実家が空き家にならないために その1

東洋経済の「実家の片づけ」の特集記事が興味深くて、一気に読んでしまいました。

実家の片付け 東洋経済
“片づけ”といっても家の中の荷物の物理的な片づけにとどまらずに、

  • 残された親の荷物の整理
  • 相続
  • 空き家管理
  • 売却

というように、実家に誰も住まない場合、売却するまでの一連の手続き全てを「実家の片づけ」と位置づけています。

この中に「空き家管理」がありますが、日本に空き家がどのくらいあるのかご存知でしょうか?

なんと約820万戸(2013年)もの空き家があるそうです。

総住宅に占める割合は13.5%(「住宅・土地統計調査/総務省」)。 これほど空き家があるなら不動産の価格が下がってもおかしくないわけですが、そこは需要と供給のギャップがあるわけで・・・。

「人口の減少」と「空き家の増加」というのは相関するイメージがあるので、やはり地方での空き家率が高いのは想像できますが、記事によれば空き家の増加は地方だけの問題ではなく、今後は首都圏近郊の都市部でも深刻化するとも。

団塊の世代が80代を迎える頃には、なんと全体の空き家率が23.7%になるという予測もあるようです。 15年後には空き家だらけの住宅地、マンションがあちこちに出現するということでしょうか・・・。