成年後見制度の基本を理解しよう

エンディングノートの書き方のポイント

言葉の意味を理解して書いていますか?

エンディングノートは一度書いても気持ちが変われば、何度でも内容を書き直すことができます。ただし、前提となる最低限の知識がないままにエンディングノートを書いているとしたらそれは自分の意思を正しく表示したことにはなりません。

法定後見と任意後見、2つの後見制度の基本的な違いを理解していますか?また、法定後見の申立書に後見人の候補者を書く欄がありますが、必ずしも候補者が後見人に選ばれるわけではないことを知っていますか?

法定後見と任意後見の違い

エンディングノートには「自分で財産の管理ができなくなった時に管理をお願いしたい人」を書いておく欄があります。これはようするに認知症などで判断能力が低下したときは誰に成年後見人をお願いしたいかということです。

同じような項目で「財産の管理をお願いしたい人について」という欄がある場合もあります。2つの違いは自分で財産の管理ができないときにという条件がついているかいないかです。

この条件があったとしてもあまり変わらないような印象を受けますが、おそらく条件がついているものは法定後見についての希望で、条件のないものは任意後見についての希望のことだと思います。とは言っても法定後見と任意後見でいったい何が違うの?と思われる方がほとんどかもしれません。

成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の2種類あります。

  • 法定後見|既に判断能力が衰えている方の為に、家庭裁判所が後見人等の適切な保護者を選ぶ制度です
  • 任意後見|元気なうちに、将来、自分の判断能力が衰えた時に備えてあらかじめ保護者(後見人)を選んでおくというものです

エンディングノートなので管理をお願いしたい人について希望を書いておけばいいわけですが、法定後見の場合は家庭裁判所が成年後見人を選任するため、必ずしも希望どおりになるわけではありません。

また任意後見は、管理をお願いしたい人の名前をここに書いておけばひと安心というものではなく、元気なうちにその方とどんなことをお願いするのかを公正証書で契約しておく必要があります。

成年後見人(法定後見)の候補者について

家庭裁判所に対して行う「法定後見」の申立ての書類に成年後見人の候補者を書くことができますが、必ず候補者が選ばれるわけではありません。家族が候補者であっても家族の間に相続トラブルのような紛争がある場合や候補者が本人の財産を勝手に使っている場合などは、候補者以外の弁護士、司法書士といった第三者が選ばれることがあります。

また、候補者が選ばれても成年後見人の事務を監督する権限がある専門家の後見監督人が選任される場合や後見人が1人ではなく複数選ばれることもあります。

現在のような本格的な高齢社会では同じ世代(旦那さんや奥さん、兄弟姉妹など)に成年後見人をお願いすることは、ほとんど現実的ではないと思います。かといって子供世代はどうかといえば仕事で忙しくて成年後見人としての仕事にまでなかなか手が回らないというのが現実ではないでしょうか。

僕は家族の負担を考えると、たとえ費用がかかるとしても成年後見人は家族以外の第三者(もちろん信頼できる方に)にお願いしたいと思います。

ちなみに第三者というのは、司法書士や弁護士、行政書士といった士業が成年後見人の担い手として存在しています。例えば、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートという成年後見制度の普及と成年後見人の育成・普及のために設立された司法書士の組織があり約8,400名(2018年12月)が会員になっています。

僕もリーガル・サポートの会員です。研修や会議などで他の会員の方の成年後見業務に取り組む姿勢を垣間見ることがあります。たとえ報酬が見込めないケースや対応がかなり難しいケースであったとしても成年後見人の業務に真摯に取り組まれている方がとても多いことに毎回驚かされます。

できればそんな人に成年後見人になってもらえたら安心だし、家族も喜んでくれるような気がします。候補者である家族が成年後見人に選ばれれば第三者が選ばれた場合と違って成年後見人の報酬はかかりませんが、報酬は本人(被後見人)の財産の額や成年後見人の業務の内容に応じて家庭裁判所が判断することになります。

人気記事 お義母さんが遺してくれたエンディングノートは役に立ったのか?