エンディングノート超活用法

「死後の準備」のためには、エンディングノートを書くよりも自分でやる方が早いし、確実だというのが書くだけでは足りないという理由です。もしもに備えるという目的の場合、エンディングノートが活躍できる場面はおのずと決まってきます。