自筆証書遺言を訂正したい

こうもパソコンに頼りきった生活をしていると手書きするのは稀なので、「あ!間違えた」なんて宛名書きで住所を間違え様ものなら、書き直すのが面倒でなんとかうまくごまかせないかと思ってしまいますが、みなさんはそんなことはありませんか?

さて、自筆証書遺言はその名の通り、全文を自筆で書かなければいけません。

そのため「あ!間違えた」とか、「気が変わった」場合に自筆証書遺言を訂正加筆するにはどうすればいいのでしょうか?

民法では下記の通り自筆証書遺言の訂正加筆の方法は厳格に定められているため、このルールに従わないと、最悪の場合は遺言自体が無効になってしまうことがあります。

(自筆証書遺言)
民法第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。  
 2  自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

ルール通りに正しく訂正できているかどうかと悩むようなら、面倒かもしれませんがもう書き直すことをお薦めします。 書き損じをなんとかごまかせないかなんてことは、くれぐれもお考えにならぬよう!