vol.1 成熟社会には「正解」がなかったという悲劇!?

司法書士なのにSNSの投稿は泡盛のことばかり!

泡盛夏祭りで盛り泡ろうバナー2

泡盛ファンのコミュニティ 泡盛でカリー!倶楽部


司法書士なのに相続セミナーよりも泡盛講座の依頼が多い!

マカロンと泡盛のマリアージュバナー

おいしいかわいい沖縄展2015-2017@阪急うめだ本店
めんそーれ阪神の沖縄味と技展2016@阪神梅田本店
泡盛、三線、琉球舞踊の沖縄尽くし@JEUGIAカルチャーセンターなど 泡盛イベント出演実績


司法書士なのにオリジナル泡盛を販売!

オリジナル泡盛を販売

泡盛でカリー!ブレンド(12度)」好評発売中!

普通の司法書士だった僕がこんなユニークな司法書士になってしまった理由。

思い当たる理由はいろいろありますが、そもそものきっかけは35歳の時に出会ったこの「35歳の教科書(藤原和博)」でした。

35歳の教科書

成熟社会と納得解

この本に出会ったのはまさに35歳で、司法書士として独立した頃。独立直後は受験勉強中に思い描いていたバラ色の世界とはかけ離れ過ぎていて、はっきり言って「予備校のうそつき~」と嘆いていた頃でした(笑)。

司法書士試験は会社を辞めて退路を断っての挑戦だったので、試験に合格さえすれば道は開かれる、この苦しい受験勉強も合格すれば必ず報われると信じて盲目的に受験勉強に邁進していました。それだけに独立して冷静に状況を把握すると思い描いていたものとのギャップが大きすぎて相当苦しみました。

この本に書かれているように「いい大学を出ていい会社に入ること」が幸せになるためのひとつの正解だと僕も例にもれずに思っていました。そもそも僕の大学や会社は誰もが認める超一流というわけではなかったこともあって、残業に耐えれなくて会社を辞めてしまった僕にとって幸せになるために残された道は独立開業できる資格を取って独立するしかない!法律なんて勉強したことはないけど一発逆転を狙うしか、それしか幸せになれる道はない!なぜかそんな思考に陥っていました。いまとなって思えばバカバカしい思い込みですが(笑)。

そんな狭くなっていた視界を広げるべく、この本が気づかせてくれたこと。

  • 「いい大学を出ていい会社に入ること」は、成長社会では幸せになるためのひとつの正解だということ。
  • 幸か不幸か現在は成長社会ではなく、成熟社会だということ。
  • 成熟社会において幸せになるための正解はというと・・・成熟社会では幸せになるための正解自体が存在しないこと。
  • そして、正解はないけど「納得解」ならあるということ。納得解というのは「自分が納得でき、かつ関わる他人を納得させられる解」というもの。

このことは僕にとってあまりにも衝撃的でした。親世代のライフスタイルを見たり、成長社会を生きてきた親や先生の教えが正しいと思い込んでいたのに、知らない間に世界は成長社会から成熟社会に変わっていたんです。しかも成長社会で有効だったやり方は成熟社会ではほぼ通用しないという、これは悲劇です。

さらにすべての時間を試験勉強に捧げた2年間はそれこそ「正解」しか求められなかったので、いまさら「正解」はないと言われてもはっきり言ってどうしていいかわからなかった。

この本をきっかけに、確固たるものはまだないけれど、なんとなく自分の納得解というものを探していかないといけないよなぁということを意識するようになった4年後に、今度は「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」に出会いました。

必ず食える1%の人になる方法

ちょうど一般的に言われる幸せというものが自分にとって本当に幸せなのか?なんてことを真剣に考えていた頃だったと思います。

1万時間の法則

必ず食える1%の人になるためには100万人に1人のレアな存在になろう。希少性があれば食いっぱぐれることはない。

かといって1つの分野で100万人に1人を目指すのはあまりにハードルが高いので、100人に1人になれる分野を3つ持とう。そうすることで1/100×1/100×1/100で100万人に1人のレアな存在になれる。

そして100人に1人の存在になるためにはその分野に1万時間を投じて練習する必要があって、逆にそれが出来れば誰でも100人に1人になれる。そして、1万時間を投じるのは仕事に直結しないことでもいい。単に好きなことでいい。

シンプルに言えばそういうことが書いてありました。単に好きなことでいい。むしろ好きなことじゃないと1万時間も練習できない。いま思えばこの言葉が僕を泡盛マイスターとしての1万時間の練習に向かわせたように思います。

泡盛マイスターの試験にチャレンジしようと意識して泡盛を飲み始めてから約6年(2,190日)。ばらつきはありますが仮に4時間/日くらい泡盛のことに当てていたとして計算すると8,760時間。あと1年もすれば1万時間。限りなく100人に1人に近づいているということになりますよね。

果たしてハイブリットの効果は!?

異業種交流会に参加されたことがある方は頷いてもらえると思いますが、異業種の集まりに参加しても自分の同業者がたくさん参加していればその中で記憶に留めてもらうことは難しいものです。

泡盛マイスターに合格した当初は自己紹介で泡盛マイスターという資格を持っていると言ったところで、みなさんにとっては「泡盛が好きな司法書士」という程度なんでしょうね、「ふぅーん、で?」という反応が多かったです。そもそも士業は様々な資格を持っている方が多いので、その中でネタになりそうな資格をPRしていると思われたのかもしれません。

ところが・・・

  • 百貨店の沖縄物産展で泡盛講座をさせていただいたり
  • 泡盛マイスターの全国大会で大臣賞をいただいたり
  • 酒販免許を取ってオリジナル泡盛を販売したり

とネタに厚みが出てくると、「泡盛愛がハンパないですね~」という反応に変わってきました。むしろ司法書士ということは印象に残らないときもありますが(笑)、泡盛の人ってことで名刺交換の時に強烈なインパクトを与えることができるようになりました。

試験勉強から計算するとゆうに1万時間以上を投じた司法書士(100人に1人)と、少なめに見て既に8,000時間を投じている泡盛マイスター(100人に1人)をハイブリッドしたことで10,000人に1人程度に差別化ができるようなったんんじゃないでしょうか。最近、↓こういう名刺を作りました。

エクスマ用名刺

折にふれこの2冊を読み返すと、この本に出会い納得解を探すべく行動してきたからこそ今のスタイルにたどり着いたということを実感します。

僕にとっての納得解のひとつは「ワクワクできる目標を持つこと、具体的には大阪から泡盛を盛り上げること」です。当然ながら僕にとっての納得解なので、みなさんにとっては「変わってる!」「理解不能・・・」「バカじゃないの?」なんていう反応もあるかもしれません。

僕の納得解なので別にどう思われても構いませんが、成熟社会を生きていくためには専門分野をハイブリットすることで差別化が有効なのを実感しています。

そもそもやりたいことがあるなら人の目を気にして我慢するなんてのはナンセンスだし、いつかやろうと思っているうちにできなくなってしまうのもよくある話。そう考えれば、一般的な幸せを自分の幸せとごまかして人目を気にしながら生きるなんてことから解き放たれたことが何よりもありがたいです。

納得解を探すというとイメージしにくいかもしれないので、「自分なりの豊かな生活」というのはどういうものかを考えると捉えてはいかがでしょうか?

成熟社会で成功するには?

成長社会で成功した人は挑戦しなかった人なんだそうです。当たり前ですが挑戦しなければ失敗することはない。成長社会では無理に挑戦しないことで成功することができた。なんだか腑に落ちませんが、社会全体が成長している状況では挑戦せずに失敗しなかった人がうまくいく世の中だったんですね。。

成熟社会では成功するまで何度もチャレンジできることが重要なんだそう。もちろん成功というのは自分が納得できる成功であって一般論ではありません。

さて成熟社会というのは1994年頃から始まったと書かれていますが、果たしてどれくらいの人がそう認識できているのでしょうか?

僕が言っても説得力がありませんが(笑)、いくら泡盛が好きでも司法書士がオリジナル泡盛を造ろうなんて考えもしませんよね、普通は。これも多様で、複雑で、変化が激しい成熟社会だからこそ実現することができたんだろうと思います。成熟社会というのは乱暴にいえばなんでもありということですね。

頭ではわかったつもりでも成熟社会では通用しなくなった「正解主義」に走ってしまうことがまだあります。長年染み付いた「正解主義」の呪縛から逃れるには定期的に脳に成熟社会なんだと理解させる必要があります。

100万人に1人になるためのもうひとつの専門分野を見つけるため・磨くための練習として、「これは成熟社会を生き抜くヒントになりそうだな」と感じたものや参考になりそうな本などについて僕なりの視点から書いていきます。