【実践レポート】10000あわもりチャレンジ

強みの育て方

僕の10000チャレンジは、泡盛を楽しんでいる写真を10000人分集めるという挑戦です。

大阪から泡盛を盛り上げたいと思って活動していますが、僕ひとりが泡盛がいい・泡盛は面白いって言うよりも、実際に泡盛を楽しんでいる写真を沢山見てもらえた方が説得力があると思い、このチャレンジをスタートしました。

また1万時間の法則をアップデートしたいと思い考えた10000チャレンジの効果を把握したいというのも理由です。

変な写真を集めるのは何のため?

僕ひとりが言うよりも実際に泡盛を楽しんでいる人の写真を沢山見てもらった方が泡盛の魅力を伝えるには説得力があると思ったからです。

でもいざイベントなどで撮ろうとするとSNSに顔出しOKかいちいち確認するのは大変だし、酔ってたらまともに確認できない。。だからプロップス(お面)は顔出しNGの強い味方です。

盛り泡ろう!プロップス(通称、泡盛のお面)

顔出しNGだからこのお面がありがたいという人もいるし、むしろこれで撮りたいって人もいる。もっと出したい方には顔出しパネルもあります(笑)

それにSNSに投稿してもパッと見、日本酒なのか?焼酎なのか?何を飲んで盛り上がってるのかわからないでしょ。泡盛だってことがひと目でわかるように、このお面がひと役買っています。

こうも人数が多いとわかりにくいけど(苦笑)

  • 飲み会をもっと面白く!
  • 泡盛の文字を拡散させたい!
  • 一緒に撮って全国の泡盛ファンをつなげたい!

という想いで、10000人分の写真を集めながら泡盛ってなんだか楽しそうっていう刷り込みをしようというわけです。

プロップスのヒントは沖縄物産展

泡盛プロップスが生まれたのは2015年5月。飲めない方にもイベントを楽しんでもらおうと、阪神百貨店の沖縄物産展で作ってもらった顔出しパネルがヒントになりました。

泡盛の女王と顔出しパネル@阪神梅田本店

いろんなバージョンのプロップスを作ってきました。

  • 初プロップスは阪急うめだ本店の沖縄物産展
  • 2017年にはオリジナル泡盛のおまけに
  • 2019年にはグランフロント大阪のイベントでも
泡盛プロップス@阪急うめだ本店|沖縄タイムス
オリジナル泡盛第1弾のおまけは泡盛プロップス
泡盛プロップス@グランフロント大阪|うめきたフロア

集めるっていっても泡盛を飲んでないのに形だけ撮らせてもらって数を集めるのは趣旨と違うので泡盛を楽しむイベントを月1回ペースで続けています。
関連|泡盛イベント実績

効果を検証してみた

強力なサポーターのみなさんに支えられて順調に伸びていましたが、コロナ禍で現在はほぼ休止状態です。コロナという強大な壁を前に10000に辿り着けるのか?正直なところわかりません。

達成状況|4426人(2021年2月)

写真を集め始めたのは2015年5月の阪神百貨店の沖縄物産展でした。この挑戦に10000チャレンジの要素を取り入れてみたのが2018年2月です。

  • 2015年5月~2018年2月・33ヶ月→1444人
  • 2018年3月~2020年3月・26ヶ月→2853人
  • 2020年4月~2021年2月・11ヶ月→129人

10000チャレンジの要素を取り入れてからは増えるスピードが格段にアップしています。テーマは違いますが一緒に切磋琢磨できる仲間と出逢えたこと、継続×発信が功を奏して強力な応援者と出逢えたことが理由だと思います。

まずは超えよう!1000の壁

当初は数を集めることに意識が向いてなかったので、ブログをはじめfacebook、Instagram、Twitterなど各SNSにバラバラと投稿していましたが、途中からInstagramで専用のアカウントを作って、そこにまとめて投稿するようになりました。

フォロワーを増やすことは目的にしていませんが、特に活用できず集まった人数のカウント用に甘んじています。

感覚的には1000を超えると自分が変わります。10000チャレンジをスタートさせたとき(2018年2月)は1444人でした。まずは100でも1000でもキリがいいところを目指して頑張りましょう。

こんなことをしていて何になる?と、はじめは疑いながらやっていてもいつしか自信に変わります。

自分自身が1000を超えることができていなかったら、そもそも10000チャレンジという企画は生まれていなかったと思います。

打席に立ち続けるとたまにホームランが打てる

プロップスをきっかけに泡盛に興味を持ってもらいたい!と、ずっと言い続けてきました。でもやっぱり無理かもしれないと諦めかけていましたがあるイベントの前日のことです。

ついに!

SNSでこのプロップスを見て!

プロップスをやりたいので、泡盛イベントに参加したい!という女性があらわれました!!マジで~!?

しかも、それで終わらず。

イベントで泡盛を飲んでみたら・・・泡盛に対する苦手意識がなくなったということで、なんと!「次回のイベントも参加したいです!!」とか、嬉しすぎるんですけど!!

プロップスをきっかけに泡盛に興味を持ってもらいたい!とずっと言ってきましたが、ついに実際に起きてしまいました(^^)v

やるやん!プロップス(笑)

打席に立ち続けると、たまにはホームランを打てるってことがわかりました。

いいねの数を気にするのはもったいない

投稿しても反応が少ないと、またか!うざっ!って思われてるんじゃないか?って気分になります。

だから一度にまとめて投稿したことや気分が乗らずにfacebook・ツイッターはスルーして(笑)インスタグラムだけに投稿したものもあります。

2000人も近いしと半ば強引に気持ちを上げてこんな投稿をしたことがありました。

打てなくても腐らずに打席に立ち続けるって大事(^^)v
とにかく泡盛に興味を持って欲しくて、プロップス(この泡盛メガネです👓)と泡盛を楽しんでいる写真を10000人分集めるというチャレンジ中・・・只今1984人!!
先日は泡盛は苦手という女性がSNSの投稿を見て「プロップスをやってみたい!」という理由で泡盛イベントに参加してもらえるというまさかのことが起きました。それだけでは終わらず。イベントで泡盛に苦手意識がなくなったそうで「次回のイベントも参加したいです」というホームランが打てました。
嬉しすぎる(≧∀≦)ちなみにきっかけになったのは僕が投稿した写真じゃないっていうのが、さらに嬉しいです(^^)

いつもなら「ふぅーん」という反応で終わるはずの投稿ですが、打てば響くってこういうこと!?と思うようなことが起きました。

この応援は本当に勇気が出ました!発信を続けていると、やっぱり見ていてくれる人はどこかにいるんですね~。

達成までにどんな経験ができるんだろうと思うと10000を目指すモチベーションが湧いてきました。わいるどふぁーむのYさん、ありがとうございました!

「毎日1回SNSに投稿する」とかって決めると、義務感が生まれて投稿するのが億劫になるという意見も聞きますが、そういうノルマ?足かせ?がなかったら余計に投稿しないと思います。

毎回伝わる発信をするのはたぶん無理だろうけど、どうしても伝えたいことがあるなら、なおさら伝わるまで発信し続けることが大事だと思います。

それに誰もが経験があると思いますが、文章なんか読まずに惰性でいいねを押していることもあるし、いいねを押さなくても実はじっくり読んでいることもある。だから表面的な反応を気にしてもしょうがない、そんなことを気にして発信しないのはもったいない!ってことですね。

10000あわもりチャレンジに投稿した画像は約470枚になりました。2000人に辿り着くまで集めた写真が470枚ってことは、1枚平均4.2人が泡盛とプロップスを楽しんでくれている写真だと思うと賑やかな感じがするので嬉しくなりますね。これが平均1.5人とかだとあんまり楽しそうな感じがしないので良かったです。

発信を続けていると強力な応援者が現れる

4000人の壁を超えることができたのは、富山県高岡市にある沖縄元気料理 ゆいまーるさんのおかげです。お店で開催していた泡盛普及フェア 盛り泡ろう2019で、10000あわもりチャレンジにご協力をいただきました。

これまで沢山の方から写真をいただいてきましたが、飲食店のフェアでがっつりサポートしてもらったのは初めてです。それが想像を超えるほどの強力な後押しになって一気に5000が見えてきました。ありがとうございます。

キャンペーンが終わる時には4297人分の写真があつまっていました。なんと!ゆいまーるさんで1000人を超える写真を撮っていただいたみたいです。

ゆいまーるさんでは期間中に最も登場回数が多かった人を「盛り泡ろう!キング&クリーン」として表彰されていました。楽しみながらご協力いただけたようで、とても嬉しい気持ちになりました。

実はゆいまーるさんにはお店に伺ったこともなければリアルでお会いしたこともありません。にも関わらずこんな素晴らしいご縁に恵まれたのはSNSがきっかけです。

これこそが発信することの醍醐味じゃないでしょうか。コロナが落ち着いたらお店に伺いますね!本当にありがとうございました<(_ _)>

始めてわかった10000の重み

1万時間に限らず10000を絡めて目標を立てると達成するにはかなりの時間がかかります。何年かかろうが達成できたらすごいことなんですが、チャレンジをしているとどうしてもそこに目がいくんですよね。

僕のチャレンジも進捗状況から逆算すると、いまのペースで頑張り続けても達成まで8年・・・長すぎるよね。。

そもそも1万時間を達成するのに1日3時間を続けると10年。1日10時間なら3年かかる計算なので時間じゃなくてもチャレンジの内容によっては同じくらいの時間がかかると思うと、10000というのはやっぱり異常値だなぁと思い知らされます。

「それはあなただからできたんでしょ?」と言われないように、セミナーは再現性があることを求められますが、この10000チャレンジは

  • 再現性は気にしない!
  • わたしだからできたんです!
  • 誰にも真似させない!

という領域を目指す変態集団かもしれません(苦笑)

でも。誰でも簡単に達成できるようなものなら、はっきりいって強みとは言えないと思います。だからこれが10000チャレンジの醍醐味なんです。

10000チャレンジャー全員で10000の壁を乗り越えた先を見たいのですが、個でも回でも人でも「10000」を掲げるとチャレンジの難易度がぐんとあがるので「10000」をどう絡ませるのかが難しいというか、悩ましいところなんですよね。

10000よりも大切なこと

10000チャレンジのゴールの1つは、こう言ってもらえる得意分野を作ることです。

  • 〇〇さんといえば〇〇
  • 〇〇を見ると〇〇さんを思い出す

好きな分野に打ち込んでいる様子を日々発信する。これを継続することでまわりに認識してもらいながら強みに育てていく挑戦です。

続けるには方向性や絞り込みは必要で、僕はこのチャレンジをきっかけに泡盛に興味を持ってもらいたいし、泡盛が盛り上がるきっかけになったら面白いなと思っています。

仮に写真が1万人分集まったところで結果的に泡盛が盛り上がるきっかけにならなかったら、達成できたところで単なる自己満足だし、まったくの無駄。だから10000個、10000回、10000人・・・10000を達成することはゴールのようで実は本当のゴールではありません。

チャレンジって数字を達成することに夢中になるあまり、そもそも何のためにやっていたのか?これを忘れてしまうことって多いですよね。

極端な例えですが、僕がたったひとりでプロップスの写真を10000回自撮りしたところでまったく意味がありません。実際にやったらある意味凄いけど(苦笑)

1万人分の写真を集める過程で、泡盛を楽しんでもらうにはどうしたらいいのか?という視点が必要だということです。

つまり目先のことに囚われすぎて本質的なことがおざなりになってしまわないように、もっと先にある本当に実現したいことに意識を向けないといけないよねという話です。

チャレンジすることの本質的な目的は何なのか?ということを、スタートのタイミングで真剣に考えないとダメですね。僕も偉そうには言えませんが、ここを落とし込めていないと続かないと思います。

人気記事 お義母さんが遺してくれたエンディングノートと大切なもの