【初心者向け】遺言書を書こうかどうか迷ったときに読むページ。

遺言書講座

遺言書や相続に関係するニュースを読んだり、まわりから相続の手続きが大変だったという話をよく聞くので・・・

  • 自分も遺言書を書いておいた方がいいかな?
  • 書き方なんてよくわからないなぁ
  • エンディングノートがあるからあれに書いておけばいいか? etc

わからないことだらけで不安を感じている方に向けて、相続に関する相談実績1,000件以上の相続専門司法書士・行政書士が書きました。

わかりやすさを意識して専門用語をできるだけ使わないようにしていますが、最新の情報や相談の現場から得られた知見にもとづいて書いていますので安心してお読みください。

目次【本記事の内容】

遺言書の入門知識編|まずはここから

遺言書を書いてみようと思ったら遺言書の基礎→相続の全般知識を理解するのがおすすめです。この2つの記事を読むことで、遺言書の基本的な知識を得ることができます。さっそく見ていきましょう。

  • 遺言書とは?
  • 遺言書で出来ること
  • 遺言書とエンディングノートとの違い

遺言(ゆいごん、いごん、いげん)とは、日常用語としては形式や内容にかかわらず広く故人が自らの死後のために遺した言葉や文章をいう。日常用語としてはゆいごんと読まれることが多い。このうち民法上の法制度における遺言は、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示をいい、法律上の効力を生じせしめるためには、民法に定める方式に従わなければならないとされている(民法960条)。

ウィキペディア

ウィキペディアではこのように紹介されています。読み方は「ゆいごん」でも「いごん」でも好きに読んでいただいてOKです。本記事では民法で定める方式の遺言について書いています。

遺言書の有無による相続手続きの違い。

相続の名義変更の手続きをするときに、遺言書がないとき・あるときでシンプルに言うとこんな違いがあります。

  • 遺言書がないと相続人全員で遺産分けの話し合いをする必要がある
  • 遺言書があると話し合いは不要なので手続きが早い

適切に作成された遺言書があれば、原則は遺言書に書かれている通りに手続きができると思ってください。例外は後で説明します。

遺言書がないと遺言書がある場合に比べて時間がかかる理由は2つあります。

  • ①相続人を把握するために【 亡くなった人の生まれたときから亡くなるまでのすべての戸籍 】を集める必要がある
  • ②遺産分けについて【相続人全員】で話し合いをする必要がある

ここまで読むと遺言書を書いておく方がよいと思いますよね。遺言書を書くには時間や手間、さらに費用がかかる場合があります。

遺言書の本質|まずはここを理解しましょう

家族が揉めないように遺言書を書いておくのもよいでしょう。あげたい人に遺産をあげるために書くのもよいと思います。もちろん遺言書を書かないのも自由です。

  • 遺言書を書くのも自由
  • 遺言書を書かないのも自由

要するに遺言書の本質は、 自分の最期について自分で決めることができるものです。

決める前に最低限押さえておきたいこと。

やるか・やらないか。書くか・書かないか、遺言書に限ったことではありませんが決める前には最低限の正しい知識で判断したいものですよね。

完璧に調べてから決めようとすると、いつまで経っても決めることができないので、大きな判断ミスをしない程度の知識という意味での最低限ということです。

例えば、遺留分(いりゅうぶん)について何も知らずに遺言書を書いても、遺言書としては有効ですが、遺留分減殺請求を受ける可能性があるので必ずしも遺言書に書いた通りになるわけではありません。

最低限の正しい知識をもとに、こうならないように気をつけてくださいね。

  • テレビや雑誌の情報を鵜呑みにする
  • 友人知人から聞いた話を自分に都合よく解釈する

専門家がTVで話している内容を鵜呑みしたり、友人知人から聞いた話を自分にも当てはまると思い込む。すべて相談の現場で目にする、あるあるです。

友人から相続税の申告を自分でやったと聞いたから、じゃあ私も自分でできると思い込むといった感じ。素人の知識ほどあいまいで危険なものはないと思うのですが、関係性の近い人からの情報は疑いもせず自分にも当てはまると信じてしまう。

結果、失敗する。

また相続に関係する法律が改正されているので、わかったつもりになっている知識が既に過去のものだったりすることがあります。

僕たち専門家であっても勉強を続けていないと改正内容を十分に把握できていないこともありますので(汗)、法改正の有無は気にしておく。

最低限の知識としてこの辺はおさえておきたいですね。

40年ぶりに相続が変わる。 常識が変わる。

自筆証書遺言の書き方のルールが変わって作りやすくなりました(2019年1月13日から)

遺言書を作っても絶対に火種は作らない。

遺言書は書いてもいいし、書かなくてもいいものです。

相続の現場で遺言書が特に必要ないご家庭を沢山見てきました。必要がないというのは遺言書を書いておかなくても問題はおきないという意味です。

一方で遺言を書いておかなかったばっかりに大変なことになったケース、へたな遺言を書いたせいで家族が揉めてしまったケースもありました。

遺言書のせいで自宅を差し押さえられてしまったXさんのケースから、遺留分を無視して書いた遺言書の本当の怖さを知りました。

遺言書を作るなら遺言書を相続トラブルの火種にしない、これは大切なことです。

遺言を書いておかないと危険なケースもある。

遺言書を書いておかなくても特に問題が起きないであろうご家庭が大部分だと認識しています。一方で遺言書を書いておかないと危険だなと思うケースも多々あります。

突然ですが遺言書クイズです!

この中で遺言書を書いておかないと危険(問題が起こりそう)なケースはどれでしょう?

  • ①愛人との間に子供がいる
  • ②再婚しているが前妻・前夫との間に子供がいる
  • ③内縁の妻・夫がいる
  • ④亡くなった子供の妻・夫が親の面倒を見てくれている
  • ⑤兄弟が疎遠・仲が悪い
  • ⑥子供がいない

正解は①から⑥の全部です。

①から③は迷うことなく遺言書を書いておいた方がいいと思う人が多いですよね。

④は子供の妻・夫は養子縁組をしておかなければ相続人にはならないので、財産を渡したければ遺言書を書いておく必要があります。

⑤は親の相続の場合は、相続人である子供達の仲が悪いということなので揉める可能性が高いでしょう。遺言書があっても揉めるような気もします(汗)

⑥は一見すると結婚していれば相続人は配偶者だけで、問題は起こらないように思えますが、子供がいない場合の相続人はこうなっています。

  • ①配偶者と亡くなった方の両親もしくは祖父母
  • ②配偶者と亡くなった方の兄弟姉妹

両親もしくは祖父母(尊属といいます)が亡くなっていれば、兄弟姉妹の順番で相続人になります。

問題は起こらなそうですか?

揉めるかどうか以前に、家族の相続の話に他人が入ってくるような感じがしますよね。

私は大丈夫。配偶者の両親や兄弟姉妹とも仲良くやっていると思っているかもしれませんが、配偶者あっての関係でしょうし、相続はお金の話という一面もあります。

お子さんがいない方は絶対に遺言書を書いておくべきだと思います。

僕も子供が生まれる前から遺言書を書いていました。特に財産はありませんでしたが(笑)

ここにあげた①から⑥のケースは一般的に問題が起こる可能性が高いというだけで、遺言書を書いておかなくても特に問題なく手続きができる場合もあるでしょう。

大事なことは思い込みで判断せずに、正しい知識をもとに遺言書を書くかどうか決めることです。

これは遺言書を書いたことになりません。

エンディングノートには相続や遺産分けについて書いておけるページがあるので勘違いをしている人が多いようですが、遺産分けの希望をエンディングノートに書いても遺言書の代わりにはなりません。

またルールに従わないで書かれた遺言書は残念ながら無効です。ちゃんと遺言書を書いたつもりになっていても、もしかするとあなたの遺言書は無効な遺言書かもしれません。

公証人が関与する公正証書遺言の場合は可能性は低いと思いますが、自筆証書遺言の場合は結構な確率で無効な遺言書を大事にしまっていることも考えられます。

遺言書には厳格なルールがある。

民法が定めている遺言では「公正証書遺言」「自筆証書遺言」の2つが一般的です。それぞれに書き方のルールが決められています。

エンディングノートの活用法

エンディングノートには遺言書のような法的な効力はありませんが、使い方しだいで遺言書では叶えることができない可能性を秘めています。

遺言書とエンディングノートを上手に使い分けることでさらなる効果が期待できます。

生前贈与という方法もある。

遺言書を書くのではなく、元気なときに財産を渡しておく生前贈与(せいぜんぞうよ)という方法もあります。亡くなるのはいつになるのかわからないので、気になることは生前に済ませておく方が確実ですよね。

ただし、遺言書で渡すときと比べて税金やその他の費用が高くなる可能性があるので、最低限の正しい知識をもとに判断しましょう。


いったんまとめます。

自分で決めておきたい人に遺言書をおすすめします。

遺言書の作成は公正証書遺言の作成のサポートさせていただくことが多いのですが、依頼者の方は公証役場から晴れ晴れとした表情で帰られます。

終活と言われていますが、自分で決めて行動したことで前向きな気持ちになるからだろうと思っています。

遺言書を書くということは大なり小なり波風を立てることです。だから自分の最期について自分で決めておきたい人におすすめします。

子供やまわりから誘導・懇願されて遺言書を書くというのは書かされているようでつらいなぁと思います。

何度も言いますが遺言書を書くか、書かないのかは自由です。とにかく最低限の正しい知識を前提に決めて欲しいと思います。

遺言書を書こうかどうか迷ったときはこちらを参考に決めてくださいね。

  • 遺言書を書くかどうかは自分の意思で決めましょう
  • 最低限の正しい知識をもとに決めましょう
  • エンディングノートの活用や生前贈与も検討しましょう
  • 書くと決めたら使える遺言書をしっかり作りましょう

この先は遺言書の作り方(書き方)なので、書かないと決めた方はここで読むのを止めていただいて構いません。

残念|こんな遺言書を書いていませんか?

書いた人の想いを実現することができる遺言書【使える遺言書】はケースバイケースなので表現するのは難しいのですが、使えない遺言書ははっきりしています。

例えば、ご夫婦が1枚の用紙に連名で書いた遺言書(自筆証書遺言)は、内容について問題がなくても無効になります。

また無効にならなくても遺言書が争いの火種になる場合や折角、遺言書を書いても実現させたかったものとはまったく違う結果になるのは使えない遺言書です。

遺言書は書き方次第で残念な結果になってしまう恐れが大いにあります。間違ってこんな遺言書(自筆証書遺言書)を書いていませんか?

公正証書遺言のススメ

相続時のトラブルを防止し、確実に遺言の内容を実現するために、当事務所では「公正証書遺言」を作成することを【現時点】ではおすすめしています。

自筆証書遺言は手軽に作ることができますが、実際に有効なものは2割程度とも言われているので8割は何らかの失敗をしているようです。また自筆証書遺言は紛失や隠匿が多いことも課題でした。

一方、未曾有の大震災だった東日本大震災でも公証役場で保管されていた公正証書遺言の原本は紛失が1つもなかったことが、公正証書遺言をおすすめする理由です。

こうした自筆証書遺言の課題を解決するべく法務局で自筆証書遺言を保管する新しい制度が2020年7月10日からスタートします。

書いた人の想いを確実に実現することができる遺言内容を作成することができれば、公正証書遺言をおすすめする理由は今後は減っていくかもしれません。

法務局での保管制度の詳細については分かり次第、本サイトでお知らせしていきます。


公正証書遺言作成の手続き費用・お申込みはこちらから。

人気記事 遺言書を書こうかどうか迷ったら|郵便局で無料相談会開催中!

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術