親と一緒に過ごせる時間を計算したことがありますか?

エンディングノート超活用術

エンディングノートを書いていて、親のことを考えてしまうという方は多いのではないでしょうか。

離れて暮らしていて年に数日しか会えなければなおのこと。

僕もそうなので親のもしものときに思いを巡らせると、親が元気なうちにいったいあと何回ぐらい会えるのかな?なんてことをしみじみと考えてしまいます。

「親が死ぬまでにしたい55のこと(親孝行実行委員会/アース・スターエンターテイメント)」には、こんな計算が載っています。

親が死ぬまでにしたい55のこと
親が死ぬまでにしたい55のこと

たとえば、親と離れて暮らしている場合。
(中略)
あなたと親が一緒に過ごせる時間は1,320時間。
日数にすると、わずか55日間!

親が死ぬまでにしたい55のこと

これは20年(親の残された寿命)×6日間(1年間に会う日数)×11時間(1日で一緒にいる時間) =1,320時間という仮定の元の試算です。

親が60代で盆正月にしか会わなければ概ねこんなもんなんでしょうね。6日間というのも過去10年間を振り返ってみればよくわかります(^o^;)

当たり前ですが時間は有限です。

例えば、親と一緒に旅行するチャンスもそのうち、そのうちなんて言っていると失くしてしまうかもしれません。

たとえ1泊2日の旅行だとしても6日間が8日間になるので大きな違いになります。

  • 時間は有限ということを
  • チャンスはいつまでもないこと etc

こういったことを意識する・再確認することもエンディングノートを書くことによる効果です。

人気記事 【初心者向け】遺言書を書こうかどうか迷ったときに読むページ。

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術