マイトラスト 未来安心図|りそな銀行

相続対策あれこれ

遺言代用信託について考えてみるシリーズ、3つ目はりそな銀行の「マイトラスト 未来安心図」です。

3つのタイプがあります。

  • 未来安心図Ⅰ
  • 未来安心図Ⅱ
  • 未来安心図Ⅲ

未来安心図Ⅰ

未来安心図Ⅰは契約者自身が信託財産を受け取るもので、目的コース、分割コース、一括コースといった受け取り方を選択することができます。

契約者が死亡した時に契約が終了し、一般的な相続の手続き(遺産分割協議もしくは遺言による指定)が必要になります。

資産の承継先を指定するものではないので、未来安心図Ⅰは遺言代用信託とはいえないのでは?と思います。

未来安心図Ⅰは「ずっと安心信託」における「①自分用の定時定額受け取り」に相当するようですが、委託者(契約者)の代理人を指定することができるので、例えばお子さんを代理人にしておけば、お子さんが契約者に代わって老人ホームの入居一時金を受け取ることができます。

また、契約内容を変更する場合などにあらかじめ同意者を決めておくことで、契約者が大きな失敗をしないようにサポートしてくれる人を指定することができる点に特徴があります。

未来安心図Ⅱ

未来安心図Ⅱは、契約者が亡くなった時には契約者が決めておいた受取人が信託財産を一括や分割で受け取ることができるものです(契約者が亡くなるまでは未来安心図Ⅰと同様の内容のようです)。

「ずっと安心信託」、「家族おもいやり信託」とは異なり、受取人は法定相続人の中から選ばなければいけないという制限はありません(パンフレットからはそう読み取れました)

受取人が亡くなった時に、未来安心図Ⅱの契約は終了となります。

その時に残っている財産があれば受取人の財産として一般的な相続手続きを行うことになります。

未来安心図Ⅱでは、次のように契約者Aが亡くなった時は契約時に指定した受取人Bが信託財産を受け取ることができます(遺言代用信託)。 一方で、受取人Bが死亡したときは一般的な相続手続きが必要になります。

  • 契約者A→信託契約に基づいて承継→受取人B
  • 受取人B→一般的な相続手続きに基づいて承継→C

ある書籍に「ずっと安心信託」、「家族おもいやり信託」、「マイトラスト 未来安心図」が遺言代用信託として横並びで紹介されていましたが、細かく見ていくとそれぞれ特徴があることがわかります。

未来安心図Ⅲ

未来安心図Ⅱの契約が終了した時(受取人Bが死亡した時)に、その後の信託財産の行方までも契約者Aが決めておけるものが、未来安心図Ⅲです。

未来安心図Ⅱであれば、受取人Bが死亡した時は受取人Bの財産として一般的な相続手続きをすることになります(遺産分割協議もしくは受取人Bの遺言による指定)。

より具体的にいえば、未来安心図Ⅲなら受取人Bから誰が信託財産を引き継ぐかを受取人Bではなく、契約者Aが例えば 「契約者A→受取人B→受取人C」と決めることができるというものです。

パンフレットには活用場面として、 「受取人Bが遺言を作成することができない」、 「先祖から承継した資産をいずれは本家一族(受取人C)に引き継がせたい」というように、契約者Aが次の次の世代まで財産の承継先を決めておきたい場合が紹介されています。

ということで、未来安心図Ⅲは、信託という仕組みを使い「自分が死んだら全財産を長男Aに相続させるが、次に長男Aが死んだ場合は、残った財産を長男の妻Bに承継させる」といった「後継ぎ遺贈」を可能にしたものなのです。

未来安心図Ⅲ| 法律・税制上の取扱い

未来安心図Ⅲについては、Ⅰ、Ⅱとは別物という扱いのようで、Ⅲを利用する方に注意を促す「法律・税制上の取扱い」というページがパンフレットに用意されています。

留意点としては、 「遺言等で本信託を変更することができないこと」 「本信託は遺産分割協議の対象ではないこと」など。

税制の取扱いについては、 受益権の移転は、その都度、相続税の課税対象になるため信託契約によって財産を承継したとしても(現在の税制では)相続税対策にならないということが書かれています。

このように、ページを割いて書いてあるというのは、『信託』というあまり耳慣れない契約なので、「もしかすると相続税対策になるのでは?」という期待をもたれる方が多いのかもしれませんね。

未来安心図の費用

最後に。未来安心図は「ずっと安心信託」、「家族おもいやり信託」と異なり、管理報酬等ががっちりかかります。

定例管理報酬は年間12万円、契約締結時報酬・追加時報酬は信託元本に応じて1~3%の報酬が必要になります。

当初信託金額もⅠ、Ⅱは1,000万円以上、Ⅲは3,000万円以上と最低額が高額な点も他の2つとは異なります。

※パンフレットからの情報のみで書いたものです。勘違いしている部分があるかもしれませんので、その点はご理解ください。

人気記事 【初心者向け】遺言書を書こうかどうか迷ったときに読むページ。

人気記事 終活だけじゃもったいない!人生が変わるエンディングノート超活用術