソコンを処分してくれる保証はないので、そんなサービスがあったら申し込みたいですね。

リタイアした後ならいざしらず。仕事をしているならすぐに処分してしまうのも気がひけるし。

  • 大事な情報にはパスワードをかけておく?
  • 誰にパスワードを伝えておくのか?

悩ましい問題ですよね。

携帯・パソコンと同じようなものが、facebookなどSNSやネットショッピング用のIDやパスワードでしょうか。メールアドレスもそうですね。

もしも自分の余命がはっきりとわかるなら、もろもろをきれいにしてからいきたいです。でもそれこそミッションインポッシブルかもしれませんね。

関連│もしもの時、FACEBOOKのアカウントはどうなる?
関連│手書きのエンディングノートは時代遅れ?

関連|エンディングノートを相続専門司法書士が書いてみた。書き方のポイントまとめ。

人気記事 遺言書を書こうかどうか迷ったら|郵便局で無料相談会開催中!

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術