証人になれない人

公正証書遺言を作るには証人が二人必要ですが、誰でもいいわけではありません。

当然ですが証人には財産や遺言の内容が知られてしまうので、いくら親しくても友人やご近所の方にはお願いしにくいですよね。 家族や親戚など身内に証人を頼もうと思っても、推定相続人やその配偶者など証人になれない人が民法で決められています。

(証人及び立会人の欠格事由)
民法第九百七十四条  次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
  一  未成年者
  二  推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
  三  公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

どうでしょうか?お願いできる方が思い当たりますか? お願いしたくても遠方だったり、中にはむしろ親戚には財産が知られたくないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の場合、親戚はほとんどが山形に住んでいるので、交通費だけを考えても気軽にお願いできそうな人が思い当たりません。 証人としての立ち会いを司法書士、弁護士といった専門家に依頼するには多少費用は掛かるでしょうが、守秘義務が課せられているので内容が漏れる心配もなく安心です。

山形からの二人分の交通費を考えると、やっぱり「遠くの親戚より近くの他人」なのかもと思ってしまいます。