生まれた時からの戸籍を集める理由は?

相続の手続きには(遺言書がない場合)、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍が必要なのは何故でしょうか?

亡くなった方に奥さんとお子さんがいれば、相続人は「配偶者」と「子供」になります。

亡くなった方の最後の戸籍に奥さんと子供全員が載っていれば、生まれてからのすべての戸籍を集める必要はないわけですが・・・。

亡くなった方をA夫さんとして具体的に考えてみましょう。

A夫さんには奥さんのB恵さんと、長女のC子さん、次女のD美さんの二人の子供がいるとします。

まず、最後の戸籍を見るとA夫さんの他は奥さんのB恵さんしか載っておらず、C子さん、D美さんは載っていません。

では、ひとつ前の戸籍を取ってみましょう。この戸籍には次女のD美さんは載っていますが、長女のC子さんは載っていません。

その前の戸籍を取ると、ここではじめてC子さんも載っていました。

生まれた時からの戸籍を集める理由は?
どうしてこんなことが起きるのかと言うと、新しく戸籍が作られる時に既に亡くなっていたり、結婚で除籍されている方は、新しい戸籍には記載されないからです。

今回の事例では、「転籍」と「戸籍のコンピュータ化」によって戸籍が新しく作りかえられる時に、既に結婚してA夫さんの戸籍から抜けているC子さん、D美さんについては新しい戸籍には記載されていません。

このような理由で、生まれた時から亡くなるまでのすべての戸籍を確認しなければ、亡くなった方の子供が「何人」で「誰なのか」ということが分からないということになります。

実はA夫さんとB恵さんが再婚で、A夫さんと前の奥さんとの間にも子供がいたとか、A夫さんと愛人の間に子供がいてA夫さんがその子を認知をしていたなど、亡くなってから戸籍を確認してはじめて分かるケースも意外と多いものです。