相続税対策のその前に

2015年の1月1日から相続税の増税(基礎控除の縮小)がスタートしました。

昨年末の新聞記事を見ていると、「相続税対策」をキーワードに各業界が駆け込み需要を狙って相続マネーの取り込みに力を入れているというものがありました。

相続税対策というと賃貸住宅の経営はメジャーですが、中には数百万円もの純金製のある意外なものを購入することで相続税対策をしているそうです。

意外なもので相続税対策!?

意外なものとは純金のお鈴(所謂、仏壇にあるチーンのことです)。お鈴の他にも仏像、位牌、花入れなど合計で数千万円をかけて一式揃えるケースもあるようです。

税については専門外ですが、国税庁のHPをみると確かに「墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物」は相続税がかからない財産として記載されています。ただし、「骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有しているものは相続税がかかる」という例外があるようです。

そもそも生きている間にお金を使って財産が減ればそれは確実な相続税対策になりますが、記事の中では相続税対策に熱心になる余り自らの老後資金に不安を覚えるケースが指摘されていました。

「日本の高齢者は亡くなる時に平均2,500万円を遺す」、「高齢者世帯は月に約5万円貯金を取り崩して生活している」など、日本の高齢者の実態は書籍によってもまちまちなので、何が正しいのか疑問に感じるところがあります。

そう考えれば、まずは自分の資産を正確に把握し、その上で年間の生活費や平均寿命までの年数といったところから必要と思われる老後資金についてしっかりと把握することが相続税対策よりも先にやるべきことですよね。

相続税対策に熱を上げる前に、エンディングノートを活用するなどして、まずは冷静にこれからの人生プランを立ててみてはいかがでしょうか。