エンディングノート超活用法

こんなに売れているのに・書いておいた方がいいのがわかっているのに、ほとんど誰も書いていないのがエンディングノートの現実です。いくつになっても自分にはまだ早いと自分事になっていないのが書けない理由です。準備編ではもしものときをできるだけリアルにイメージすることからはじめてみましょう。