遺言に託した二人の思いは叶うのか?

間違ってこんな遺言を書いていませんか?
Aさん、Bさんの二人が遺言書を遺して亡くなりました。

 

二人とも相続人以外の第三者に全財産を遺贈するという内容です。

  1. AさんはCさんに
  2. BさんはDさんに

 

ここで、二人の家族構成を見てみると、
Aさんは唯一の相続人である弟がいます。
Bさんには妻と息子がいます。

 

Aさん、Bさんにはそれぞれ相続人がいるにもかかわらず、相続人にはまったく遺産をあげたくなかった理由はご想像にお任せします。

二人が遺言書に託した思いは叶うのでしょうか?

二人の思いは叶うのか?

 

答えは・・・

Aさんの思いは叶います。
Bさんの思いは叶わない
可能性が高いと思われます。

 

この違いは二人の相続人が遺留分のある相続人かどうか?ということです。

 

Aさんの相続人である弟は、遺留分のない相続人。兄弟姉妹に遺留分はありません。
一方のBさんの相続人は、と子供で二人とも遺留分のある相続人だからです。

 

もちろんBさんの妻と息子がBさんの遺言書の内容に納得し、遺留分を主張しないことも個人の自由ですが、自分に遺留分があるにもかかわらず、まったく遺産をもらえないのは、納得できないという方がほとんどじゃないでしょうか。

僕も納得できないと思います。

 

遺言書があれば、原則は「遺言書」の指定どおりに遺産を分けることになりますが、あくまでも原則であり、例外もあるということです。

なお遺留分を無視した「遺言書」も無効ではなく、有効ですが遺留分の取戻しが裁判になってしまう可能性があるので、自分の気持ちに任せて、自由に「遺言書」を作るのも考えものかもしれません。

今回は「遺留分」について、クイズ形式で書いてみました。

関連記事:遺留分制度が変わると中小企業の世代交代がやりやすくなりそうです。


2ヶ月に1度、郵便局でワンストップ相続無料相談会を開催しています

40年ぶりの相続法の改正が控えています。わかったつもりになっている相続の知識の確認も兼ねて相続で気になることがあればお気軽にお申込みください。

詳しくは↓こちらから。
郵便局で相続無料相談会開催中

大阪の相続あんしんナビのメンバー
大阪の相続あんしんナビのメンバー
東成玉津郵便局
東成玉津郵便局