エンディングノートの選び方

銀行口座や不動産といったページは一切なく、もしもの時に備えるという一般的なエンディングノートのイメージとは程遠い一冊。他にはない特徴は「自分の意思」を書くページがあることで「自分だけのために書くのか」それとも「大切な人へのメッセージ」として書くのかを決めるように作られています。

エンディングノート超活用法

「死後の準備」のためならエンディングノートを書くよりも自分でやる方が早いし、確実だというのが書くだけでは足りないという理由です。それには気力・体力があるときに限られるので、もしもに備えるという目的の場合、エンディングノートが活躍できる場面はおのずと決まってきそうです。