かゆい所に手が届く!?それが遺言代用信託

「遺言信託」、「遺言代用信託」という言葉を耳にされたことがありませんか?なんだか難しそうだし、どちらも同じようなイメージかもしれませんが、中身は全く違います。

「遺言信託」は信託銀行などが行っているサービスで、遺言作成のサポート及び亡くなった後は遺言執行をするというものです。信託という言葉が含まれていますが、信託の仕組みは全く使われていないんですね。

一方の「遺言代用信託」は遺言の代わりに用いられる信託で、信託の仕組みを使い財産の承継する内容を決めておくものです。

いずれにしても信託という言葉にとっつきにくさを感じる方が多いと思いますが、「遺言代用信託」ではこんな財産の渡し方も可能です。

例えば相続人の無駄使いが心配・・・遺言では一度に全額を渡すことしかできませんが、遺言代用信託では毎月20万円ずつというように決めておいた金額を定期的に渡すことができます。

注)ここではある信託会社のサービスを前提にご紹介します。

信託とは信頼できる第三者に財産を預けて管理してもらう制度です。「遺言代用信託」の仕組みは、信託会社と信託契約を結ぶのとあわせて信託会社に財産を預けます。この信託契約書の中で相続財産を誰にどのように承継させるかを決めておきます。これが遺言の代わりになります。

財産を預ける人を委託者、信託会社を受託者といいます。登場人物には他に受益者がいて、受益者は相続人です。シンプルにいえば委託者が亡くなった時に受託者が預かっていた財産を受益者に引き渡すという仕組みが「遺言代用信託」です。

「預ける」という表現をしていますが、形式的に財産の所有権が信託会社に移転します。その代わりに預けた財産を取り戻す権利や財産から得られる利益を受け取る権利などを含んだ『信託受益権』という権利を取得します。

遺言と違い財産を事前に預けてしまうのは、自分の手元で財産を管理できないから不安だという方もいるでしょう。遺言は「この口座は長男に、この口座は長女に」というように口座を特定して記載することが多いですが、亡くなった時には既にその口座を解約していたり、口座はあっても残高がなくなっていたり、遺言を作成した時の思惑とは違う結果になることがあります。

遺言を書いたことで現実の行動が遺言内容に拘束されるわけではないので、定期的に遺言の内容を見直ししなければそういう事態も起きてしまうのはしょうがないわけですが・・・

「遺言代用信託」は一旦財産を信託会社に預けるため、そういった心配がありません。また、預かった財産は運用せず管理するのみなので損失もありません。亡くなるまで相続財産を他の目的に使わないように管理してくれるのが「遺言代用信託」とも言えます。

遺言ではできそうでできないことが可能になる、かゆいところに手が届くのが「遺言代用信託」かもしれません。