遺言を作っておけばよかったと後悔するのはこんなケース

作成日が同じ2通の公正証書遺言。

まったく同じ遺言が2通ではなく、同じ日にご夫婦がそれぞれ作られた2通の遺言です。

お子さんのいないご夫婦でご両親は既に他界されているので、お互いに配偶者と配偶者の兄弟姉妹が相続人でした。

家族構成を伺うと正確には兄弟と甥や姪が相続人のようでした。しかも奥様のほうのご兄弟とは疎遠だとか。

そんな事情をお聞きするまでもなく、お子さんのいないご夫婦には遺言の作成をオススメしています。

血を分けた兄弟でも相続で揉めるというのに、配偶者の兄弟と揉めないはずがない!

というのは言い過ぎかもしれませんが、うちは大丈夫と自信を持って言える方は少ないんじゃないでしょうか?

僕も子供ができる前は遺言書を作りました。
もめるかどうかよりも相続人として手続きに関わってもらうのが煩わしいからです。

お互いに。

特に高齢になれば甥姪が相続人になる可能性は高くなるので関係性は薄くなるだろうし、判断能力が衰えてくるリスクも高まります。

兄弟姉妹には遺留分がないので、遺言を書いておきさえすれば、相続分を請求されることもありませんし相続手続きに関与してもらうこともありません。

関連記事:遺言に託した二人の思いは叶うのか?(作成中)

何ももらわなくても遺産分割協議書を作るときには印鑑証明書を渡さないといけないので、相続手続きに関わる必要がない方が兄弟姉妹もありがたい場合が多いのではないでしょうか?

そう考えると、配偶者だけでなく

兄弟姉妹にも財産を渡したいという事情がなければ遺言を書いておかない理由はないと思ってしまうケースです。

兄弟仲がよいからと大丈夫。

と旦那さんが遺言を書かなかったために自宅マンションを売ることになってしまった奥様の売却の登記のお手伝いをしたときは

相続が開始した後なのでどうすることもできませんでしたがとてもやり切れない思いでした。

ちなみに写真の遺言のご夫婦はお互いに全ての財産を相続させる内容の遺言を作られていたので、遺言の通りの相続を実現させたのでした。

遺言を作っていなかったらというたらればの話をしてもしようがありませんがもし遺言を作ってなかったらまったく違う結果になってしまった気がします。

遺言書作成から関わらせていただき遺言執行まで無事にやり遂げることができてとても思い出深いお仕事でした。


2ヶ月に1度、郵便局でワンストップ相続無料相談会を開催しています

40年ぶりの相続法の改正が控えています。わかったつもりになっている相続の知識の確認も兼ねて相続で気になることがあればお気軽にお申込みください。

詳しくは↓こちらから。
郵便局で相続無料相談会開催中

大阪の相続あんしんナビのメンバー
大阪の相続あんしんナビのメンバー
東成玉津郵便局
東成玉津郵便局

終活だけなんてもったいない?エンディングノート超活用術
コクヨのエンディングノート 書き方のポイントはこちら。