相続手続きケース1 A子さんの場合

A子さん画像先月父が亡くなり、自宅の土地と建物、預貯金が遺産として残りました。遺言書はありません。
家族構成は、母と、子供は私と姉と弟の3人ですが、姉は数年前に亡くなっています。
私は両親と同居しており、今後も母と同居して面倒を見ていくつもりなので、自宅は私が取得したいと考えています。
弟は独立して家庭を持っており、2年前に父からマイホーム購入の頭金として1,000万円を出してもらっていたこともあって、私が自宅を取得することを承諾しています。
今後どのような手続きが必要になるのかわからず困っています。

sozoku_case_figA01

A子さん画像


父の相続人になるのは、母と私と弟ですか?

遺言書がなければ、民法が定める基準(法定相続)で分けることになります。
まず、亡くなられたお父さんの配偶者であるお母さんが相続人になります。

次に、子供であるA子さんとご兄弟が相続人になります。 お姉さんはお父さんより先に亡くなられているので、お姉さんが相続するはずの相続分が、そのお子さんに受け継がれます(これを代襲(だいしゅう)相続といいます)。

そうすると、お父さんの相続人は、お母さんと子供であるA子さんと弟さん、そしてお姉さんの息子さんということになります。相続分はお母さんが2分の1で、他の方は6分の1ずつとなります。

A子さん画像


相続を承認するか放棄するか選べると聞いたのですが、何か手続きが必要ですか?
何もしないでおくとどうなりますか?

相続の承認も放棄も届け出をする義務はありません。
しかし、相続が開始したことを相続人が知った日からなにもせずに3ヶ月が過ぎると、自動的にプラスの遺産もマイナスの遺産も全部相続したことになってしまいます(これを単純承認といいます)。

もし、お父さんに多額の借金があった場合は、借金(マイナスの遺産)も相続財産のうちですから、
相続の放棄をしない限り、その返済債務もあなた方相続人が受け継ぐことになります。


また、お父さん自身の借金ではなく、お父さんが頼まれて他人の借金の保証人になっていた可能性はありませんか?念のため、保証契約書などがないかお探しになってみてください。

A子さん画像


遺産分割協議とは具体的にどういうことをするのですか?

相続人が遺産をどのように相続するかについて、民法では、遺産総額の何分のいくらかという割合でしか規定がないので、実際には誰がどれだけ、どの遺産を受け取るのかについては、法律とは別に相続人どうしの話し合いによって決めることになります。

これを遺産分割協議といいます。

本ケースであれば、お父さんの遺産である自宅の土地と建物、預貯金を「誰が」、「何を」、「いくら」受け取るかということを決めることです。なお、この遺産分割協議は相続人全員の意見が一致する必要があり、多数決ではすることができません。

A子さん画像


不動産の名義変更はいつまでにしなければいけないのですか?

何ヶ月以内にしなければいけないといった法的な決まりはありません。しかし、不動産を売却しようとする時や不動産を担保にお金を借りる時など、名義変更(相続登記)をする必要が生じた場合に慌てないためにも、遺産分割協議がまとまり次第済ませておくことをおすすめします。

何代も前から遺産分割協議及び名義変更(相続登記)をしないで放置している場合は、相続人が非常に多くなったり、相続人どうしが疎遠だったりと遺産分割協議が難航することも考えられます。

A子さん画像


相続税を納めなくてはいけませんか?

実際に相続税を納めなくてはならないケースは、死亡者数の4%程度とほんのわずかです。本ケースでは、遺産の額(課税価格)が基礎控除の額を超えていないので、相続税の申告義務も納付義務もありません。