延命治療はしたくない|立ちはだかる3つの壁

エンディングノート超活用術

延命治療はしたくない

セミナーなどで聞いてみると、こう考えている人が多いのですが(ほとんどの方がそうかもしれません)、そう思ってエンディングノートをしっかり書いておいてもまだ足りない。

これが現実のようです。

なぜ?と気になってたどり着いたのがこちらの本。「延命治療で苦しまず 平穏死できる人、できない人」(長尾和宏/PHP)

平穏死とは?

あまり馴染みのない内容が続くので、一度読んだぐらいではすっと頭に入ってきません。

本の中で「非開始」による尊厳死のことを「平穏死」と紹介されています。

多少正確さに欠けるかもしれませんが、便宜上過剰な治療・過剰な延命治療をしないで死ぬことを平穏死と理解することにしました。

平穏死の前に立ちはだかる3つの課題

平穏死をするためにはこの3つの課題があると書かれています。

  • 本人の課題
  • 家族の課題
  • 主治医の課題

本人の課題

延命治療はして欲しくない。

普段はこう思っていてもいざ病気になってしまうと、自分の病気を治してくれる名医がどこかにいると信じて探しつづけたり、最期まで治療を続けた結果、やりたいことができなくなってしまう。

家族の課題

本人が延命治療を望んでいないと知っているのに、もしものときにいざ直面すると一分一秒でも長く長生きして欲しいと考えて、本人の希望よりも家族が延命治療を希望してしまう。

亡くなる本人と残される家族を前にすると医師や病院も家族の意向に耳を傾けがちなんだそう。こうした状況は容易に想像できますよね。

主治医の課題

  • 病気を治すこと
  • 少しでも長く生きてもらうこと

医師はこれが医師の使命と考えているので、治療をしないという選択を受け入れ難い医師が多い。


普段はそう思っていなくても、もしものときにはこういったことが起きる。

仮に自分自身の課題は乗り越えることができたとしても家族や主治医の課題を乗り越えるには、事前のコミュニケーションがとても重要だということが書かれています。

もうひとつの大きなファクターは尊厳死法案の行方ということも。正確には「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」です。

そのエンディングノートは役に立ちますか?

著者が「平穏死するのに、エンディングノートが本当に役に立ちますか?」と疑問を投げかけるのは、平穏死を実現するのにエンディングノートだけでは不十分だと思われる人を何人も見てきたという経験からです。

いざ、肝心なときにエンディングノートが出てこないことが多いから・・・

仮に出てきても、家族がそれを理解・納得していなければ、尊重されるとは限りません

そもそもエンディングノート自体が日本では法的な根拠を持ちません

こういった記述を読むとエンディングノートは本当に役に立つのかな?と思ってしまいます。

この3つの要件がそろわないと現実にはなかなか平穏死はできないということがこの本の中で繰り返し述べられています。

  • ①本人の意志
  • ②家族の理解
  • ③主治医の支援

さらには、三者(本人・家族・主治医)の思いを確認するために、ときにはそれぞれの意見を腹を割って話し合う場が必要だとも。

医療の現場のことに詳しくない僕でも、エンディングノートに「平穏死を希望する」と書いておくだけでは不十分なのは理解できました。

エンディングノートの可能性

たとえ腹を割って話したとしても時間が経てば忘れてしまうかもしれないので、後日確認できるように書きとめておくこともエンディングノートの1つの使い方です。

そもそも、何かしらきっかけがなければ、将来の医療に対する希望を家族で話し合うこともハードルが高いだろうと思うので、そのきっかけをつくるのがエンディングノートのひとつの存在意義だと思います。

もしものときがきたら家族に見てもらうつもりでエンディングノートを書いておくのは、タイミングとしては遅いということでしょう。

終末期の医療の希望についてエンディングノートを書くことは、家族や大切な方と話をする前提として、自分の頭の中を整理するために使うのが正しい使い方なのかもしれません。

人気記事 遺言書を書こうかどうか迷ったら|郵便局で無料相談会開催中!

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術