公正証書遺言作成の流れ

当事務所では、依頼者が公正証書遺言をスムーズに作成できるように、ご相談を承り、全力でサポートいたします。

公正証書遺言・作成の流れ図

注1)不動産のリストアップは、権利証(登記済証・登記識別情報)、不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、 名よせ帳をもとに行うことが考えられます。推定相続人の確認は、住民票・戸籍謄本等で行います。

注2)依頼者(遺言者)が病気等で公証役場に出向くことができない場合は、自宅等へ公証人に出張してもらうことも可能です。

注3)依頼者がお知り合いの方などを選んでいただくことも可能です。

注4)あくまでも目安ですので、遺言内容についての意思がまとまっていて、遺産や推定相続人の確認など事前準備がお済みの場合は、 1~2週間で作成することが可能です。

遺言作成の手続き費用>>