【タイプ別】エンディングノートの正しい選び方

そこそこというか、かなり売れているにもかかわらず書いている人がほとんどいないエンディングノート。書けない理由はいろいろあると思いますが、もしかするとエンディングノートの選び方を間違えている人が多いのかもしれません。

エンディングノートを書いてみたいと思ったときに、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

  • ポイント1|タイプを見極めよう
  • ポイント2|書く目的をはっきりさせよう
  • ポイント3|良いエンディングノートを選ぼう

ポイント1|タイプを見極めよう

どれも同じように見えるエンディングノートですが、実は様々なタイプがあります。もしもに備えるという役割をほとんどのエンディングノートが備えていますが、自分史作りに特化したものや人生の意味を考えるものなど特徴的なものもあります。

まずは、エンディングノートのタイプとタイプ別のエンディングノートの使い方を把握しましょう。

  • もしもに備える
  • これからの生き方を考える
  • これまでの人生を振り返る

一般的なのは終活という言葉で代表されるような「もしもに備える」タイプ。他には、もしものときに想いを馳せるところから一歩進んで「生」にフォーカスする、これからの生き方を考えることに重心を置いたタイプや、これまでの人生を振り返ることに重心を置いたタイプのエンディングノートもあります。

ポイント2|書く目的をはっきりさせよう

もしもの時に家族に面倒をかけたくない

家族に面倒をかけたくないから書いておこうと思って買ったエンディングノートが、自分史作りに特化したものだったら書いても意味がないし、そもそも書く気になりませんよね。これは極端な例ですが、これに近いことは大いにあります(苦笑)

同じように見えても作り手の色が出る

例えば「家族のために大切な情報をまとめておきたい」といったニーズに応えるべく、もしもに備えるタイプは作られています。このタイプは誰が作っても同じようになりがちですが、詳しく見ていくとオリジナリティや作り手の個性がにじみ出ているのがわかります。

  • 葬儀やお墓のことを手厚く
  • ライフプランとお金にフォーカス
  • 相続で家族が揉めないように etc

葬儀社、保険会社、士業など作り手の強みがそのままエンディングノートに現れます。実際に書いてみると微差のようでその違いは大きく感じました。この点をわかった上で選ぶことで、よりしっくりくるものに出会えるはずです。

重心はどこに?・もしもに備える
・これからの生き方を考える
・これまでの人生を振り返る
作成主体は?・葬儀社
・保険会社
・医療機関
・士業 etc

まずはエンディングノートを書く目的をはっきりさせましょう。

ポイント3|良いエンディングノートを選ぼう

巷には無数のエンディングノートが溢れています。どうせ書くなら良いエンディングノートを選びたいと思いませんか?

エンディングノートを書きたい目的が明確になっていて、その目的にあったタイプのエンディングノートを選んでいる前提で、その上で良いエンディングノートというのはどういうものでしょう。

  • 痒いところに手が届く項目がある?
  • 紙質が良いので書いていて手が疲れない?
  • ずっと先に役立てるものだから経年による劣化が少ない?
  • 価格が安い? etc

エンディングノートの売れ行きは好調のようですが、実際に書いている人は2パーセント程度という調査結果(安心と信頼のある「ライフエンディング・ステージ」の創出に向けた普及啓発に関する研究会報告書)があります。

いくら内容や素材などが良くても1ページも書けないではお話になりません。そこで、良いエンディングノートを見極める際のポイントを3つ挙げてみました。

  • ①プロフィールで挫折せず最後まで書くことができる
  • ②細かい解説を読まなくても直感的に書くことができる
  • ③大事なポイントを外さずに書くことができる

①プロフィールで挫折せず最後まで書くことができる

エンディングノートの多くは、最初に自身の生年月日や住所などプロフィールを書くように作られています。意気揚々と書き始める方がほとんどだと思いますが、プロフィールのページに本籍や住民票コード、個人番号など普段気にしていないことを書くところがあると「あれどこに仕舞っていたっけ?」と探しはじめて手が止まり、いつまでもそのままになってしまうことが多いようです。

僕の場合もこんな感じでした。

エンディングノートで最初に書くのは、住所・生年月日といった自分の基本情報です。引越し(転籍も)をしたこともあって本籍がパッと出てこない。今は免許証にも本籍が載っていないので、手続きのために前に取っていた戸籍謄本を探し出して本籍の欄を埋めました。

昔住んでいた住所を書く欄は、実家はともかく他は〇〇市ぐらいまでしか出てきません。僕は携帯の番号も10年ぐらいかかってやっと覚えたので(苦笑)、これは個人的な問題だろうとは思いますが。昔の住所は書類の中から古い住民票をひっぱり出してきてやっと埋めました。という感じなので、想像以上に書くのに時間がかかります(汗)

またしても書く手が止まったのが・・・住民票コード

そういえば、昔送られてきたような???引越で失くしたかと思いましたが、家中の書類をひっくり返した結果、なんとか見つけました。ちょっと感動(笑)・・・まてよ。引越したからまた新しい番号をもらうんだろうか?初っ端で躓くと書き上げられなくなる恐れがあるので、観念して市役所に電話しました。

住民票コードは平成14年の夏に当時住んでいた市町村から通知されて、その後引越しをしようがそれっきり同じ番号なんだそう。ちなみに自分の住民票コードを知りたければ、市役所から書面で教えてもらえるということでした。

ずこっ!あんなに探したのに。

好スタートが切れたとは思えませんが、とにかく2ページを書き終えました。それからエンディングノートを書いていて、パスポートがとっくの昔に切れていたことに気づきました(汗)

どんなに素晴らしい内容でも、プロフィール止まりで最後まで書けないようなエンディングノートではまったく意味がありませんよね。

もしもに備えることが目的なら昔の住所は事細かに書く必要はないように感じます。一方で、これまでの人生を振り返るのが目的なら記憶を辿るアプローチとしてはとても意味があると思います。

プロフィール欄が充実しているエンディングノートが多いと思うので、無理に全部を埋めようとせずに目的に応じて書けるところから書いていくのがプロフィール止まりにならないためのコツです。

②細かい解説を読まなくても直感的に書くことができる

ほとんどのエンディングノートには、具体的な書き方について解説がまとめられています。各ページに解説が散りばめられているものや、エンディングノートと解説が別冊になっているものもあります。

解説をじっくり読んでから書けば、ひとりでもあまり悩まずに書けそうですが、解説を読むのはとにかく面倒くさい(笑)。いちいち解説を見なくても直感的にどんどん書いていけるのが良いエンディングノートと言えます。ただし、勘違いを招くことなく、正確に書けるということが大前提です。

③大事なポイントを外さずに書くことができる

遺言書ではないので、エンディングノートに遺産分けのことを書いたとしても法的な効果はありません。あまり知られていませんが、こういった基本的で大切なことが解説をさっと読むだけで理解できるものが良いエンディングノートです。

エンディングノートと遺言書の決定的な違い

これが解説に書いてあっても読み飛ばしてしまいそうですが、セミナーならこういったポイントを確実に伝えることができます。また、エンディングノートを実際に書くような内容のセミナーならプロフィールだけでそれ以降は白紙ということはないでしょう。

項目毎にエンディングノートを書くポイントの説明があって、すぐにそのページを書くような進め方なら解説を読む必要はありませんし、テンポ良く書き進めることができます。エンディングノート単体では限界があるのかもしれないと思っています。セミナーを活用するなどして、大切なポイントを外さずにエンディングノートを完成させてください。

【タイプ別】エンディングノートのレビュー

エンディングノートの種類は様々です。内容はもちろん、書店で販売されているものに限らず、公的機関が配布しているものや会社などが販促ツールとして作成したもの、雑誌の付録など無料で入手できるものもあります。

有料のエンディングノートが良くて、無料が劣るかというとそんなことはありません。目的にあったエンディングノートを選んで活用してみませんか?

もしもに備えるタイプ

もしもに備えるタイプはある程度内容が決まってしまうため、どれも似たり寄ったりというイメージがありますが、細かく見ていくとその特徴が見えてきます。特徴があるからこそ選び方を間違えると書けません。

草分け的存在

ナルク エンディングノートのレビュー

エンディングノートといえば「ナルク エンディングノート」というイメージがある、いわば草分け的存在です。改良を重ねて完成した、かゆいところに手の届くエンディングノートだと感じました。どうしても関心はエンディングノートに向かいますが、ナルクの最大の特徴は「時間預託システム」という助け合いの仕組みです。

» この記事を読む

100歳までの危機管理

もしもノートのレビュー

特定非営利活動法人ライフ・アンド・エンディングセンター(LEC)発のタイトルの通り、もしものときに備えるエンディングノートです。ノートを記入する前に自身の現状を把握するための20個の問いが用意されています。これは自発的に書けるようにするための工夫でなるほどと思いました。

» この記事を読む

厳選した最低限の内容

私の大切な人のためのメッセージノートのレビュー

「エンディングノートは書かないと意味がない」がコンセプト。①考えると暗くなる項目は極力抑える②書く負担は最小限に を意識して作られたエンディングノート。厳選した最低限の内容なので、メッセージノート作成の6ヵ条を読んで、サクッと書き上げたいですね。

» この記事を読む

葬儀のプランを指定できる

小さなお葬式のエンディングノートのレビュー

もしもに備えるタイプで内容はいたってスタンダードなのですが、思わず「えっ!」と声を出しそうになったページがありました。葬儀プランがイメージ写真付きで載っていて希望するプランにチェックを入れることができるようになっています。葬儀の希望を考え始めると実は理にかなっていることが納得できます。

» この記事を読む

葬儀社の専門性を随所に感じる

私の人生アルバムのレビュー

事細かに希望を書いておけるエンディングノートが多い中で費用を目安に大枠の希望を書いておくだけの葬儀のページは新鮮でした。細かく指定したところで家族親族の意向で希望通りにはならないことが多いという現実をわかった上で作成された葬儀社の専門性を随所に感じるエンディングノートです。

» この記事を読む

夢の予算を考える

みらいのための準備ノート〔シニア編〕のレビュー

夢の予算を考える項目が面白い!具体的にイメージできないと予算なんて想像もつかないので、夢をできるだけ具体的に考える過程で夢の実現に一歩近づけるような気がします。また保険は備えるイメージが強いのですが、備える・のこすだけではなく、使うを意識的に考える視点を備えた保険会社発のエンディングノートでした。

» この記事を読む

親子二人三脚でつくる

親子でつくるエンディングノートのレビュー

子どもが親の話を聞いて親子二人三脚で作り上げるエンディングノートです。手引きには聞き取り方法の具体的なテクニックだけではなく、話の切り出し方も紹介されています。互いに協力してエンディングノートを作り上げるというイメージを持てるかどうかが完成への鍵になりそうです。

» この記事を読む

完成がゴールじゃない

書くだけで安心あなたと家族のためのエンディングノートのレビュー

記入欄には一切説明がなく記入例などは別でまとめられている点に特徴があります。後半は話題が変わり、エンディングノートには法的な効力がないので死後の不安を解決するためには他の手が必要になること、エンディングノートを書くことで先に頭の中を整理しておきましょうということがわかりやすく書かれています。

» この記事を読む

これからの生き方を考えるタイプ

未来の人生設計図をつくる

幸せのエンディングノートのレビュー

書くことで未来の人生設計図をつくることを目指したエンディングノート。生活スタイルや価値観がここまで多様化すると「幸せ」といっても本当に人それぞれ。そこで、はじめに自分にとっての幸せとはなんなのか?をあぶりだすことができるように作られています。

» この記事を読む

自分を見つめる

Never Ending Noteのレビュー

東日本大震災をきっかけに生まれたfacebookページ発のエンディングノート。もしものときに役立つだけではなく、その時、その瞬間の大切な想いを伝え、あなたと大切な人を永遠につなぐNever Ending Noteがコンセプトで、自分を見つめることに特化したエンディングノートです。

» この記事を読む

これまでの人生を振り返るタイプ

自分史作りに特化

自分史作成キットのレビュー

これまでの人生を振り返り自分史を書きたい。エンディングノートの中にはこういったニーズに対応したものもあります。「自分史作成キット」は銀行口座や不動産について書くページはありませんが、自分史作りに特化したエンディングノートのひとつの形だと思います。

» この記事を読む

人生の意味を考える

あなたの人生を愛するノートのレビュー

銀行口座や不動産といったページは一切なく、もしもの時に備えるという一般的なエンディングノートのイメージとは程遠い一冊。他にはない特徴は「自分の意思」を書くページがあることで「自分だけのために書くのか」それとも「大切な人へのメッセージ」として書くのかを決めるように作られています。

» この記事を読む

人生をたどり直す

私の家族ノートのレビュー

コンセプトは家族、そして人生をたどり直すことで、関連した項目が全体にちりばめられています。両親や自分が育った家の見取り図を書くページがあったり、「親が今、一番楽しみにしていること」という項目は想像がつかないので是非聞いてみたいと思いました。家族の繋がりを再認識することができるエンディングノートです。

» この記事を読む