戸籍で自分ルーツを探る

古い戸籍から自分のルーツを調べたり、戸籍をもとに自分の家の「家系図」を作ることがちょっとしたブームになっていると、なにかの雑誌で読みました。

仕事柄、戸籍を見る機会は多いわりに、自分の戸籍はあまり見たことがなったので、戸籍の見方のスキルアップも兼ねて(古い戸籍ほど分かりにくいんです)、父方、母方ともに古い戸籍を遡れるだけ遡って集めて、少し前に自分で家系図を作ってみました。

戸籍は本籍地のある市町村に請求しますが、戸籍の本籍地がすべて山形県内だったので、大阪からすべて郵送で請求。

郵送費がかかるし、古い戸籍になれば、廃棄されていたり。

でも、請求してみないと、あるのかないのかの回答さえももらえないので、請求した結果、「見当たりませんでした」という回答だけで、郵送費を無駄にしたことも。

根気よく集めた成果がこれです。費用は、送料込みでざっと1万6千円。
クリップなしで厳密に測っても、余裕で1センチ以上の厚みになります。

戸籍で自分ルーツを探る

一番古い戸籍には、「文政二年生まれ」、「天保十年生まれ」なんていうご先祖様も載っていたり。名前しか分からないものも含めれば、7代前までの家系図が作れました。

文政は、上杉鷹山公が生きていた時代。
天保は、「天保の大飢饉」しか思いつきません(笑)。

出来た家系図を家族で見てみると、結構発見がありました。

母も全員には会ったことがなかったので、祖父が本当に10人兄弟かどうか怪しかったのも、戸籍で確認出来たり。

戦死したとは聞いていた父方の祖母の兄弟は、中華民国湖南省と、ソ連カラカンダ州で戦死していたことが分かったり。

父方の曾祖母は兄弟とあんまり似ていなかったという話になり、他の兄弟とはどうも血が繋がっていなそうだということで納得したり。

場合によっては、知りたくないことも分かってしまうかもしれません。

ちなみに、相続手続きに必要となる戸籍は、亡くなった方の生まれた時から亡くなるまでの全てと、相続人の現在の戸籍謄本です。

亡くなった方が結婚、離婚、養子縁組、転籍(本籍を変更すること)などをすると、戸籍が新しく作られたり、他の戸籍へ入ることがあるので、そのすべてを取得しなければなりません。また、法改正などによって様式が変わる前の改製原戸籍も必要になります。

相続人が兄弟姉妹の場合には、相続人の範囲も広がり、取得しなければならない戸籍謄本の数も増えますので、上の画像以上のボリュームになることもあります。

戸籍の数が増えれば、それを見るのも一苦労なので、10人兄弟なんて強烈です。