救急医療情報キットを知っていますか? その2

今回は救急医療情報キットの中身についてご紹介します。

キットの中には、「救急医療情報シート」と「キットの説明書き」の他に、「シール」と「マグネット」が入っています。

救急医療情報シート、説明書き

救急医療情報シートには、住所、氏名、生年月日など個人を特定できる情報や、これまでの病歴やかかりつけの病院について、服用している薬や使ってはいけない薬を書いておきます。

また、介護保険サービスを利用していれば、担当のケアマネージャーさんの連絡先や民生委員を書いておく欄もあります。それから、緊急時の家族の連絡先を書いておくように作られています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

シール(左)とマグネット(右)

付属のシールは玄関のドアの内側に、マグネットの方は冷蔵庫に貼っておきます。自宅に駆けつけた救急隊員が貼ってあるシール、マグネットを確認することで、救急医療情報キットが保管されていることがひと目で分かるようになっています。

なぜ救急医療情報キットを冷蔵庫に保管するかというと、ほとんどの家庭では台所に冷蔵庫があるため、緊急隊員がキットを探すのに手間取ることなく簡単に見つけることができるので、すみやかに病院に搬送することができるというわけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA