「エンディングノート」 by 小さなお葬式

エンディングノート 小さなお葬式1 こちらのエンディングノートはいわゆる、もしもに備えるタイプのもので内容はいたってスタンダードなのですが、

思わず「えっ!」と声を出しそうになったページがありました。

それはこちらの葬儀の希望を書くページ。

エンディングノート 小さなお葬式2

4種類の葬儀プランがイメージ写真付きで載っていて、希望するプランにチェックを入れることができるように作られています。

あまりにも生々しいと感じて一瞬ギョッとした訳ですが、考えてみれば書く人も残された人もイメージしやすくていいのかもしれませんね。

というのもエンディングノートにどの程度まで詳しく葬儀の希望を書いておくのがいいのかは悩ましい問題だから。

中には「使って欲しい花がある」、「この音楽を使って欲しい」ということまで書いておけるエンディングノートがありますが、あれこれ事細かに葬儀の希望を書いておいても実際に実現できるのかは微妙なところなので、希望が叶えられない場合にむしろ家族の負担になるかもしれません。

一方で「家族だけでこじんまり送って欲しい」とか、「ある程度費用がかかってもいいからできるだけ盛大にして欲しい」といった漠然とした希望を書いておくものもあります。

個人的にはあまり事細かに希望を書いておくよりも、盛大にして欲しいのかシンプルにして欲しいのかといったニュアンス程度の希望を書いておく方がいいと思うのですが、それはそれでシンプルにといっても書いた本人と家族のギャップが大きければ本人の希望とかけ離れたものになってしまうおそれがあります。

また家族の中でもそれぞれの価値観でのシンプルの基準が違うので、具体的にどうするのかで揉める火種になってしまいそうですよね。

そうならないように、元気なうちに葬儀の契約まで済ませておくのがひとつの解決策としているわけですが、そこまで思い切れないという方が多いのではないでしょうか。

そう考えると4つのプランから選んでおくというのは、お互いに非常にわかりやすいといえます。価格も載っているし、プランの内容をイメージしやすい写真があって選びやすいというのも理にかなっていますよね。

このエンディングノートは「小さなお葬式」が発行しているものです。はじめは「小さなお葬式」という葬儀社なのかと思っていましたが、そうではなく大阪の会社が運営するポータルサイトのようです。

小さなお葬式のパンフレットを取り寄せたのは、エンディングノートがもらえるからというのも理由のひとつですが、いわゆる直葬といわれる葬儀プランについてもっと知っておく必要があると感じたからです。

というのも私は数名の方の成年後見人をしていて、これまでもここでいう「小さな火葬式」のようないわゆる直葬を経験したことがあります。これまでは親族の方が喪主をされたので私が主体な立場で葬儀を執り行うことはありませんでしたが、これからはそういう可能性がないとも限りません。

さらに、これからは「多死社会」になるといわれていますが、関東のある地域で葬儀をしようとしたら同じ時期に葬儀が重なってしまい遺体を安置する場所を確保することができなくて、通夜、告別式ができずに直葬にせざるを得なかったという、多死社会を予感させるような話を聞いたので、こちらの希望や事情如何に関わらず直葬を選択せざるを得ないということも考えておく必要があると感じたからです。

その2に続く。