泡盛ブログ

オンザロックだけじゃない!こんなにある泡盛のおいしい飲み方

泡盛はオンザロックやストレートで飲むものと思っている方が本当に多いです。沖縄が持つ大らかで開放的なイメージ、一年中温暖な気候ということもあって、高い度数のお酒をグイグイ飲んでいるイメージを持ってしまうのかもしれませんね。

現実はというと沖縄では泡盛はかなりの割合で水割りで飲まれています。アルコール度数が14~15度位の水割りにするので日本酒やワインと変わらない度数です。こう書くとイメージと違うとがっかりする人もいるかもしれませんが、これが等身大の泡盛の飲み方なんですよね。

でもそれだけじゃありません!旅行で沖縄を訪れた方は飲んだことがあるかもしれませんが泡盛の水割りにシークァーサーを絞ったり、珈琲で割る飲み方も市民権を得ています。さらに泡盛カクテルや泡盛サングリアといった飲み方もあります。泡盛マイスターが泡盛のおいしい飲み方を紹介します。

目次

泡盛といえばオンザロック!?

白百合古酒のオンザロック

沖縄県外の泡盛ファンが好む泡盛の飲み方といえばオンザロックじゃないですか。2000年頃の焼酎ブーム以降、全国的に焼酎・泡盛はオンザロックで飲むものというイメージが定着しているように思います。

たっぷりと氷を入れたグラスに泡盛を注いで一気に冷やして飲んだり、泡盛に1つだけ氷を浮かべて氷を融かしながら飲んだり。丸氷が入ったロックグラスやクラッシュアイスでシャーベット状にして飲んだりと、オンザロックといってもバリエーションがあります。

やっぱり夏は泡盛はオンザロックで飲みたくなります。氷がとける過程で味わいの変化を楽しめるので好きな飲み方ですが、泡盛が冷やされるので泡盛の魅力のひとつである香りが立ちにくくなるという点はデメリットかもしれません。この表現が適切かどうかはわかりませんが、香りが立ちにくいということは飲みやすくなるという言い方もできます。

オンザロックの泡盛は25度がいい

芋焼酎のオンザロックは美味しく飲めるけど泡盛のオンザロックはきつくて飲みにくいという感想は、ある意味その通りだと思います。だってアルコール度数が違うので。一般的に芋焼酎は25度が多く泡盛は30度が多いからです。

この5度の違いを甘く見ると少々痛い目に遭います。僕も泡盛を飲み慣れないときは泡盛をオンザロックで芋焼酎感覚でぐいぐい飲んでいたら、次の日は夕方まで起き上がれないなんてことが何度もありました。少々どころかかなりの痛い目です(ToT) 

もちろんアルコール分が25度の泡盛もあります。飲みやすさをわかりやすく伝えるためラベルに「マイルド」と書いてあったりします。ちなみに「マイルド」と表示することができるのはアルコール度数が25度以下だけです。

『焼酎楽園』という専門誌のvol.30のインタビューで春雨の宮里酒造所の代表宮里 徹氏がこう話されていました。

私は、泡盛の場合、水割りではなくロックで飲むことをすすめています。ですから、食中酒としてロックで飲める25度の泡盛を提案したわけです。 

焼酎楽園 vol.30

これを読んで食事と一緒に泡盛を飲むときは水割りばかりではなくオンザロックでも飲みたくなりました。写真の泡盛は沖縄ファミリーマートとのコラボの春雨です。商品のコンセプトは「料理に合う味わい」です。

ファミリーマートとコラボした春雨・25度

やっぱり基本のストレート

香りや味わいをダイレクトに感じることができるので泡盛に限らずストレートは基本かもしれません。泡盛マイスターの試験や技能競技大会でテイスティングをするときは当然ストレートです。テイスティンググラスで泡盛と向き合いながらじっくりと味わいます。

泡盛の古酒をストレートで

またちぶぐわーという小さな盃で年代物の古酒をなめるようにじっくりと味わう楽しみ方もあります。同じストレートでもテイスティンググラスやちぶぐゎーなど酒器によって味わいや楽しみ方が変わります。

パーシャルショットという贅沢

パーシャルショットというのは度数が高く凍らないという泡盛の特徴を逆手にとった瓶のまま冷凍庫で凍らせる飲み方です。まあ凍らせるといっても、とろみを感じるかな?という状態で凍りません。

パーシャルショットはストレートで飲むのが一般的です。限界まで冷やすことで割らなくても飲みやすくすることを目指した飲み方といえるかもしれません。パーシャルショットを味わうなら泡盛の兄弟、与那国島の花酒(60度~)もおすすめです。チェーサーにはオリオンビールというのが沖縄風。

65度の花酒をパーシャルショットで

ど定番の水割り

珊瑚礁の水割り@コスタビスタ

食中酒なら30度の一般酒をベースにアルコール度数が14~15度位の水割りにすることが多いのかなと思います。

美味しい水割りの作り方

久米仙酒造さんのチラシに美味しい水割りの作り方とおすすめの割合が紹介されていました。

  • ①まず、グラス一杯にロックアイスを入れます
  • ②次に、泡盛を注ぎます
  • ③おいしく飲んでいただくには、次がポイントです。すぐに水を入れないで、マドラーでよくかき混ぜます(目安としては、グラスが冷えて曇るまで)。ここで泡盛を冷やさないと、泡盛を希釈した際に出る熱(希釈熱)で水を入れた時に氷がすぐ溶けてしまい風味のバランスが崩れてしまいます
  • ④氷を足して、水を静かに注ぎます。軟水、硬水で香味がかわりますのでお好みの水で
  • ⑤軽くかき混ぜたら、出来上がり
  • 25度 泡盛6に水4→15度
  • 30度 泡盛5に水5→15度
  • 43度 泡盛3に水7→13度
  • 43度 泡盛4に水6→17度

オンザロック同様に水を変える、氷を変える、グラスを変えるなどアレンジ次第で楽しみ方は広がります。長い時間かけてゆっくり泡盛を飲むには水割りがちょうどいいと思います。また泡盛は強い・きついと思っている方に一度飲んでいただきたい飲み方です。

フロートスタイルで水割りを楽しむ

乾杯用の一杯目に泡盛のストレートというのはどうかなと思います。でも初めて飲む泡盛だとひと口目はストレートで飲みたくなります。水割りが欲しいけどその前におちょこにストレートで少し入れてなんて言いにくいですよね?苦笑

そんな時に水割りだけどストレート風に泡盛を味わえる方法ってことで、某泡盛メーカーさんからフロートスタイルという飲み方を教えてもらいました。先に注いだ水の上に泡盛を浮かべるようなイメージで注ぎ、ステアせずに水の上に浮んだ泡盛だけをストレートで楽しむ飲み方です。

そおっと浮かべるように泡盛を注ぐのがポイントですが伝わってますかね?文章ではわかりにくいと思うので画像でご紹介します。先に注いだ水の上にそおっと泡盛を浮かべるようなイメージです。 

①先に水を注ぎます
②水の上に泡盛を浮かべるイメージで注ぎます

イメージではうまくいっているんですけど、心が乱れているのか?手が震えているのか?あっという間に混ざってしまいますね。薄い琥珀色の樽貯蔵泡盛を使ったので文章だけよりはわかりやすくなっていませんかね?なってない?笑

ステアせずとも時間とともにどんどん混ざってしまうので、ムダ話はしないで注いだそばからすばやく飲むのがフロートスタイルを楽しむポイントです。

コラム|泡盛を割るのはもったいない!?

  • もったいないから割らないで!
  • 泡盛はロックで飲むものでしょ?

泡盛ファンだけでなく泡盛初心者の方からもよく言われます。オンザロック派の話を聞いているとできるだけ割らないで飲みたい、古酒では特にその想いが伝わってきます。お酒は嗜好品なので好きな飲み方で楽しめばいいわけですが、泡盛を割ることはもったいないのか?泡盛はオンザロックが美味しいのか?泡盛マイスターが真面目に考えてみました。

泡盛を割りたくない理由

オンザロック派の話を聞いているとできるだけ割らないで飲みたい、古酒では特にそんな想いが伝わってきます。いろんな飲み方で楽しみたい僕にはずっと疑問だったのですが、割らずに飲みたいという心理を垣間見たことがあります。 

僕が久米仙酒造さんとタッグを組んで造ったオリジナル泡盛は泡盛初心者を意識して12度にしているのですが、割り水で12度に調整していると知って「水で薄めているんですか?」と冷めた反応が返ってきたときがありました。 

12度の泡盛でカリー!ブレンドのラベル

どうやら出来たてから12度の泡盛だと思っていた人が結構いるんです。

  • 25度も
  • 30度も
  • 40度や44度の泡盛だって

蒸留直後の原酒から考えれば水で薄めてますから~!! 加水してますから!! 

まさか泡盛を日本酒のような醸造酒と勘違いしているとは思いませんが、ここが十分に伝わっていないから濃い味わいの泡盛や度数の高い泡盛こそがいい泡盛のような偏った認識が生まれるんじゃないかなと。注)濃い味わいや度数が高い泡盛も基本的に加水して商品化されています。

もし30度の泡盛をできたてから30度と思っていたら割らずに飲みたいという気持ちもよくわかります。

そもそも泡盛はなんで30度が多いんでしょうか?12度の商品を造った経験から言わせてもらうと、高い度数で小さなボトルに入れた方が送料やら梱包の手間が楽なのはよくわかりました。他にも理由はあるかもしれませんし、なにか歴史的な背景があるのかもしれません。

強い・きついと誤解されている泡盛も原酒を加水して商品にしていることが伝われば、自分が飲みやすいと思う飲み方で飲んでもらうきっかけになると思うのですが、どうでしょう?

オンザロックで泡盛が飲みたい理由

ここ数年、ずっと気になっていること。泡盛はロックで飲むもの、なんならロックで飲むのが一番美味い と思っている人が多いこと。沖縄物産展の泡盛BARに立っているときもダントツに多かったのはオンザロックのオーダーでした。

泡盛BAR@阪神梅田本店

泡盛って強いですよね?どうしようかな・・・。

沖縄物産展に来られている方は当然ながら泡盛ファンばかりではないので、はじめはこんな反応なのに飲むとなったらオンザロックでという方がほとんど。ほんと不思議でした。

これは泡盛テイスティングの勉強会のことを思い出してもしかすると思ったことがありました。冬場のテイスティング勉強会は泡盛が冷え切ってしまっているので、香りが全然立たないんです。ちなみにテイスティングの勉強会の時はストレートで味わいます。

好きな人にはたまらない泡盛の強い香りは初心者が泡盛を敬遠する理由だったりするので、オンザロックにすると泡盛が冷やされて香りが立ちにくいから飲みやすくしたいというのがロックで飲みたい理由かなと思いました。氷で冷やして泡盛の香りを立ちにくくする。泡盛を飲みなれてない人はそれもいいと思います。

でも泡盛初心者はともかく、泡盛好きがオンザロックを好むのも飲みやすくするため?

泡盛好きでも古酒の芳醇な香りが苦手な人もいるのでそういう人がロックを好むのはわからないでもないですが、泡盛らしい濃いのが好きといいながら、泡盛の香りが立ちにくいオンザロックにこだわっているとしたらその理由が知りたいです。その方がなんだかもったいなくないですか?

普段は氷なしの水割り派の僕がオンザロックにする時は泡盛を冷やして飲みたいときです。氷で冷やすと香りが立ちにくいとしてもそれでも冷やして飲みたい!冷やさないとむしろ飲みにくい猛暑や酷暑の真夏はだいぶオンザロックのお世話になりました。

美味しい泡盛や美味しい飲み方はもちろん飲む人が決めればいいことです。お酒は嗜好品なので好きな飲み方で楽しめばいい。もちろんその通りだと思います。まわりがとやかくいうことじゃないのはわかってます。だからオンザロック、ストレートこそが泡盛の美味しい飲み方というのもいいんですけど、泡盛を広めようという視点からみるとこのイメージが付きまとうのはどうかなぁと思います。

まずは泡盛に対する勘違いをなくして、泡盛リテラシーを高めないと泡盛は広まらないんじゃないかなぁっていう独り言でした。

ソーダ割りで印象を変える

enderのソーダ割りで乾杯

泡盛とソーダを1:1で割っただけです。グラスの力もあると思いますがオシャレで洗練された雰囲気になってませんか?水割りだとまったりという感じなのに水をソーダに変えただけでキリッとした印象に変わるのは面白いです。泡盛のソーダ割りは家で飲むよりもバーで待ち合わせをする時にいいかもしれませんね。これから出動!って感じがして(笑)

確かに飲みやすくなるけど、ソーダ割りにすると泡盛本来の味わいがわかりにくくなるという意見もあるので、その辺はお好みで。

古酒だってソーダ割りで

これは古酒といってもジャスト3年の若手なので気負わずソーダ割りで飲んでいます。

古酒の強炭酸割りは刺激的

ちょっと気を使ったのは炭酸が強いものを選んだこと、強炭酸ってやってますよね。でも、はやっているかどうかは関係なくて、せっかく度数の高い(43度)古酒なので炭酸は少なめにしたい、でもしっかりシュワシュワ感を感じたいという理由で強炭酸を選びました。 

この画像だと全然伝わらないと思いますが本当に炭酸が強くて・・・炭酸を馴染ませるのに軽くかき混ぜただけで、シュワシュワとグラスから溢れるほどでした。混ぜるときは優しく、慎重に。

このおいしい炭酸水レモンは、ほんのりレモン味が付いているので古酒に少しだけレモンを絞ったような雰囲気も楽しむことができました。43度の古酒を強炭酸で割ると度数も高いし炭酸も強い。かなり刺激的な味わいになりました。     

酒造所で買ってきた白百合のグラスをヘビロテしてますがこの泡盛は白百合じゃありません。白百合の古酒ならさらに刺激度がアップしそうですね。

古酒は一般酒に比べてストレートやオンザロックで飲む機会が増えますが、若い古酒はそう気負わずに(無理せず)好みの飲み方で楽しめばいいんじゃないかというのが個人的な意見です。月並みな表現ですみません。

泡盛のお湯割りってあり?

常夏のイメージがある沖縄。沖縄のお酒ゆえに泡盛のお湯割りというのはイメージしにくいかもしれませんが、全然そんなことはありません。寒い日には泡盛もやっぱりお湯割りが一番、お湯割りにすると泡盛の魅力である甘く華やかな香りも一層引き立ちます。

普通のお湯割りじゃ物足りなくなったら酒タンポで燗をつけてみたり(熱燗)、いか徳利を使ってみたり。なにより身体の芯から温まるので冬はよくお湯割りを楽しんでいます。泡盛は水割りに限らず、お湯割りにしても風味を損なわないのびのいいお酒なので、初心者の方はまずは飲みやすくしてチャレンジしてみてください。

寒い日は泡盛のお湯割りがおいしい

「豊年古酒(35度)」・渡久山酒造を1:1のぬるめのお湯割りで楽しんでいます。

泡盛豊年のお湯割り

古酒を水割りやお湯割りにするのはもったいないと思うかもしれませんが、10年未満の古酒ならあまり神経質にならずに自分が美味しく思える飲み方で飲むのがおすすめです。もちろん20年・30年古酒となればやはりストレートやロックで飲むのがベターだと思います。20年を超える古酒と出会える機会は多くありませんが少なくとも僕はそうします。

寒いといってもさすがに沖縄じゃお湯割りは飲まないでしょ?と思うかもしれませんが、2017年の大寒波の時に沖縄に行ったときは一杯目から泡盛のお湯割りを飲んでました。大阪で着ていたコートは沖縄に着いたら持て余すだろうと予想していましたが、沖縄のあまりの寒さにコート手袋マフラーはしたまま、お店に入っても寒くてコートは脱げませんでした(笑)。ほとんどの沖縄のお店は暖房設備が付いてないのも理由です。

いか徳利で泡盛のお湯割りを味わう

お湯割りが恋しい季節なので今宵も泡盛をお湯割りでいただくとします。でもフツーのお湯割りじゃ味気ないので、ちょっとこちらに登場していただきましょう。

いか徳利と日本酒東光

いか徳利で泡盛のお湯割りとかいうといつもの悪ふざけか!!と思われそうですが(苦笑)、ふざけているわけではなくスコッチウイスキーの熟成にヒントを得た楽しみ方です。

スコッチの熟成には樽が使われますが、新しい樽では木香が付きすぎるためアメリカン・ホワイトオークでできたバーボン樽やスパニッシュ・オークで作られるシェリー樽が再利用されます。バーボン樽はバーボン・ウイスキーの熟成に使われた樽で、シェリー樽はシェリー酒の熟成に使われた樽のことです。

まっさらのいか徳利じゃイカの香りが付きすぎるおそれがあるので、事前に山形の銘酒、東光からの~出羽桜でたっぷり使い倒しておきました。

いか徳利と日本酒出羽桜

というわけで満を持していか徳利の登場です!これが意外や意外。いけるんです。言い訳がましくスコッチの熟成がどうとか書く必要もありませんでした。

泡盛のお湯割りをいか徳利と枡で楽しむ

大方の予想に反して美味しくなっちゃったのは

  • 出涸らしのいか徳利
  • ぬるめのお湯割り
  • フルーティで飲みやすいかりゆし

の組合せ故のなせる業かも。

でも、もしかすると美味しくいただけた最大のポイントはとってもいい香りのするこの枡だったりして。ま、泡盛の楽しみ方は無限大ですからね。

余談ですが・・・

「東光」・小嶋総本店は地元米沢の酒で祖父がいつも飲んでいたもの。正式には「精撰」といいますが祖父は「二級」という言い方をして「これが一番美味い」と言ってたっけ。祖父はお酒が好きで夏は冷酒、冬は熱燗で呑んでいた姿が目に焼き付いています。

お酒が好き過ぎるあまり町内の集まりに出掛けた時には隣の家の人に担がれて帰ってきたりと、飲み過ぎるのはヤバいぞと身を持って教えてくれたような記憶がありますが、我が身を振り返ると自分は大丈夫!と自信を持って言えないところが、血は争えないなぁという感じ(苦笑)

飲みすぎて担がれて返ってきた日の祖父の記憶がチラつくせいかこの酒に美味しいイメージがありませんでしたが、ようやく美味いなぁと素直に思えるようになりました。お盆に帰省した時にこの東光を見た父が「これが一番美味い」と言っていたので、自分もいつの日かそんな日が来るかもしれないなぁと思った夏の日でした。

お湯割りはありでも泡盛の熱燗はなし?

泡盛に限らず焼酎は一般的に燗をつけることはあまりやらないみたいですね。お湯割りにすれば燗酒の雰囲気を味わえるからでしょうか?ネットを見ていると燗をつけるのが面倒だからその簡略版としてお湯割りがあるということが書いてありました。

ただし、お湯割りはお酒に加水することになってその分アルコール度数が下るので、燗をつけると多少アルコールが飛んでしまうとしても厳密には燗をつけることとお湯割りにすることは違うという点が補足されていましたが、それは当然ですよね。

普段、僕が楽しんでいる泡盛のお湯割りはシンプルというかかなり雑な作り方です。

  • ①グラスの半分くらいまで泡盛を注ぐ
  • ②ぐらぐら沸いたお湯をひと呼吸分おいて冷ます
  • ③グラスを割らないように慎重にお湯を注ぐ

できたお湯割りの温度を計ってみたら54℃くらい。ちなみに常温で保管している泡盛の温度は18℃くらいでした。

菊水酒造株式会社のホームページによると、燗酒といっても温度によってかなり種類があるようです。 

  • 飛びきり燗 55℃
  • 熱燗 50℃
  • 上燗 45℃
  • ぬる燗 40℃
  • 人肌燗 35℃
  • 日向燗 30℃

この分類でいくと、いつも作っている泡盛のお湯割りは飛びきり燗の温度でした。道理で身体の芯から暖まるはずです。

泡盛を燗シテミル

泡盛に燗をつけて新しい雰囲気で泡盛を楽しむために酒タンポ(チロリ)と温度計を買いました。

業務用酒タンポ@遠藤商事
タニタの温度計

1:1の割合で前割りしておいた泡盛と水を酒タンポに入れてさっそく試してみます(泡盛の前割りも美味しいですよ!)。二合の酒タンポなので下のラインが一合、その上のラインが二合だと思います。下のラインまで入れると大体160~170mlだったので実際には一合に少し足りないぐらいですね。

泡盛の前割りを作っておきます

酒タンポをぐらぐら煮立った鍋に投入。

鍋でお湯を沸かしておきます

後は狙った温度で鍋から取り出すだけ。簡単ですよね。

泡盛に燗をつけているところ

40度のぬる燗を狙ったのですがあっさり超えてしまう。取り出すタイミングはなかなか難しいですね。日本酒の平均的なアルコール度数は15度くらいでしょうか?別に日本酒の燗酒に近づける必要はないんですけどアルコール度数30度の泡盛と水を1対1にすれば日本酒並みのアルコール度数15度の泡盛の燗酒の出来上がり。

泡盛の燗酒のできあがり
  • 口当たりは柔らかく甘い、そして後味は辛い

これが泡盛のぬる燗の感想でした。使う泡盛によって印象はだいぶ変わると思います。さてお湯割りじゃなくてわざわざ熱燗にする意味がある?と言われれば・・・ないです(笑)。でもこれもいろんな飲み方で泡盛を楽しむため。泡盛を楽しむためなら多少の無駄もなんくるないさ~

春雨を日向燗で楽しむ

日向燗はぬるめの30度(温度)です。「春雨」・宮里酒造所がじわっと身体にしみ込んでいくように酔いがゆっくりまわり、少しずつ身体が温まってきます。耐熱ではない普通のグラスでも気兼ねなく楽しめるのはぬるめの日向燗ならではですね。

夕飯は里芋と手羽元の煮込みにアジの南蛮漬け。これでまた1週間頑張れます。

泡盛春雨の日向燗

泡盛のお湯割りでさえ少数派なのにまして泡盛に燗をつけるなんてという感じですが、新しい雰囲気で泡盛を楽しむことができるので泡盛の燗酒おすすめです。

泡盛×シークワーサー

泡盛に入れる・搾る用にシークワーサー(和名ヒラミレモン)をさりげなくつけてくれる沖縄料理屋さんがあるくらい、泡盛とシークワーサーの相性は抜群です。泡盛が飲みやすくなるだけじゃなくあの酸味がいい仕事をしてくれます。ど定番から変化球までシークワーサーを使った泡盛のおいしい飲み方をご紹介します。

果実をそのままで

シークワーサーを2つに切って搾らずにそのまま泡盛の水割りにいれるだけ。じわじわやってくるシークワーサーの味わいをあせらずにゆっくり楽しむ。まずはこんな飲み方から。

シークワーサーを入れた泡盛の水割り

泡盛専用のシークワーサーです。

シークワーサー果汁もあります。これは泡盛専用シークワーサー「ゆるーりたいむ(沖縄時間)」。お店の方によると割り材ではなく使い方は泡盛にポタポタと2、3滴垂らすだけみたい。簡単ですがなんと500ml入り!

泡盛専用シークワーサアー「ゆるーりたいむ」

業務用やビーチパーリーとかで大勢で飲むなら活躍しそうですが、自宅用にはかなり多い・・・。だってポタポタですよ。確実に古酒になりそうです(笑)。気になったけどさすがに買えませんでした。でもこんな果汁があれば季節を問わずにシークワーサーを絞った泡盛を楽しむことができそうですね。

シークワーサージュースで飲みやすく

飲みやすさを求めるなら泡盛をシークワーサージュースで割るのがオススメです。これはシークワーサードリンクの阪神タイガースバージョンと泡盛を1:1で割っただけのなんちゃって泡盛カクテルです。

泡盛のシークワーサージュース割り

シークワーサーとは無関係ですが山形出身の僕が関西で暮らし始めて間もない頃、阪神電車で通勤していた時の話です。 

阪神電車の車内で阪神タイガースのユニフォームを着た人に、他の乗客が親しげに試合結果を尋ねるという場面に初めて遭遇した時は衝撃的でした。阪神間って都会だと思っていたけど、電車の中で知り合いが乗り合わせることも案外多いんだなと勘違いしていました(苦笑)

後で事情を理解した時は、車内に阪神ファンの一体感が生まれる雰囲気をいいなと思いましたが、面白いもので試合結果を尋ねてはいけない日はみなさん心得ているようで、そんな日は試合直後の電車にもかかわらずお通夜のような静寂さが車内に漂っていて、僕も息をひそめて家路を急いでいました・・・って阪神から思い出したどうでもいい話でした。

シークワーサーを凍らせて

凍らせたシークワーサーの実を氷代わりにする飲み方もありますが、今回凍らせたのはシークワーサージュースです。丸氷が作れる型で凍らせてみました。シークワーサーで作った氷に泡盛とでソーダを注いで軽くステアすれば完成です。

この投稿をInstagramで見る

泡盛マイスター 伊藤 薫@大阪(@awamori_meister.110)がシェアした投稿

シークヮーサードリンクで作った丸氷

氷をクルクルと回すと泡盛の温度が下がるのと同時にじわっとシークワーサージュースの風味がにじみ出てきます。

氷はシークヮーサージュースの泡盛のソーダ割り

1杯目を飲み終える頃には氷がほどよく融けているので、そこに追い泡盛をしてマドラーで氷を崩すとシャーベット状のシャリシャリのシークワーサー泡盛を楽しむことができますよ!

ちなみにシークワーサーを使った泡盛リキュールを凍らせるとこんなシャリシャリのシークワーサー泡盛を楽しむことができます。

シャリシャリに凍らせた泡盛仕込みシークワーサー

コラム|生搾りの果汁で久高島の記憶が甦る

これは久高島に泊まったときにお土産にいただいた生搾りシークワーサーです。

生搾りシークワーサー果汁と泡盛の水割り

果汁を少し入れた泡盛の水割りを飲むと久高島のイシキ浜で浴びた朝日の記憶が鮮やかによみがえってきました。

神々しい久高島の朝日@イシキ浜

久高島でバーベキューを楽しんだ夜や旅立つ朝に持たせてもらったお弁当まで。

神の島・久高島の夜
出発する朝に持たせてもらった手作りのお弁当

一泊だけでしたが久高島で過ごした時間は本当に特別な時間でした。なにもないけどなんでもあるという表現が似合う沖縄ですが、この言葉が一番しっくり来たのは久高島に泊まったときでした。久高島は日帰りで訪れる方が多いみたいですが島に泊まることもできます。僕らが泊まったのは久高島宿泊交流館です。機会があれば久高島での特別な時間を味わってみてください。

泡盛×シークワーサーはいかがでしたか?泡盛の水割りにシークワーサーをプラスするだけでも味わいも雰囲気も変わります。カットして果実をそのまま水割りに入れたり、果汁を搾ってしっかりとした酸味を味わうのもお好みで。果実、果汁、ジュースとバリエーション豊かに楽しむことができます。ぜひ泡盛ライフにシークワーサーで彩りをプラスしてみてくださいね!

泡盛×コーヒー

美ら燦々で作る泡盛コーヒー

泡盛のコーヒー割りを知っていますか?

ファミリーマートの泡盛コーヒーが話題になったので知っている方も多いかもしれませんが、沖縄では泡盛をコーヒーで割るのは一般的な飲み方です。ドリップ式やコーヒー豆から自宅で作る泡盛コーヒーまで泡盛コーヒーの楽しみ方をご紹介します。泡盛の牛乳割りも定番なので、濃く作りすぎた泡盛コーヒーはミルクを入れてカフェオレ風にどうぞ!

沖縄では定番!泡盛のコーヒー割り

コーヒーで割る泡盛の飲み方です。ルーツは2008年に久米仙酒造さんが発売した「泡盛コーヒー」と言われているようですが、はっきりとはわかりません。缶コーヒーなどで自分で割るだけでなくファミリーマートの泡盛コーヒーのようなプラカップをはじめ瓶やドリップ式のものまで商品化されています。

いくら定番だといっても泡盛マイスターが普通にコーヒーで割るのは面白くないので変化球的なものをご紹介します。これはアイスコーヒーで作った丸氷を入れた泡盛です。

アイスコーヒーで作った丸氷を入れた泡盛

氷をクルクルと回すと透明な泡盛に少しずつコーヒーの色がつくのをイメージしていたのに一気に色がつきました。苦味が強かったので珈琲と泡盛選びに改良の余地がありますね。

この投稿をInstagramで見る

泡盛マイスター 伊藤 薫@大阪(@awamori_meister.110)がシェアした投稿

こちらは逆バージョンと言っていいのか?牛乳で作った氷に自家製の泡盛コーヒーを注いでみました。

この投稿をInstagramで見る

泡盛マイスター 伊藤 薫@大阪(@awamori_meister.110)がシェアした投稿

のっけからとばしてしまった感があるので少し落ち着いていきましょう。こちらのヘリオス酒造さんの泡盛コーヒーは苦味→甘味を感じるブラックなタイプ。12度ですがアルコール味はしっかり目で家にあったくるみ黒糖と合わせてみたらベストマッチでした。

泡盛珈琲@ヘリオス酒造

半分飲んだところで友人が作る炭酸珈琲玄武を真似てペリエで割ってみたらあら不思議!軽快でドライな飲み口に変身したので泡盛初心者にも全力でオススメしたくなりました。やっぱりフツーには終われませんね(苦笑)

泡盛コーヒーのソーダ割り

泡盛焙煎コーヒーってなんなの?

だいぶ前になりますが国際通りにある琉球珈琲館で泡盛焙煎コーヒーを飲んだことがあります。

泡盛焙煎コーヒーとは?

言われてみれば泡盛の効果でしょうか?味わいに深みが増しているような気がしました。

泡盛焙煎コーヒー@琉球珈琲館

結局のところどの辺が泡盛焙煎なのかというと焙煎するときに泡盛をふりかけて作られているようです。お店には販売用の泡盛焙煎コーヒーもありました。

  • 菊之露
  • 暖流
  • 琉球
ドリップ式の泡盛焙煎コーヒー

これはお土産で買ったドリップ式の泡盛焙煎コーヒーです。アルコール分はほとんど蒸発しているようなので朝飲んでもたぶん大丈夫です。

泡盛焙煎コーヒー

自家製泡盛コーヒーの作り方

珈琲豆を泡盛に漬けて作る自家製泡盛コーヒーの作り方です。珈琲豆はどんな状態で泡盛に漬けるのか?2つのパターンを思いつきましたが、どちらがいいのか悩むのは時間の無駄なのでどちらもやってみました。

  • ①豆のまま
  • ②粗挽きにして

結論から言うと、粗挽きした豆は長く漬けると良くない香りが出るということがわかったので、本番では挽かずに豆のまま漬けました。ただ豆を泡盛から取り出すタイミングは間違えてしまいました。。

何事も経験ですね(苦笑)

2つの方法で漬けてみたときのレポートを紹介します。

  • 泡盛に対してどのくらいの珈琲豆が必要なのか?
  • どのくらいの時間漬けておけばいいのか?

わからないことが多かったので、お世話になっている珈琲焙煎師G氏に抽出に必要なコーヒーの量などを教えていただきました。ありがとうございました。

豆のまま泡盛に漬ける作り方

これは泡盛(30度)に漬けて2日経過したときの様子。

豆のまま泡盛に漬けてみた@2日目

このときは琥珀色の液体に浮く豆がはっきり見えていたので、部屋に飾っても絵になるかなと思っていましたが、気がつけばいい色というか濃すぎて中の豆が見えません。目を凝らしても中身がなにか見当もつかない。

豆のまま泡盛に漬けてみた@30日後

この状態でもうかれこれ1ヶ月になります。挽かずに豆のままで漬けるなら時間をかけてじっくり抽出したいと思っていましたが、1週間程度でしっかり色はついていました。最初は浮いていた豆が沈んだ頃がちょうど飲み頃という記述をネットでみたのですが、おそらく数日で沈んでいたと思います。

豆を30日間泡盛に漬けた泡盛コーヒー

飲んでみると雑味が半端ない、1ヶ月は漬けすぎですね。でも泡盛コーヒーは普通のコーヒーと比べると砂糖を入れていないのに甘さをしっかり感じました。泡盛コーヒーならではの味わいでしょうね。いくら休日でも朝からこの泡盛コーヒーを飲むのはやめた方が無難です。30度の泡盛をストレートで飲んでいるのと同じことなので(笑)

粗挽きした豆を泡盛に漬ける作り方

夏休みのアサガオ観察日記調になってますが粗挽きした豆を使って10日間その経過を観察してみました。

3月●日 泡盛にコーヒー豆を漬けてみた。どんなことになるのか?楽しみで今日はなかなか眠れそうにない。

粗挽きした豆を泡盛に漬けてみた

漬けたコーヒー豆はG氏お薦めのアイスコーヒーミックスの粗挽き。泡盛に豆をそのまま入れると飲む時にフィルターで濾さないといけないのでG氏のアドバイスでティーバッグに入れました。

ティーバッグに入れたコーヒー豆

3月●日 1日経過 だいぶ色がついてきた。色・香りはコーヒーだ。飲んでみると薄くてアメリカ~ンという感じ。

粗挽きした豆を泡盛に漬けてみた1日目

3月●日 2日経過 苦味が強くコーヒーの余韻を長く感じる。

粗挽きした豆を泡盛に漬けてみた2日目

3月●日 3日経過 所用で帰りが遅くなったので観察はお休み。遠目に見る限り変化はなさそうだ。 

3月●日 4日経過 苦味もさることながらアルコール味を強く感じる。味見のためにどんどん量が減っている(笑)少し味見の量を減らないと(汗)

粗挽きした豆を泡盛に漬けてみた4日目

3月●日 6日経過 アタックが強い。アルコールのピリピリ感がすごい。

3月●日 10日経過 香りというか臭いがすごい(らしい)自分じゃわからないけど早くなんとかしてくれ!と相方が声を荒げるほど。よくわからないけど泡盛コーヒーに何かが起きてる!?

粗挽きした豆を泡盛に漬けてみた10日目

10日間漬けていたのでコーヒーの苦味(雑味?)はありますが、泡盛の甘味はしっかり感じました。この見た目に騙されてコーヒーと思って飲むと足元すくわれますね、確実に(笑)

粗挽きした豆で作った泡盛コーヒー

自家製泡盛コーヒーの美味しい淹れ方

この泡盛コーヒーは珈琲豆を豆のまま1年半以上泡盛に漬け込んで抽出した自家製泡盛コーヒーです。泡盛は菊之露(一般酒)を使いました。

自家製泡盛コーヒー

ハンドドリップのようにフィルターで泡盛コーヒーを濾します。

泡盛コーヒーをフィルターで濾している様子

カップに入れた泡盛コーヒーに好みの度数(味わい)になるようにお湯を注いで完成です。

自家製泡盛コーヒーとFOCEのモンブラン

珈琲豆を泡盛に漬けていた期間が長いのでなかなかの苦味をかもし出しています。一方で時間の経過と共に泡盛はまろやかになり飲みやすくなってる気がします。自家製泡盛コーヒーと一緒にいただくのはFOCEのモンブラン。

FOCEのモンブランは見た目のインパクトが大なのでモンブラン好きとしては1回は食べてみないと!と買ってみました。昔、粘土を髪の毛に見立ててカットして遊ぶおもちゃがありましたがモンブランを見るたびに思い出します。それにしても上品なお味、中の生クリームは甘過ぎずちょうどいい。630円のお値段も納得してしまう上品かつ高級感漂う一品です。

泡盛コーヒーとモンブランの甘さとちょうどよくて、バランスがいいマリアージュになっております。ちなみに朝ではなく夜に飲んでいます。

食べ応えのある進化系泡盛コーヒー

泡盛コーヒーの新しいスタイルが閃きました!まずはアガーで自作した泡盛ゼリーを細かく刻みます。

アガーで自作した泡盛ゼリー

かなり無理すればタピオカに見えないこともないということで・・・

泡盛ゼリーをタピオカに見立てて

カットした泡盛ゼリーをタピオカに見立ててアイスコーヒーを注ぎました。これが泡盛コーヒーの新しいスタイル!泡盛ゼリー×アイスコーヒーです!

食べ応えのある進化系泡盛コーヒー

これが実に苦い(笑)。自作したゼリーが苦いのはわかってましたがコーヒーも苦かった(紙パックの無糖のもの)。牛乳を入れてみたけど味も見た目もあんまり変わりません。ここまで苦いと甘すぎるくらいの生クリームを浮かべるのもアリかもしれませんね。

カフェオレ風にした進化系泡盛コーヒー

番外編|YANBARUウオッカコーヒー

やんばる食いな!BOXに入っていたKIZAHAコーヒーさんの豆でウォッカコーヒーを作ってみました。

目指したのは割らずに美味しい味わいです。貴重な67度なのでそのままで飲んでみたいので割らなくても濃すぎない、かつソーダ割りにしても美味しく飲めるという、いいとこ取りなところを狙いました。ちょっと欲張りかもしれませんが。

これが丸2日間漬けた状態です。

コーヒー豆を漬けて2日目のYANBARUウオッカ

まだまだだなぁと思って余裕をこいていると一気に色が出ます。色が出るだけならいいのですが雑味も出ます。これが6日目の状態です。

コーヒー豆を漬けて6日目のYANBARUウオッカ

以前漬けたときは取り出すタイミングを失ってしまったので、その轍は踏まないように気持ち早めに取り出そうと決めていました。

67度なのでほんのちょっとずつしか飲みませんけど。ストレートで飲むと珈琲のほろ苦さとアルコールの甘味が口の中で爆発するような刺激的な美味しさがクセになるウォッカコーヒーが完成しましたことをここにご報告します。

ちなみに、瓶に入りきらなかった豆はビーカーでひと晩漬けて3日間乾燥させました。で、ミルで曳いて飲みました。

あわせたのは「まるた泡盛ねじねじ棒」というまるたの古酒が練り込まれているお菓子です。ここにもやんばるのおいしいのコラボが詰め込まれています。

まるた泡盛ねじねじ棒(中)とウオッカコーヒー(右)

コダワルと泡盛コーヒーはここまで美味くなる

「コーヒー泡盛」と「泡盛コーヒー」どっちが正解なのか?なんてことは気にせずに、ひと通り泡盛とコーヒーのアレンジを楽しんできました。泡盛をコーヒーで割る、珈琲豆を泡盛に浸ける、燗をつけた泡盛でコーヒーを淹れるなんていうこともやりましたね。

振り返ってみるとスタイルはいろいろ試してみましたが、この点についてはほとんど意識したことがありませんでした。   

  • どんな泡盛を使うのか?
  • コーヒーはどんなものを?

そこで、泡盛とコーヒーにこだわると泡盛コーヒーはここまで美味くなる!みたいなのを探ってみようと思った1回目です。

コーヒーは詳しくないので泡盛に特徴のあるものを持ってきました。樽貯蔵の泡盛「暖流(古酒・40度)」・神村酒造です。コーヒーの芳ばしさと樽貯蔵の暖流の芳ばしさを合わせたら面白いんじゃないかというアイデアです。 

樽貯蔵泡盛 暖流のコーヒー割り

芳ばしさのジャンルが違うので若干ぶつかり合うような感じもありましたが、お互いがカバーできない部分を補いあって芳ばしさが深まっていくようで美味しかったです。

  • 泡盛の度数を変えたら?
  • 酸味の強い豆にしたら?
  • 焙煎の仕方を変えてみたら?

と考え出すと面白いマッチングができそうです。泡盛とコーヒーの相性って想像以上にいいんだろうなと思えてきます。泡盛とコーヒーのコラボ(融合)について考えて、これがベスト!と思える組合せを探るブレンディングの会とか面白そうじゃないですか?と妄想中。

アウトドアにハマる!泡盛フルーツポンチ!

フルーツとサイダーで簡単にできる泡盛フルーツポンチはキャンプ、バーベキューなどのアウトドアシーンにハマります!

オレンジ、キウイ、苺、桃を使って泡盛フルーツポンチを作りました。シェラカップで飲むとよりキャンプらしい雰囲気が出ます。

泡盛フルーツポンチ@キャンプ

グループキャンプで作ったときはボウルを2つ用意して、1つは子供用にサイダーだけのノンアルのフルーツポンチを作りました。

泡盛フルーツポンチとノンアルコールのフルーツポンチ

泡盛フルーツポンチの作り方

カットしたフルーツ、サイダーと泡盛、それから大きめの器を準備します。作り方はまずは器に氷を入れて、そこに泡盛とサイダーを1対4ぐらいの割合で注ぎます(割合はお好みで)。

泡盛フルーツポンチの作り方

お玉でやさしく混ぜたら。

お玉でやさしく混ぜて

あとはグラスに取り分けるだけ、簡単ですよね?

泡盛フルーツポンチの完成

フルーツの彩りが涼しげだし、なんともいえず綺麗ですよね。

泡盛フルーツポンチ@阪急うめだ本店

フルーツがあるだけなのに泡盛がオシャレな雰囲気になりますよね。サングリア風に楽しむ雰囲気で女子会にも良さそうじゃないですか?泡盛イベントで特に女性に好評でしたので阪急うめだ本店で開催された「おいしい かわいい 沖縄展」の泡盛講座でご紹介しました。

おいしい かわいい 沖縄展@阪急うめだ本店

甘くない鉢割り泡盛

フルーツやサイダーを使うと甘くなりそう。甘いのはちょっと苦手という方には鉢割り泡盛をおすすめします。鉢割り泡盛はグラス毎にちまちま作らず大きな器で豪快に作る泡盛の水割りのイメージです。

豪快に愉しむ鉢割り泡盛

粋な感じでお祭りが似合いそうですよね。大勢でワイワイと飲めば盛り上がるのは間違いありません!こちらは泡盛フェスの久米仙酒造さんのブースの鉢割り泡盛です。同じような器に輪切りにしたライムが入っただけですがまた違った雰囲気。

ライムを入れた鉢割り泡盛

飲食店で提供するときに気をつけたいこと

自宅ではなく飲食店で泡盛フルーツポンチを提供するときには注意点があります。ご紹介した泡盛フルーツポンチのように飲む直前に混ぜる(混和する)場合は問題ありませんが漬け込む場合は注意が必要です。

というのは焼酎等に梅等を漬け込む行為は原則として酒類の製造に該当するからです。ただし、旅館等を営む者が宿泊客等に提供するため、いくつかの条件を満たす場合には例外的に酒類の製造に該当しないこととして酒類製造免許が不要となる特例措置が設けられています。

特例措置として認められるには、税務署に開始申告書を提出する必要があるのでこれを忘れないようにしないといけません。詳しくは国税庁のHP【自家醸造】をご確認くださいね。そもそも焼酎等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為はアルコールが20度以上のものに限定されているので、ワインに漬け込む行為は消費者が自分で飲むためであってもNGということになります。

最後は堅苦しい話になりましたが、言っておかないといけないことは言っておきます。飲む直前に混ぜるのは問題ないので泡盛フルーツポンチや鉢割り泡盛にチャレンジしてみてください。

泡盛をカクテルで楽しむ

泡盛カクテル58KACHA-SEA

蒸留酒の泡盛はカクテルベースにも最適です。泡盛カクテルはその名の通り琉球泡盛をベースにしたカクテルです。しまボールやアワモリ・トニック、58KACHA-SEAといったカクテルをはじめ、コンテストの受賞カクテルのレシピが掲載されているカクテルブックも発行されています。沖縄には本格的な泡盛カクテルを楽しむことができるバーもあります。

関連|自宅で簡単に作れる|おすすめ泡盛カクテル5選

二日酔い予防に!?泡盛ウコン酒

二日酔い予防に効果があるといわれるウコン。あまり効果がないような気がするのは過信してついつい飲み過ぎてしまうからという自覚がありますが(汗)、自家製のウコン酒から酒豪伝説やハブウコンといったサプリまでなにかとお世話になっています。

泡盛ウコン酒作りに挑戦

今から飲むぞという時にウコンを飲むのが億劫な時がありまして、かといって二日酔いは嫌だなぁと真剣に悩んだ結果、名案が浮かびました!

泡盛を飲みながら知らず知らずにクルクミン(肝臓に良いウコンの成分)を取るには、泡盛でウコン酒を作れば早いやん!というわけで早速、出張と絡めてわしたショップで秋ウコンをゲットしました。 こう見えて飲むことに関しては、せっかちなんです(笑)

わしたショップで購入した秋ウコン

秋ウコンと春ウコンがありますがクルクミンが多いのは秋ウコンだそう。まな板の上の秋ウコン。見れば見るほど奇妙奇天烈な形ですよね。

まな板の上の秋ウコン

ここからは相方の協力を得て皮を剥いて切り分けます。太い部分は皮を剥いて細い方は皮を残しました。

皮を剝いた秋ウコン
細い部分はあえて皮を残して

数日間放置したら乾燥が進んでかっさかさです。サイズも半分ぐらいに小さくなりました。後は泡盛に漬けるだけ。

数日間乾燥させた秋ウコン

どの泡盛に漬けるかをああでもないこうでもないと悩んだ挙句、アルコール度数51度の泡盛の原酒にしました(正確には泡盛ではなくスピリッツです)。51度にしたのは30度よりもなんとなくクルクミン成分が出やすいんじゃないかという素人考えです(苦笑)

いくらウコンが二日酔いに効くとはいっても51度の原酒が相手では、ちとウコンの力を過信しすぎでしょうか?只今、うっちんパワー充電中!

完成したウコン酒

ウコン酒は本当に効くのか??

2年間熟成させた自家製のウコン酒

すっかり忘れてしまっていたウコン酒。あれから約2年経っているのでうっちんパワーの充電がそろそろ完了しているはず。2年前と背景が違うので分かりにくいかもしれませんが、色は濃くなっているしウコンの体積も倍ぐらいにふやけていてクルクミン成分が出切った感があります。

小学校の理科室にあった標本を彷彿させます。このウコン酒に使ったのはアルコールが51度の泡盛の原酒なので、ほぼほぼ標本と同じかも(笑)

2年間泡盛の原酒に漬けたウコン

さて秋ウコンを泡盛の原酒に浸けただけなのでなんとなく味は想像できちゃうわけですが、どんなお味になっているんでしょうか???早速いただきます!!

自家製のウコン酒をテイスティング

う~ん・・・。

う~ん・・・。

すごく効き目がありそうなのは確か。国際通りにある沖縄料理店でいただいた自家製の島にんにく酒は身体に良さそうだったし味も美味しいなぁと思うのですが、これは良薬口に苦しのパターンかも。

ストレートじゃなくて水割りやソーダ割りとかで飲みやすくすれば良かったかなとも思いますが、もうしばらく寝かせておく事にします。30年物なのに誰も飲みたがらない古酒を目指して。それでも飲んでみたいっていう人っているんですよね、間違いなく(笑)

ウコン酒は二日酔いに効果があるか?と問われれば間違いなくあると思います。苦すぎて杯が進まないので(苦笑)

これこそがリアルウコン

外で飲む時は「REALウコン」のお世話になることも多いのですが、家飲みはもっぱらオサレな瓶で収納しているそのまんまのウコンを飲んでます。ちなみにこの瓶は何故かウコンとはまったく関係のないアルザス産ラズベリーとスミレのジャムの空瓶でした。

ウコンの粉

飲むときはこんな感じにスプーン一杯ぐらいを一気に水で流し込みます。一気じゃないとむせがち。

これこそがリアルウコン

このウコンを飲む時にいつも思うことがあります。ウコンって昔懐かしい永谷園のふりかけ「カレー教室」の匂いそのまんまだなってこと。ウコンの英語名はターメリックだから、カレーに入っていても当然なんですが。

でも「カレー教室」のことを同世代の相方に言ってもまったく知らないって言うんですよね。ザ・ドリフターズがCMをしていて知らない筈はないんですが、まさかカレー教室は関西では売ってなかったんでしょうかね?

おすすめウコン7選!

ウコンもいろいろ

ウコンってお酒が弱い人の味方のようなイメージなのに、弱い人がウコンを飲んでいるのをほとんど見たことがないですね。むしろお酒が飲める人が二日酔いになりたくないから、気合いを入れるために飲んでいるイメージがあります(笑)

僕がよくやってしまうのは、ひとしきりお酒を飲んで満足した時に「あ!ウコン飲むの忘れてた!」と思い出して、慌ててウコンを飲むこと。一袋にウコンの粒が10粒ぐらい入っているので、そんな時に一緒に飲んでる人から「ひと粒頂戴!」って言われるんです。

大の大人がたったひと粒のウコンをやりとりするのもナンなので「半分あげますよ」なんてやりだしたら、床にひと粒、ふた粒落としたり。そんなこんなで、ウコンを飲んでも二日酔いってパターンが時々あります。

いやこれは詭弁かも・・・単なる飲み過ぎですね(苦笑) 

  • 琉球 酒豪伝説
  • お酒上戸
  • 酒呑隊
  • 酒豪秘伝
  • ハブウコン
  • 結花
  • 醗酵ウコン粒

ウコンの種類も色々で、これはお酒上戸という名のウコン。

お酒上戸

「上戸」というのは「下戸」の対義語で意味はお酒をよく飲む人、酒に強いというところでしょうね。それならウコンは必要なさそうですが、やっぱりウコンを飲んでさらに飲みたいってこと?ww

酒飲みたいっ!

間違えました。正しくは「酒呑隊」でした。

酒呑隊

琉球王朝秘伝のウコンです。心の声が出ちゃったわけではありません(笑)

こちらはなにかとお世話になっている「酒豪伝説」。パッケージが変わったのかと思ったら違いました、これは酒豪秘伝でした。

酒豪秘伝

酒豪伝説はこっちですね。色も形も全然違いますね。人の記憶っていい加減ですね~(笑)

琉球 酒豪伝説

初めて見るウコンかな?と思ったら、これはパッケージが新しくなったハブウコンでした。

オリエンタルラジオのハブウコン

これは吉本興業のよしもと47ご当地市場プロジェクトの一環で比嘉製茶と吉本興業がコラボしたもの。オリラジがキャラクターで「夜の武勇伝をつくろう!」とは・・・ナイスなセンス(笑)。それにしてもハブウコンって名前だけで、でーじ(すごく)効きそうですよね。

ハブウコン

これは友人のウコン王子がプロデュースした結花です。おじさんは飲むのをためらうくらいに可愛らしいデザインです。

結花

今日からはホーム&アウェイでの怒涛の5連戦って単なる飲み会の話です。最近は多くても飲み会は週に1、2回だったので5日連続となると90分間ピッチに立っていられるのかが気がかり。中日(休肝日)が欲しい所ですが、試合のスケジュールは変えられません。

それよりも心配なのはイエローカードの累積で次の試合に出場できないんじゃないかということ。レッドで一発退場もありえますが・・・。そんなことにならないように、試合前にこっちのイエローをもらっておきましょうか(笑)

醗酵ウコン粒

雪国にしかできない泡盛の楽しみ方

年末年始は山形(米沢市)の実家に帰省するのが恒例行事です。山形には美味しい日本酒がたくさんありますが、雪国ならではの泡盛の楽しみ方について考えてみました。

雪国にしかできない泡盛の楽しみ方

雪の中で冷やす

真冬の山形は暖房をつけていないと家の中でも凍える位に冷えます。子供の頃は水道が凍って水が出ない日もあったので、コンタクトを使い始めた頃は保存液が凍るんじゃないかと心配してました。家の中でも十分冷えますがせっかくなので雪で泡盛を冷やします。柔らかい新雪なら上から雪の上に落とします。

雪の中のさんご礁

ちなみにこのさんご礁は沖縄旅行で父が勝手山形に持ち帰ったものです。父にとってはじめての沖縄旅行だったので首里城や美ら海水族館、斎場御嶽などメジャーな観光スポットも行きましたが、泡盛の酒造所見学という少しばかりディープな観光スポットにもいくつか巻き込みました。

ところが意外や意外、気にいったのかそれぞれの酒造所で泡盛を買い求め、僕は全くすすめていないのに結局、山形に持ち帰った泡盛は四合瓶が4本。無料で見学させてもらうのは悪いなぁと思ったのかもしれませんが。もしかすると数年後には山形県民の親子泡盛マイスターが誕生することもあったりしてなんて、血は争えませんからね~

天然の冷蔵庫で冷やす

雪が多い年は天然の冷蔵庫で冷やします。

天然の冷蔵庫で冷やした請福ゆずシークヮーサー

日が落ちて辺りが暗くなる頃にはたまらないくらいにキンキンに冷えています。

キンキンに冷えた請福ゆずシークヮーサー

天然の冷蔵庫というのは雪国名物のかまくら。人工的に造るので天然どころかかなり大変です(苦笑)

天然の冷蔵庫はかまくらです

この年は大雪だったので過去最高に大きいかまくらが完成しました。

過去最高に大きなかまくら

サイズ感がわかりにくいかもしれませんが、中でおじさんが横になって寝れるくらいに広いです(笑)

かまくらの中は大人が横になれます

雪で冷やす

雪を握って丸く固めて氷のように泡盛の水割りに浮かべて冷やします。ここまで思いつきましたがさすがにやりませんでした。小学生の頃にふざけて雪を食べたことがありましたが酸性雨が話題になった頃なので隠れて少しだけ食べた程度です。そのときの記憶で雪は汚いというイメージがあるのでこれは水を入れたグラスに雪を浮かべてみただけです。いまどき酸性雨なんて聞かないので雪も綺麗なのかもしれませんが。

水を入れたグラスに雪を浮かべてみた

飲むのは家の中がいい

大きいかまくらなら中で泡盛が飲めそうですが高さがないのでちょっと厳しいです。それにかまくらの中は外に比べて暖かいといっても泥酔して寝落ちしてしまうと凍死の危険があります。

真冬に暖房が効いた家の中で冷えたお酒を飲むのが年末年始の醍醐味だと思うので飲むのはやっぱり家の中に限ります。請福ゆずシークヮーサーはアルコール度数が10度なのでロックにするよりもそのまま冷やして正解でした。シークヮーサーのしっかりした酸味が食欲をそそります。米沢名物の鯉の甘煮との相性もバッチリ。

請福ゆずシークヮーサーと鯉の甘煮

オトーリという恐ろしい泡盛の飲み方がある!?

泡盛好き・沖縄好き、中でも宮古島好きなら一度は耳にするであろうオトーリ(おとーり)という泡盛の飲み方があります。僕自身はまだその洗礼を受けていませんが、宮古島へ旅行したときに体験された方も多いのではないでしょうか?

夜のトライアスロンと恐れられたり、オトーリがきっかけで泡盛が苦手になったという話も聞くので、今日までオトーリを避けて生きてきました(笑)。体験したことがないので本から得た情報が中心になりますが、宮古島名物オトーリについてまとめました。

オトーリとは?

オトーリとは宮古島独特の泡盛の飲み方です。飲み方は書籍によって内容がまちまちなので、もっとも信頼できそうな「おとーり 宮古の飲酒法」に紹介されている【おとーりの標準タイプ】というものを記載しておきます。

【オトーリの標準タイプ】 
親がグラスに酒を注ぎ、口上を述べた後、グラスの酒を飲み干す。この後、親はグラスに酒を注いで、そのグラスを一人一人に順序よく差し上げる。会場(車座)にいる全員が一通り終わったら、親は最後に終わった方から酒を注いで貰う。親はそのグラスを持って、協力に感謝を申し上げるとともに、「〇〇さんにつなぎます」と言ってグラスの酒を飲み干す。以下、宴会が続く限り親を変えて延々と続ける。 

おとーり 宮古の飲酒法

飲み干すときは一気に飲み干すようです。僕らの学生時代なら一気飲みはまだ馴染みがありましたが(肯定しているわけではありません)、今はパワハラ、アルハラと言われたら即アウトでしょう。時代の流れにそぐわない飲み方なのかもしれませんね。

ちなみにオトーリは神様にささげたお酒(泡盛)を少しでも多くの人で分かち合うために回し飲みにしたことが、その起源といわれています。自立しないおちょこや、底に穴が開いていて手で塞いでおかないとお酒が漏れてしまうおちょこ。こういったおちょこでもこの手の話は聞いたことがあるので、宮古島以外にも似て非なる飲み方はあるのだろうと思います。

余談ですが、「沖縄の歴史と旅」という本に「同じ沖縄でもハブのいる隣の石垣島にはオトーリの習慣はない。」と書かれていました。オトーリは、飲みすぎて酔いつぶれてしまってもハブを気にしないで済む宮古島ならではの泡盛の飲み方なのかもしれないなと思いました。

オトーリにまつわる都市伝説

  • 宮古島には「中学生のオトーリは止めましょう」という立て看板がある
  • 宮古の人は2人集まるとオトーリを回す

島なので都市伝説というよりは逸話という表現の方が適切かもしれません。そして、オトーリにまつわる有名な逸話といえばこれ。   

オトーリがきっかけになった過剰飲酒によるトラブルや未成年の飲酒による交通事故に端を発して、上野村議会でオトーリの廃止決議をしました。そして、その夜に良かった良かったと決議を祝って・・・オトーリを回したという話。 

マジでありえそうだけど(苦笑)。本当のところはどうなんだろうと前から気になっていましたが、「沖縄島々旅日和 宮古・八重山編」に真実が書かれていました。

「その日にオトーリ回したなんて、言語道断、そんなことあるわけないだろ!」 
by当時の上野村村長・芳山弘志氏

沖縄島々旅日和 宮古・八重山編

やっぱり話が盛られていました(笑)。これが事実なら沖縄のおおらかさを表現するには、これ以上ないエピソードだったんですけどね。

「他村の人たちが面白おかしくひやかして、そういう噂が広がったんだよ」ということらしく、少し残念ですが事実とは違ったみたい。

昔は1回まわすスタイルだったものが、どんどん回数が増えてしまって夜のトライアスロンといわれるような現在のスタイルになったみたいですね。ちなみに中学生のオトーリは止めましょうという看板と、2人でもオトーリを回すという話、こちらはどうやら本当みたいです。

オトーリの専門家|オトーリ回士とは?

平成12年から宮古島安全飲酒推進協議会(任意団体)が宮古島オトーリ回士認定証を発行しています。これまでに認定された方は国県市町村の職員、宮古島トライアスロンの関係者、宮古島出身の著名人の方など。宮古島にはオトーリ憲法やオトーリ前口上大会もあるようです。

オトーリ用の泡盛とオトーリグラス

オトーリで飲む泡盛のアルコール度数は一般的に8~10度で市販されている泡盛を水で割って作ります。こちらはオトーリに適した10度の多良川さんの「のみごろひやさっさ」。メーカーさんによるとオトーリ専用というわけではないようですがエニタイムオトーリっていう感じ。宮古島のメーカーじゃなければ何も思わないんですが、たぶんオトーリ用ですよね(笑)

のみごろひやさっさ 10度@多良川

こちらはオトーリ用のグラスです。

  • 左|パーントゥのオトーリグラス
  • 右|菊之露の80th記念のオトーリグラス

このパーントゥのオトーリグラスは相方が自分用のお土産に宮古島で買ったものです。家で使っているのを横目に何食わぬ顔をしてましたが、実はかなり羨ましいんですよね(笑)。ちなみにパーントゥというのは宮古島の泥の神様です。2018年に秋田県の男鹿(おが)のナマハゲとともにユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産登録が決定されて話題になりました。

オトーリ用のグラス

オトーリではグラスに注ぐ泡盛の量は飲む人の意向を確認してから注ぎます。ここまで!と申告しやすいようにグラスには4本のラインが引かれています。

オトーリグラスの4つの目盛り

パーントゥのグラス(左)には 

  • やまかさ
  • ずみ
  • なから
  • いぴっちゃ

菊之露のグラス(右)には

  • ぷーきて
  • からっと
  • らっきー
  • すっきり

の4本の線。沢山飲みたい人はやまかさ、少なめにして欲しい人はいぴっちゃと申告するための線です。菊之露のオトーリグラスは一般的な泡盛のグラスよりもひとまわり小さく、すっぽりと中に入るのでオトーリをするなら菊之露のグラスが安心です。

ひと回り小さな菊之露のオトーリグラス

いつかは体験しなければと思いながらオトーリを体験しないままに今日まで来ました。それなのになぜか菊之露のオトーリグラスは7つ持っています。

菊之露80th記念オトーリグラス

知れば知るほどに恐くなるオトーリ。だから恐いもの見たさよりも恐いが勝っていますが、そろそろオトーリの洗礼を受けることになりそうな予感が・・・。

数値で知る|節度ある泡盛の飲み方

泡盛は飲み飽きないので気がついたら長い時間飲んでしまいます。特に沖縄旅行中に飲むときは終電という概念がないし、〆のステーキという文化もあったりしてついつい朝まで飲んでしまうこともありますが、当然ですが泡盛にも適量はあります。

泡盛に限らずお酒のあるコミュニケーションはとても楽しいもの。楽しいがゆえに普段よりもついつい沢山飲んでしまうわけですが、度数の高いものが多い泡盛は気がつかないうちにお酒の適量を超えてしまっているかも?1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう?と、ふと思い調べてみました。

節度ある適度な飲酒とは?

1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう? 

ふと思いついて調べてみました。厚生労働省のサイトの「健康日本21」のページを見ると節度ある適度な飲酒というのは、1日平均純アルコールにして20グラム程度のようです。

純アルコールで20グラムといわれても??って感じですよね。主なお酒なら・・・ 

  • ビール(5度)なら500ml(20g)
  • 清酒(15度)なら180ml(22g)
  • ウイスキー(43度)なら60ml(20g)

というのが、純アルコール20グラム程度の量になります。泡盛の一般酒(30度)なら90mlくらいってことになりますね。気になるのは自分が普段飲んでいる泡盛の量、自分では適量だという自信がありますが、果たしてどうなんでしょうか? 

普段の家飲みを検証してみる。

東京泡盛パーティーでもらったグラスに、これまた泡盛マイスター技能競技大会の副賞でもらった泡盛(43度)を2.5センチくらい入れて作る水割りが普段の家飲みのスタイル。泡盛の量はだいたいこのぐらいです。 

普段の家飲みの泡盛43度の量

この水割り1杯だけなので文字にすると少ないくらいに感じますが、43度の泡盛が70ml位入っている計算なので同じ度数のウイスキーと比較してみると少しですが適量をオーバーしているんですね。これはあくまでも家で飲む普段の量なので飲み会で泡盛の水割りを2杯、3杯と飲むと完全に適量をオーバーしてしまっているんでしょうね。。。

ちなみに「健康日本21」では多量飲酒者の減少が目標に掲げられています。 

  • 多量飲酒者の定義|1日に平均純アルコールで約60gを越え多量に飲酒する人 

1日平均なので毎日60グラムという意味だとは思いますが、泡盛の水割り3杯で純アルコールで60グラム。飲みすぎない節度ある泡盛ライフを楽しみたいですね。自戒を込めて。

コラム|アルコールじゃない泡盛依存症なんだ。

とうとう相方からアルコール依存症の疑いを掛けられてしまいました。

ことの発端は「月報 司法書士」という雑誌。なんの因果か相方が偶然開いた頁にあった「司法書士のためのアルコール依存症の理解と援助」という記事を見て確信を持ったようです。問題の個所はアルコール依存症の診断について書かれたこちらの記述です。

診断は行動面、精神面、身体面という3つの次元からなる以下の症状を根拠にしてなされる。

  • ①行動面の変化
  • ②精神面の変化
  • ③身体面の変化

中でも、②精神面の変化が最も重要なんだそうです。

②精神面の変化:飲酒コントロールの障害、衝動的な飲酒要求(渇望)、飲酒中心の思考(いつも酒のことばかり考えている)が認められる。

司法書士のためのアルコール依存症の理解と援助

確かに・・・。週3日はブログのためにほぼ毎日泡盛のことばかり考えている(苦笑)(この記事を書いた2012年11月当時)

俺は精神的な依存症だ!と突っぱねましたが「そもそも依存症は精神的なものじゃないか!」と返されました。当然ながら自分はいわゆる依存症とは違うという自信がありますが、依存症患者の自覚というのはそういうものだそうです。くぅ~。

引くに引けない状態になり、記事をとりあえず頭から読んでみました。すると、どのくらい飲むと依存症になるのか?ということにも触れられていて、

「日本人男性であれば、毎日日本酒換算で3~4合のアルコールを10年間摂取し続ければ、多くの人はアルコール依存症の状態を呈する」

司法書士のためのアルコール依存症の理解と援助

ということらしいです。毎日はともかく飲み会ならこのぐらいの量は飲んじゃいますよね~。司法書士事務所を開業して以来、

  • 勉強会とか
  • 異業種交流会とか
  • 単に今日は飲みたいとか

いろいろな理由を口実に飲みに繰り出していました。意識してセーブしようと思わなければ、週に3日ぐらいは外で飲むこともごく普通という状況になっていました(それでも周りに比べれば僕なんかまだ少ない方だと思っているのですが・・・)

怖いもので、こういう生活をしていると、いつの間にか夜はなにかに参加しなければいけないような気がしてくるわけです。自営業たるもの家でのんびり夕飯を食べてちゃイカンというような気になるわけ。無理して参加しなくてもいいのは頭では分かっているのに、参加しないとなにかがダメになるような脅迫観念からお誘いがあれば深く考えずに参加してしまう。こういうのも一種の依存状態でしょうね。

ところが最近は諸事情により飲み会の参加は極力控えています。自営業たるもの日々活動(飲みニケーション)をし続けなければいけないという呪縛から逃れて、飲み会の参加をゼロベースで考えることが偶然にも出来るようになりました。

考えてみれば、飲めない方はアルコールなしで飲み会(懇親会)に参加されているわけなので、参加しても飲まなきゃいいって話も(苦笑)。飲みに行かなくなったからといって、何か不都合が起きているのかといえば・・・あるような?ないような?

泡盛マイスターとしては、やっぱり飲み過ぎはよくないです。人付き合いと一緒で、お酒とも長く良い付き合い方をしたいものですね。

【追記】コロナ禍でこの辺の価値観は一変しました。家で夕飯を食べていてもその後オンラインでのミーティングやらzoom飲みやらで忙しいです。どんなときでも貧乏暇なしですね(苦笑)。それにしても移動しないでイベントに参加したり主催できるのは大きな価値ですね。イベント会場まで重たい泡盛を担いで片道1時間半とかありましたもん。いつの間にか移動時間と交通費はバッサリと削減できるようになりました。

参考文献

おとーり 宮古島の飲酒法

おとーり 宮古島の飲酒法
ぷからすゆうの会 2005年3月

沖縄の歴史と旅

沖縄の歴史と旅
陳 舜臣 PHP研究所 2002年4月

沖縄島々旅日和 宮古・八重山編

沖縄島々旅日和 宮古・八重山編
コーラルウェイ編集部 新潮社 2003年4月