エンディングノートの書き方のポイント

過去に【これからを生きるヒント】がたくさん詰まっています。エンディングノートを書くときに過去の記憶、特に衝撃体験を掘り起こすことをおすすめしているのは自身のこんな体験が元になっています。両親の話をきっかけに生き方が変わりました。

エンディングノート超活用術

後悔のないように生きたい。よく聞くし、そうありたいと思いますが、そもそも死ぬときはどんなことを後悔するんでしょうか?そんな疑問に答えてくれるのは、約千人の最期を見届けてきた医師の著書・・・

エンディングノート超活用術

「延命治療はしたくない」とエンディングノートに書いておいただけでは、叶わないのが現実のようです。平穏死(へいおんし)の前には①本人の課題②家族の課題③主治医の課題という3つの壁が立ちはだかっていることが理由です。3つの壁を見ていきましょう。

エンディングノート超活用術

救急医療情報キットをご存知ですか?一人暮らしであっても治療に必要な情報を救急隊員や搬送先の病院が把握できるようにと活用が期待されているものです。