遺言を作ろう

取り上げた6つのケースは問題が起こる可能性が高いというだけで、遺言書を書いておかなくても問題なく手続きができる場合がほとんどかもしれません。大事なことは思い込みで判断しないこと、考えることを諦めないこと。正しい知識をもとに遺言書を書くかどうかを決めることです。

遺産分け

遺産分け手続きをイメージしやすいように事例を元に解説します。亡くなった方が遺言を残していなかった2つの事例を用意しました。よくある一般的なケースと手続きが困難になりそうな少し込み入ったケースです。よくある質問を通して理解が深まるようにと思いQ&A形式でまとめました。