旭区シニアのお片づけ講座@旭区医師会主催

セミナー情報

「シニア世代のお片づけ講座」で人生のお片づけという視点からエンディングノートについてお話をさせていただきました。旭区医師会様からいただいたお題は「終活とエンディングノートの可能性」についてです。

僕らの世代(40代)は終活というと、自分のことよりも先に親のことが思い浮かぶのではないでしょうか?

終活は親世代の方に聞いてもらうことをイメージして、もうひとつのテーマであるエンディングノートの可能性については、僕自身の体験にもとづいて目標設定についてお話ししました。

僕らの世代は親にエンディングノートを書いておいて欲しいと思っている方が多いと思います。僕もそうです。

僕の場合は将来に対する漠然とした不安から書いて欲しいと思っただけでなく、成年後見人の体験を通してエンディングノートの必要性を痛感したことがその理由になっています。

施設に入所後、1ヶ月もしないうちに

自宅でひとり暮らしができなくなったAさんに代わって、僕が成年後見人として施設入所の手続きをしました。Aさんはその施設で暮らし始めて1ヶ月もしないうちに亡くなってしまいました。急なことで僕も親族の方も何があったのか?と驚きを隠せませんでした。

自宅で暮らすことは難しかったので施設でお世話になるしかなかったのですが、その施設に入らなければそんなに早く亡くなることはなかったんじゃないか?そもそもAさんは最期のときをどこで迎えたかったのだろう?といったことをずっと考えました。

僕達専門家が成年後見人として関わるタイミングでは直接ご本人の希望を聞くことは難しいことが多いので、行き着くのは元気なうちにエンディングノートに介護や延命治療についての希望や想いを書いてくれていたらなぁということです。書いてあったところでその通りにすることはできないことが多いことはわかっていますが、やっぱりそういったものがあるのとないのでは違ってきます。

成年後見人の経験からわかった本当に大切な3つのこと

成年後見人の経験からエンディングノートの必要性を痛感することになりました。成年後見人の仕事はご本人が亡くなるまで続きます。最期のときから大切なことを学ばせてもらいました。もしものときに、あなたとご家族が後悔しないために知っておいて欲しいことをご紹介します。

» この記事を読む

そういった体験から専門家としてエンディングノートを書いている人が増えればいいなぁと思う一方で、僕が一番書いて欲しいと思ったのはやっぱり自分の親でした。僕は親と20年以上離れて暮らしていることもあって、親に介護や延命治療の希望について聞いたことがまったくありません。

親子だからといっても成年後見人として関わったAさんとの関係以上の情報を親に対しても持っていないことに気がついてとてもショックを受けました。

だからこそ親にエンディングノートを書いて欲しいという思いは切実でした。そんな僕の気持ちとは裏腹に親が自分からエンディングノートを書いてくれるには長い時間がかかりました。

限られた時間の中で最小限の内容になってしまったかもしれませんが、僕が失敗したエンディングノートを親に渡す時に注意したいことはしっかりお伝えできたと思います。

エンディングノートを親に渡すときに気をつけたいこと|僕の失敗談

僕は成年後見人の経験から親にエンディングノートを書いて欲しいと切実に思っていました。さて何と言ってさてエンディングノートを渡そうか?考えがまとまらないうちに、思いもよらない展開に。

» この記事を読む

目標設定にも使えるエンディングノート

エンディングノートの可能性については日経ビジネスアソシエ2016年12月号に掲載していただいた内容をベースにエンディングノートの活用法をお伝えしました。

日経ビジネスアソシエ2.1
エンディングノート式 目標設定の技術

この話を聞いていただければ司法書士の僕がなんで

  • 百貨店で泡盛講座をするのか?
  • 酒販免許を取ってまでオリジナル泡盛を造ったのか?
  • 10000チャレンジというコミュニティを主催しているのか?

そういったみなさんの疑問が解消されるんじゃないかなと思っています(笑)

人生の残り時間を意識するとどうしても後悔したくないという思いが芽生えてきます。後悔のない人生を送るには後悔のないように日々やりたいことをやる、これに尽きるわけです。

僕に場合は自分がどんなときにワクワクしたり、充実感を感じているのかを考えることで、できる限りそんな時間を増やせるように生きることが後悔のない人生につながります。

そのためにエンディングノートを活用するというわけです。こういう視点からエンディングノートを活用するのは、いわゆる終活とは逆のように感じますよね。

僕が考えるエンディングノートの本質というのは、エンディングノートをきっかけに

  • 普段考えない、もしものときについて深く考える
  • もしものときに向き合うことで、生き方を見直す・変えるきっかけになる

ことだと思っているので、元気なときに「もしものとき」に向き合えるならエンディングノートじゃなくても構わないと思っています。

終活というと一般的には高齢になってからというイメージが強いですが、いつ死ぬか?は年齢と関係してもいつなのかはわからないわけです。だから後悔のない人生を送るために、やりたいことを先延ばしにしない。普段からやりたいことをやる。

これを実現するための活動を「終活」と考えれば、いつ死ぬかわからない僕たちにとって終活に年齢なんてものは関係ありません。

【生き方を変える】エンディングノートの使い方 超活用編

エンディングノートを書くことをきっかけに普段は考えない、もしものときに思いを馳せることができたなら「もしもに備える」で終わってしまうのはもったいないと感じたことが超活用編をまとめる出発点でした。「明日もしものときが来ても後悔ないように生きる」を目指して生き方を変える、これが超活用編のゴールです。

» この記事を読む


「旭区シニアのお片づけ講座」※終了しました
日時:平成30年11月14日(水)14時~16時
会場:旭区民センター 小ホール
対象:在宅医療に携わる方および旭区民の皆様
参加費:無料

エンディングノートセミナー@旭区医師会
人生のお片付け@旭区シニアのお片づけ講座

おウチのお片付け「片付けは、モノではなく気持ちから」
講師:吉本 とも子氏

人生のお片付け「エンディングノート超活用術」
講師:伊藤 薫氏

旭区シニアのお片づけ講座
旭区シニアのお片付け講座のポスター

人気記事 夫婦で遺言を書いて法務局に預けてみた|自筆証書遺言書保管制度