遺留分を無視して書いた遺言書の本当の怖さ。

遺言書講座

へたな遺言書がもとで相続トラブルを招くことは往々にしてあります。

いくら遺留分があっても取り戻すかどうかは相続人の意思に委ねられています。

だから必ずしも遺留分を主張されるわけではないし、遺言書を書かなければ法定相続分を主張されるのだから遺留分を無視して遺言書を書く場合があることも十分理解できますが・・・

これは知人の相続で起きた悲惨すぎるお話。

この話を聞いてからは遺留分に対する考え方が大きく変わりました。

兄弟に自宅を差し押さえられた長男

お父さんの遺言(「全財産を長男に相続させる」)のせいで、ご兄弟から自宅を差し押さえられる羽目になったXさん(長男)

「長男が遺産を引き継ぐことを他の子供達も納得してくれるだろう」と、お父さんは遺留分を主張してこないだろうと甘く考えていたのかもしれません。

仮に遺留分を主張してきても相続財産から渡せばいいだろうと考えていたかもしれませんが、まさか自分が亡くなった直後にリーマンショックが起こるとは思ってもみなかったでしょうね。

さらに不運だったことは、遺産の大部分が株で亡くなった直後に遺産総額がかなり目減りしてしまったことでした。

遺留分を計算する時期

遺留分は、被相続人が相続開始に時において有した財産の価格を算定基準とします。

相続はお父さんの死亡によって開始するので、お父さんの死亡時の遺産の価額が遺留分の計算の算定基準になります。

リーマンショック、遺産のほとんどが株

この2つのことがなければ、遺言書がもとで長男の自宅が他の子供達から差し押さえられることはなかったでしょうか?

このケースはXさんから聞いた話で、司法書士として遺言書作成に関わったわけではありません。遺言書作成はお父さんが弁護士に相談して作ったとか。

  • 遺留分を主張してこないだろうという想定で書いた遺言書なのか?
  • 遺言書を書くことで長男以外の取り分を法定相続分から遺留分にまで減らしたかったのか?

詳細はわかりませんが、長男以外の兄弟全員が遺留分を主張してきたようなので、リーマンショックが起きなくても揉めた気がします(汗)

兄弟の関係は終った

こうXさんが言ってましたが、自分が兄弟から自宅を差し押さえをされたらと思ったら・・・言葉がないです。。

遺留分を無視して書いた遺言書の本当の怖さをXさんの相続で垣間見ることになりました。

まとめ 遺留分の扱いは慎重に。

「同居しているお子さんの相続分を増やしたいから」という理由で遺言書を書こうとしたら「揉めたくないから、お願いだからそんな遺言は書かないで!」と同居しているお子さんから待ったがかかることがあります。

自分の意思で遺産の行方を決めることが出来るのが遺言書ですが、遺言書を作る人が納得できて、しかも揉めない内容の遺言書を作るのは案外難しいものなのかもしれません。

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度