兄弟仲がいいから大丈夫は信じてはいけない|遺言書が必要なご夫婦とは?

遺言書講座

作成日が同じ2通の公正証書遺言。

まったく同じ2通の遺言書ではなく、同じ日にご夫婦がそれぞれ作られた2通の遺言書です。

お子さんのいないご夫婦でご両親は既に他界されているので、お互いに配偶者と配偶者の兄弟姉妹が相続人ということになります。

家族構成を伺うと正確には兄弟と甥や姪が相続人のようでした。しかも奥様のほうのご兄弟とは疎遠だとか。

そんな事情をお聞きするまでもなく、お子さんのいないご夫婦には遺言書の作成をオススメしています。

血を分けた兄弟でも相続で揉めるというのに、配偶者の兄弟と揉めないはずがない!

というのは言い過ぎかもしれませんが、うちは大丈夫と自信を持って言える方は少ないんじゃないでしょうか?

僕も子供ができる前に遺言書を作りました。もめるかどうかよりも相続人として手続きに関わってもらうのが煩わしいと思ったからです。

お互いに。

特に高齢になれば甥姪が相続人になる可能性は高くなるので関係性は薄くなるだろうし、判断能力が衰えてくるリスクも高まります。

兄弟姉妹には遺留分がないので、遺言を書いておきさえすれば、相続分を請求されることもありませんし相続手続きに関与してもらうこともありません。

関連記事:遺言に託した二人の思いは叶うのか?

相続人である以上、何ももらわなくても遺産分割協議書を作るときには印鑑証明書を渡さないといけないので、そもそも相続手続きに関わる必要がない方が兄弟姉妹もありがたいのではないでしょうか?

そう考えると、遺産をどう分けるかを配偶者と他の相続人で話し合って決めて欲しいといった特別な事情でもない限り、配偶者に全財産を相続させるという遺言書を書いておかない理由はないと思います。

配偶者以外にも遺産をあげたい場合は、その旨も遺言書に書いておきましょう。

兄弟仲がいいから大丈夫は信じてはいけない。

「うちは兄弟仲が大丈夫だから」と旦那さんが遺言書を書かなかったばっかりに自宅マンションを売ることになってしまった奥様がいました。

自宅の売却の登記をさせていただいたときは、とてもやり切れない思いでした。

ちなみに写真の遺言書のご夫婦はお互いに全ての財産を配偶者に相続させる内容の遺言書を作られていたので、遺言書の通りの相続を実現することができたのでした。

遺言書を作っていなかったら?というたらればの話をしてもしようがありませんが、もし遺言を作ってなかったら全く違う結果になってしまった気がします。

遺言書作成から関わらせていただき遺言執行まで無事にやり遂げることができてとても思い出深いお仕事でした。

人気記事 【初心者向け】遺言書を書こうかどうか迷ったときに読むページ。

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術