「私の家族ノート」 その1

このエンディングノートのコンセプトは、「両親と自分、子どもを繋ぐ」、
そして、「自身の人生をたどり直すことであり、家族の繋がりを再認識する」こと。

「私の家族ノート(藤原ゆきえ・田島安江/書肆侃侃房)」。

私の家族ノート

次の4つの章で構成されています。

1章 誕生からのことを親に聞く
2章 私について
3章 私の子どものために
4章 今、伝えておきたいこと

1章は親に話を聞くページです。両親や自分が育った家の見取り図を書くページは、書くことでいろいろな思い出が蘇ってきそうですね。また、「親が今、一番楽しみにしていること」という項目は、ちょっと想像がつかないので是非聞いてみたいと思いました。

2章は自分について書くページです。「幼少期」、「中学校時代」、「中学卒業以降」、「18歳以降~20代前半」・・・というように年代別に記入するように作られています。幼少期のページ等は、古いアルバムを引っ張り出してそれを見ながら書くと良さそうですね。

3章は0~4歳頃の子どもについて書くページ。子どもが知らない(覚えていない)幼い頃のことを、お子さんに伝えるために書いておくページのようです。

そして、4章はもしもの時に備えて葬儀や財産について書いておくページです。もしもの時のページ数がここまで少ないエンディングノートは珍しいかもしれません。