エンディングノート超活用術

元気なときに死をリアルにイメージできるメリットは計り知れないと思っています。とはいっても入棺体験はハードルが高い。もう少しソフトなものから挑戦したいという方に向けて、もしものときの疑似体験ができるものをいくつかご紹介します。

エンディングノート超活用術

後悔のないように生きたい。よく聞くし、僕もそうありたいと思いますが、そもそも死ぬときはどんなことを後悔するんでしょうか?そんな疑問に答えてくれるのは、約千人の最期を見届けてきた医師が書かれたこちらの本が参考になります。

エンディングノート超活用術

セミコン本番の10分間の使い方だけでなく、最後の最後まで時間をどう使って準備をしてきたのかが結果を左右しているのは想像に難くありません。平等に与えられた10分間をどう使うのかも難しいのに、残り時間がわからない人生の時間の使い方は難しい。これもセミコンのスタッフをして学んだことの1つでした。

遺言書講座

遺言書を書こうかどうか迷ったときに読んでおきたい基本的なポイントをまとめました。遺言書とは?遺言書を書くときに最低限知っておきたいこと。使える遺言書を作るために必要なことを相続専門司法書士がわかりやすくお伝えします。

40年ぶりに相続が変わる

40年ぶりに遺言書・相続に関するルールが変わります。わかったつもりになっていた相続の知識は既に古いのかも!?知識の確認も兼ねて相続について気になっていることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

エンディングノート超活用術

僕は成年後見人の経験から親にエンディングノートを書いて欲しいと切実に思っていました。さて何と言ってさてエンディングノートを渡そうか・・・ 考えがまとまらないうちに、思いもよらない展開に。