遺産分割協議がより難しくなるケース

ケース1:子供のいない高齢者

急速な高齢化によって、亡くなる方の多くが高齢者となっています。

子供がいない場合の法定相続人は、配偶者と直系尊属(親や祖父母)になります。

ご高齢の方が亡くなられた場合は、直系尊属(親や祖父母)は既に亡くなられている場合が多く、兄弟姉妹が相続人になります。

兄弟姉妹に被相続人より先に亡くなった方がいれば、代襲相続となり、その方の子供が相続人になります。

こうした状況では、相続人どうしが疎遠だったり、人間関係が複雑な場合も多く、遺産分割協議が難航したり、 トラブルに発展する原因になると考えられます。

igon_sozokuzu

ケース2:別れた夫・妻との間に子供がいる

別れた夫・妻との間の子供であっても相続人に違いはありません。
仮に、夫・妻が亡くなってはじめてその子供の存在を知った、 一度も会ったことがない場合であっても同じことです。

相続人として相続分を請求されれば拒むことはできませんが、素直に応じることが難しいのも心情です。
そのため、遺産分割協議が難航したり、トラブルに発展する原因になると考えられます。

igon_sozokuzu02

ケース3:相続人が海外に住んでいる・相続人に行方不明者がいる

相続人が遺産をどのように相続するかについて、民法では、遺産総額の何分のいくらかという割合でしか規定がないので、 実際には誰がどの遺産を受け取るのかについては、法律とは別に相続人どうしが遺産分割協議をする必要があります。

この遺産分割協議は相続人全員の意見が一致する必要があり、多数決ではすることはできませんし、全員で集まって行うのが基本です。
必ずしも集まらなければならないということはありませんが、相続人が海外に住んでいる場合や、相続人の中に何年も音信不通で行方が 分からない方がいる場合は、遺産分割協議に非常に時間と手間がかかることも考えられます。

igon_sozokuzu03