マイトラスト 未来安心図 その2

遺言代用信託について考えてみるシリーズ、3つ目はりそな銀行の「マイトラスト 未来安心図」です。

未来安心図Ⅱは、契約者が亡くなった時には契約者が決めておいた受取人が信託財産を一括や分割で受け取ることができるものです(契約者が亡くなるまでは未来安心図Ⅰと同様の内容のようです)。

「ずっと安心信託」、「家族おもいやり信託」とは異なり、受取人は法定相続人の中から選ばなければいけないという制限はありません(パンフレットからはそう読み取れました)。

受取人が亡くなった時に、未来安心図Ⅱの契約は終了となります。その時に残っている財産があれば受取人の財産として一般的な相続手続きを行うことになります。

未来安心図Ⅱでは、次のように契約者Aが亡くなった時は契約時に指定した受取人Bが信託財産を受け取ることができます(遺言代用信託)。 一方で、受取人Bが死亡したときは一般的な相続手続きが必要になります。

契約者A→信託契約に基づいて承継→受取人B

受取人B→一般的な相続手続きに基づいて承継→C

ある書籍に「ずっと安心信託」、「家族おもいやり信託」、「マイトラスト 未来安心図」が遺言代用信託として横並びで紹介されていましたが、細かく見ていくとそれぞれ特徴があることがわかります。

その3へ続く。