ラボブログ

シンプルなレクタ型タープはアレンジ自在|ノルディスクのカーリ20のレビュー

我が家の初テントはツールームタイプだったので、僕もキャンプを始めた当初はタープって何?っていう状態でした。

友達とBBQやデイキャンプをしようというタイミングで、ツールームタイプの不便さ(立てる手間や解放感がない)が気になってオープンタープへの憧れが高まっていきました。

ノルディスクのカーリ20を選んだ理由

オープンタープはざっくり言うと日除け・雨よけになる布です。スクリーンタープと違って横からの風除けにならないので冬は寒いです。大きくわけると2つのタイプがあります。

  • レクタ型
  • ヘキサ型

ヘキサ型(頂点が6つできる1枚の布)はスタイリッシュですが、我が家は有効面積重視なので無駄のない四角いレクタ型を選びました。サイズは20㎡クラスで白っぽい色味で探していて最終的にこの3つに絞り込みました。

  • ノルディスクのカーリ20(400×500)
  • タトンカのTarp1TC(425×445)
  • テンマクデザインのTakibi-Tarp Cotton Recta(420×480)

最寄りのスポーツオーソリティにタトンカが置いているとの情報をゲットしたので、すぐさま見に行ってきましたが、タトンカのタープ見せてください!って頼んだら店員さんにこう言われて意気消沈。

  • 縫製が甘い
  • 長い目で見るならちょっと・・・

確かに思っていたよりも生地が薄くて残念ながら却下。

続いてテンマクデザインのTakibi-Tarp Cotton Recta。こちらはモデルチェンジしたのか?色が濃い。ネットで見た画像よりも実物は色が濃い。カーキかタンカラーって感じ。思ってたんと全然違うってことでこちらも却下。

残るはノルディスクのカーリ20のみ。

当時はおしゃれなテント=ノルディスク。でもノルディスクを買うのって安易だよねーと思っていましたが、最後の選択肢としてカーリ20を見に行ってきました。これも写真で見るよりはアイボリー系でしたが、3つの中では一番しっくりきたのでノルディスクのカーリ20に決めました。

で、使ってみたら・・・ノルディスクのカーリ20の使い心地最高です!安易とか言っちゃってごめんなさい!(汗)。

※色がどうこう言っているのは例によって相方です(苦笑)

カーリ20のおすすめポイント

解放感が最高

言ってしまえばレクタ型タープは長方形の布のなのでとても汎用性があります。ノルディスクのカーリ20を付属品のポールだけで張るとこんな感じです。

レクタ型のタープ ノルディスクのカーリ20

4×5mのタープなので、別で購入したポールを4本使って四隅を跳ね上がるとほぼ20㎡の日影が作れます。これなら10数名のデイキャンプやBBQに最適です。

6本のポールで張ったノルディスクのカーリ20

ナチュラルサイトのお約束ウッドポールも検討しましたが、当時はいいサイズのがなかったのでひとまずユニフレームの黒を4本買いました。このポールは60cm×4本の組み合わせなので、人数や天候に合わせてサイドを240cmで上げて広くしたり片側だけ120cmに下ろして基地っぽくすることができます。

まぁ低いとたいがい出入りの邪魔になるので180cmか240cmにして使うことが多いです。帽子をかぶってると毎回頭をぶつけるキャンプあるある(笑)

連結しやすい

区画サイトではテントや車と連結して使うことが多いです。

グランデアウトドアのテントと連結したカーリ20

我が家のワンポールテント(グランデアウトドア)は真っ白なので、カーリ20と微妙な色味の違いが気になるかなと思っていましたが、そうでもなかったですね。

デリカカーゴと連結したカーリ20

これは連結はしていませんが、テントと少し重なるように張ってバンのバックドアを開けた状態で重なるように配置しました。

クラシックジャック100とカーリ20

連結していないのでいつでも車で出かけられるし、テントから車まで雨に濡れずに移動できるのでかなり快適でした。

バックドアとタープが重なるようにバンを駐車

車中泊の日はタープの下にバックドアを入れてしまえば雨の日の快適さが違います。カーリ20(4×5m)のゆったりしたサイズ感にかなり満足しています。カーリ12(3×4m)はバンを下に入れるには少し小さいかなと思います。

カーリ20の下に停めたデリカカーゴ

スクリーンになる

カーリ20をスクリーンにして野外映画館のようにDVDを楽しむことができます。この日はカーリ20と友人のカーリ12を連結して張りました。

カーリ20とカーリ12を連結

で、夕飯が終わったときにカーリ20を半分降ろしてスクリーンにしました。

カーリ20をスクリーンにしてDVD鑑賞

レクタ型タープはとにかくシンプルなのでアレンジがしやすく使い勝手がいいです。

カーリ20の少し気になるところ

重い

気になるとすればカーリ20の重さですかね。素材がテクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)で、サイズが4×5mあることを思えば当然かもしれませんが約9㎏あります。

張る時はメインの2本のポールを立ち上げるときだけ相方に手伝ってもらっています。2人で張るつもりならまったく気にならないと思います。

この素材だからこそタープ下でもあまり気を遣わずに焚き火を楽しむことができます。でも写真を確認するとやっぱりタープから離して使ってました(笑)。

焚火台とカーリ20

まだ経験していませんが乾燥状態で9kgなので完全に濡らしてしまうと相当重くなると思います。マンション暮らしで干す場所がないので濡らさないようにかなり気をつけています。

ポールが壊れやすい

大活躍中のカーリ20の付属のポールが壊れてしまいました。中のバネorチェーンが切れたみたいで一番上の部分が外れるようになってしまいました。

中のバネが壊れた付属のポール

これが実に使いにくい。。

立ててしまえばほとんど気になりませんが、立てるときにポールの下の部分を持つと上の部分が外れてアララってなります。。しかも付属のポールが2本とも同じように壊れました。これって自力で直せるのでしょうか?

もし買い直す必要があるならその時はカッコイイウッドポールを検討しますが。