マイナス財産は遺産分割不要!?

遺産分割というと、不動産は誰がもらうとか、預貯金は誰がもらうとか、どうしてもプラスの財産をどう分けるのかということに目がいきますが、忘れちゃいけないのがマイナスの財産です。

例えば、お父さんが亡くなり相続人は二人の息子だけという場合で、お父さんの遺産といえば、自宅(プラスの財産)と自宅を購入するために借りたローン(マイナスの財産)だけだったとします。

話し合いの結果、自宅は、お父さんと同居していた長男がもらうことになり、もちろん、残ったローンも長男が引き継ぐということになりました。

その内容をしっかり遺産分割協議書にして、自宅の名義も長男に変えて、揉め事もなく相続手続きも済んだと安心していたのですが・・・

ある日、次男あてに金融機関(債権者)から自宅のローンの支払いについて、お知らせが届きました。内容は、ローンの支払いが滞っているので、次男に支払いを請求するというものでした。どうやら長男は、事情があってここ何ヶ月かローンの支払いが出来なくなっていたようです。

次男は、金融機関に遺産分割協議書を見せて、「自分は自宅はもらわなかったし、ローンだって兄貴が引き受けたんだから、自分には関係ない」と主張できるでしょうか?


ローン(借金)のようなマイナスの財産は、相続人の意思で誰が引き継ぐのか決めることは有効ですが、金融機関(債権者)にそれを主張することができません。

いいかえると、借金のようなマイナスの財産は、法定相続人が法定相続分に従って、法律上当然に借金を引き継ぎます。

今回の例では、仮にローンの残金が2,000万円であれば、相続人である二人の息子は当然に、それぞれ1,000万円のローンを引き継ぐというわけです。

マイナス財産は遺産分割不要!?
どうしてかというと、遺産分割協議で意図的に特定の相続人に全ての借金を相続させて、その相続人が自己破産をしてしまうと、お金を貸している金融機関(債権者)は困ってしまうため、債権者を守るような仕組みになっているからです。

ただし、実際には、金融機関(債権者)の同意があれば、法定相続と異なる遺産分割も可能なので、免責的債務引受といった方法で、特定の相続人だけが借金を引き受けることもできます。

ローンを引き継いだ長男が問題なく支払いを続けていれば、金融機関から次男が支払いを請求されることはなかったわけですが、無事に済んだと思った遺産分割協議が、思わぬところで落とし穴にならないように対策を取られることをお薦めします。