遺留分(いりゅうぶん)制度が変わると中小企業の世代交代がやりやすくなりそうです。

相続のご相談を受けていてよく感じること。 遺留分という言葉は皆さんよくご存知のようです。 テレビ、雑誌等で相続・遺言の特集が組まれることが多いからでしょうか。 遺留分(いりゅうぶん)は、 兄弟姉妹を除く法定相続人に認めら…

40年ぶりの法改正で相続が変わる!郵便局で無料相談開催中!

相続に関して40年ぶりに法改正がありました。 例えば・・・ 自筆証書遺言は全文を自分で手書きしなければ いけなかったのですが、改正によって 財産目録についてはパソコンで作ったり登記事項証明書や通帳のコピーを別に添付する方…

相続発生後にこっそり預金を引き出しても無駄。法律が時代に追いついてきた。

法律の世界での常識には一般的な感覚とずれてしまっていることも多いです。 何十年も前に作られた法律がもとになっているし、だからこそ改正されるわけですが。 生前に贈与を受けていた長男が遺産の分割前に、密かに預金を引き出したと…

居住権と所有権にわけて自宅を相続できるように変わります(配偶者居住権)

今回の相続法の改正では配偶者の住まい(居住権)を守る仕組みができました。 大きくはこの2つにわかれています。 遺産分割が終了するまでの比較的短い期間 ある程度の長期間 今回は長期間の方の配偶者居住権についてざっくりと改正…

自筆証書遺言は仏壇に保管しないで法務局に預けましょう!

相続のご相談で自筆証書遺言を法務局で保管する制度が始まりますと、ご紹介したら・・・ いくらくらい掛かりますか?と聞かれて、まだ決まって・・・と、しどろもどろになってしまった司法書士の伊藤です(笑) 調べてみると手数料につ…

もう葬儀費用の引き出しで困らない。預貯金の仮払い制度とは?

負動産なんていう言葉が普通になりつつあるご時世なので、相続できるなら遺産はなんでもいいなんていう時代じゃないですよね。 できることならやっぱり現金ですよね(笑) 不動産とはまた違った理由で悩まされそうなのが美術品・骨董品…

配偶者が相続で優遇されるようになります。そのためには日頃から大事にしないとね。

今回の改正では相続人同士の仲がよくない場合を想定して配偶者の住まいを守る仕組みもできました。 離婚、再婚が増えていることに伴い配偶者といっても相続人である子供と血縁関係のないケースが増えていることは想像できますよね。 も…