遺留分はいつでも取り戻せるの?

遺留分は放棄することができます。

当然ながら、いつまでも遺留分を請求できたり放棄できたりすると法的に不安定な状態が続いてしまうので、遺留分を取り戻すことができる期間が次のように定められています。

  • 「相続が起きたこと」及び「遺留分を侵害するような贈与・遺贈があったこと」を知った時から1年
  • 相続が起きた時から10年

相続が開始する前でも遺留分を放棄することができますが、相続が開始する前に遺留分を請求することは出来ません。それはさすがに無理です。

以前、遺言書作成のご相談を伺った方には現在の結婚と前婚のどちらにもお子さんがおられました。前婚でのお子さんに遺留分があることや遺留分の時効について説明をさせていただいた後で、その方がひと言、「とにかく10年間経ってしまえばいいんやね。時効を狙おうか」。

同席されていた奥様に「冗談やで」と間髪いれずにおっしゃったのですが、その方の目は笑ってなかったので、この人は本気だなと思った記憶があります。

ご相談だけだったのでどんな遺言を作られたのかは知る由もありませんが、時効を狙おうと考えることはくれぐれも止めてください。

(減殺請求権の期間の制限)
民法第千四十二条  減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。