「みらいのための準備ノート[シニア編]」 その1

こちらのエンディングノートは日本生命保険相互会社でたまったポイントで交換できる商品の中で見つけて、生命保険会社が選ぶエンディングノートはどんなものなのか?という興味から入手してみました。

みらいのための準備ノート担当の方から「本当にこれでいいんですか?」というニュアンスで確認されたので、これを選ぶ人って少ないんでしょうね(笑)。

項目は次の通りで

  • 第1章 「自分」の「これまで」と「これから」を考える
  • 第2章 「お金」を考える
  • 第3章 「健康」を考える
  • 第4章 もしものために① 「介護する介護される」を考える
  • 第5章 もしものために② 「エンディング」を考える
  • 「わたし」と「大切な人」へのメッセージ
  • 詳細データ編

項目だけを見てもさほど特別な印象はありません。

でも医師、看護士、弁護士、公認会計士、社会保険労務士といったメンバーが監修をされていますが、医師、看護士が監修されているエンディングノートはあまりないような気がします。

興味深かったのは、親や配偶者の介護を経験された方のインタビューに基づいて書かれた「わたしの介護体験」というコラム。

親の施設入所を決めるまでのご苦労や葛藤の告白、収入が途絶えて保険の大切さが身にしみたエピソードを読むと、エンディングノートは書いておかなくちゃ、さらには保険にしっかり入っておかないといけないという気持ちになるので、よくできているエンディングノートだなと感心しました。

中でも私が納得感を持てたのは介護に関するページでした。

介護の希望を単に書いておくだけでなく、なぜその介護を希望するのかが納得感を持って書くことができるように作られています。

要するに「在宅なのか?」「施設なのか?」ということになりますが、5つの間接的な設問に答えることで自分が介護の希望に対してどんな考えや価値観を持っているのかが客観的に認識できるようになっています。

介護の希望はできるだけ本音で書くべきだと思うのですが、「在宅なのか?」「施設なのか?」とだけ問われると、家族の負担費用の面ばかりが気になって本音とは違った希望を書いてしまうことが大いにあるのではないでしょうか?

そこで、間接的な設問を通して「自宅がいいのか?」「施設がいいのか?」介護に対する自分の価値観が明確になれば、おのずと納得感のある内容のエンディングノートを書くことができると思いませんか?