エンディングノート超活用術に関する記事一覧


エンディングノート超活用術

買っている人・持っている人は多いのに、ほとんどの人が書いていないエンディングノート。これじゃもったいないですよね。「終活」という言葉で思考停止になるのは、そろそろやめにしませんか?エンディングノートの3段階の活用法をご紹介します。

エンディングノート超活用術

エンディングノートの入門知識編です。エンディングノートを書こうと思ったらエンディングノートで出来ること、遺言書(いごんしょ)との違いをきちんと知っておきましょう。【まずはこちらから】

エンディングノート超活用術

「もしものときに家族に面倒をかけたくない」という理由でエンディングノートを書いておきたい人が多いようです。明日、脳梗塞で意識不明になったら・・・どんなことになりそうかを16の質問でイメージしてみませんか?

エンディングノート超活用術

我々相続の専門家チーム(大阪の相続あんしんナビ)が郵便局版のエンディングノート作成のお手伝いをさせていただきました。「郵便局のマイライフノート」は大阪市東部地区郵便局長会様とのコラボレーションで作成しました。

エンディングノート超活用術

エンディングノートの必要性を痛感したのは、成年後見人としての経験が原体験になっています。成年後見人の仕事はご本人が亡くなるまで続きます。最期のときから大切なことを学ばせてもらいました。「自分は大丈夫」と思考停止になっていませんか?

エンディングノート超活用術

エンディングノートは、もしもの時にすぐに取り出して家族が中身を確認できるようにしておかないと意味がありません。だからエンディングノートを書いていることをきちんと家族に伝えておくこと、いざという時にすぐにわかる場所に保管しておく必要があります。どこに保管するのがいいでしょう?

エンディングノート超活用術

「延命治療はしたくない」とエンディングノートに書いておいただけでは、叶わないのが現実のようです。平穏死(へいおんし)の前には①本人の課題②家族の課題③主治医の課題という3つの壁が立ちはだかっていることが理由です。3つの壁を見ていきましょう。

エンディングノート超活用術

僕は「もしものとき」を自分事として考えることができるようになるまで、だいぶ時間がかかりました。エンディングノートでは「もしものとき」の疑似体験ができない方に是非おすすめしたい3つのことを紹介しています。

エンディングノート超活用術

後悔のないように生きたい。よく聞くし、そうありたいと思いますが、そもそも死ぬときはどんなことを後悔するんでしょうか?そんな疑問に答えてくれるのは、約千人の最期を見届けてきた医師の著書・・・

エンディングノート超活用術

死後の準備のためならエンディングノートを書くよりも自分でやる方が早いし確実だというのがエンディングノートは要らないという理由です。そう考えるとエンディングノートは元気なときに書いておくべきだし、じゃないと意味がないのかもしれません。