ブログ de 相続セミナー 初級編 その4

クイズ①

この辺で気分転換にクイズをしてみましょう。

平成25年11月15日にナミヘイさんが亡くなり、タンスの中からナミヘイさんの遺言書が2通見つかりました。

遺言A 公正証書遺言 作成日 平成25年11月11日
「全ての財産は、長男の勝男に相続させる」

遺言B 自筆証書遺言 作成日 平成25年11月14日
「全ての財産を、甥の則助に遺贈する」

ナミヘイさんの遺産は「勝男」と「則助」のどちらがもらえるでしょうか? 考えてみてください。

どちらも家族想いのナミヘイさんが作りそうにない遺言ですが、遺言Aは、要領のいい勝男が佐々江、若芽を出し抜いてナミヘイさんに書いてもらったという可能性があります。

遺言Bにしても実のところ3世代同居はうまくいっていなくて、財産は家族以外の甥の則助にあげたいと思う可能性がないとはいえないと思います。

ヒント

則助の方は「遺贈」という表現が使われていますが、法定相続人以外にあげる場合は「遺贈」という表現をしますので、ここは正解に影響はありません。 また、遺言②は自筆証書遺言ですが、もちろん有効に作られているという前提で考えてみてください。